霧吹きというよりも噴霧器。

植物の水やりに使うスプレー。霧吹きと呼ぶのが一般的だと思いますが、〈GLORIA(グロリア)〉の「Pro5 スプレーボトル」は、ちょっとカッコつけて噴霧器と呼びたくなります。

いかにもプロツールといった外観のせいだけじゃありません。ただ水を霧状にして噴射するだけ。それだけなのに、こうも違うのかってぐらい、水の出方が違います。

その違いを一番感じられるのが、ダブルアクションポンプなる機能です。

通常のスプレーは、トリガーを握ると水がシューと噴射します。ところが、こいつは握ったトリガーを離した時も噴射するんです。つまり、一回握るだけで「シュー、シュー」と2回噴射できる。ゆえに広範囲の水やりも楽にできちゃいます。

加えて、ミストの粒が細かく、ムラがないのも特徴です。ダメなスプレーは水の粒が大きかったり、粗かったりするものですが、気持ちいいぐらい“ミスト”です、“霧”です。それが勢いよく噴射されます。

使いやすく、使っていて気持ちいい噴霧器。実勢価格で2,000円〜とちょい高価ですが、それだけの価値アリ、です。

Amazonや楽天で「グロリア スプレー」と検索すると、すぐに見つかります。

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

他の記事を見る
このUSB充電器は安くて便利だから買ったわけじゃなくて、蛍光イエローの色が気に入って購入。
仕事や家事に追われていて、身近にゆっくりとくつろげる癒しの空間をつくりたいと感じているあなた。ぜひ、「ウッドトピアリー」に注目してみませんか?ほとんど手間...
〈SPEAR&JACKSON(スピア&ジャクソン)〉の剪定ばさみ、バイパスタイプ MAX15mmです。切れ味はもちろん、持ちやすさ、ストラップ用のホールが...
約5,000円から支援可能です。
自分を磨きあげるために泊まりたい、と思ったホテルの紹介です。名前は「Equinox Hotels」。北米で約100店舗ほどジムを展開している企業「Equi...
東京・杉並区の天然温泉特集です。ここは西荻窪や高円寺など、中央線沿いのサブカルタウンがあって、まち歩きが楽しいエリア。今回は、「なごみの湯」「高井戸天然温...
家の観葉植物に水をあげる用のジョーロ。じつはずっと気に入るものを探していた。ここで言う“気に入る”っていうのはルックスの話だ。
「紙の植物」が陽の当たらない生活に色を添える。
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
絶対に充電器を忘れたくない!という人にはよい投資かも?
「フレキシタリアン」ってご存知ですか?フレキシブル(柔軟性がある)とベジタリアン(菜食主義者)をかけ合わせた造語で、基本はベジタリアンだけど、ときどき肉や...
おろし金はすでに銅製のものを持っているのですが、この陶磁器の「おろし器」だったらもう一個あってもいいかも!
香水でもルームスプレーでも、その時々の気分で変えてしまう。だけど、今現在、ことタオルに関しては、“このスプレーの香りがいい!”と思って毎日のように使ってい...
食卓には欠かすことの出来ない器の存在。ひと口に器といっても、手触りも、重みも、質感も、色味も、ほんとうにいろいろとあって、どれを買ったらよいのか迷います。...
旧約聖書にも登場した角笛のようなカタチ。これに意味があるんです。
周りから一目置かれる「器の大きい人」。上司や部下からも頼りがいがあると信頼されるタイプです。そういう人にはどんな特徴があるのでしょう?また、どうすれば器の...
「FlexiSpotデスクバイクV9」は、堅牢なデスクやモニターアーム、テレビスタンドなどを造り続けてきた企業「Loctek」が生み出したもの。重力センサ...
料理を生業とするプロの視点で、このキッチンツールはオススメだそうです。
これは、ヒトハダにいちばん近い食器。
常日頃からラップトップPCとモバイルバッテリーを持ち歩いている身としては、コンセントを確保するよりも、USBのほうが断然ラク。
陶芸家・古賀崇洋氏の器。シンプル・ミニマムなデザインが席巻する時代に、この圧倒的な個性。口当たり?持ちやすさ?そんな普通の評価軸では語れません。いや、だけ...
ここで紹介するのは観葉植物の力を利用した空気清浄機「EcoQube Air」。あなたがやらなければいけないことは水やりをすることだけ。温度や湿度は、この製...
そんななかで『MONG MONT』は、インテリアの邪魔をしないという今までの考えではなく、むしろ壁に飾って見せるための<芸術性>を重視してつくられました。...
食器って、硬いものだと思っていた。