土っぽい。だけど都市型「2WAYバッグ」。

キャンバス素材のバッグというと、なんとなーくマリン系なイメージがありますが、〈suolo(スオーロ)〉の定番モデル「crop(クロップ)」は、土っぽい感じ。

それもそのはずで、suoloとはイタリア語で土壌という意味。ガーデニングや畑仕事からインスピレーションを受けているそうです。

とはいえ、ガーデニングバッグというわけじゃありません。「crop」は都市生活のなかで使い勝手のいいデイリーバッグ。ショルダーと手提げの2wayになっていて、マチも大きく、内部にはコード類やウォレットを小分けできる、ポケットが3つ付いています。

素材は、パラフィン加工された9号帆布にハンドル部分はカウレザー。丈夫なのに加えて、ボディもハンドルも使い込んでいくうちに風合いが楽しめます。

で、この風合いもあって、観葉植物とすごくマッチします。写真のように何気なく置いた時に風景としてグリーンと馴染むんですよね。別に公園でも街路樹でもいいんですが、とにかく都市のなかでも、そういった自然の要素と混じり合うような魅力があるバッグだと思います。

定価は税抜1万5,000円。

suoloの公式HPでもチェックできますし、Amazonや楽天で「suolo crop」で検索してもすぐに見つかります。

ちなみに僕のはマスタードイエローです。

30386cc56acfd90cb59c56e606211ac57af63992Fe1f1f778674be0c3f300079d0203f65dff944305c67b806fe543bc27fe10f53b6da71b0d2ac13b4F2bf71fdf4cea64d009272f36bd75486659c45dc

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

〈SUBLiME(サブライム)〉の「POCKETABLE WRAP BAG(ポケッタブル ラップ バッグ)」は斜めがけ、肩掛け、ウエストバッグの3WAYで...
自分は結構荷物が多いようですが、「Clipa2」の耐荷重はナント15kg。これなら安心です。
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
慈悲深きマリアを象ったフラワーポット。
〈beruf baggage(ベルーフ バゲージ)〉の「STROLL TOTE BAG」は、バックパックのストラップがそのままトートのハンドルに。持ち替え...
素材は厚みのある塩ビ。ナイロン製のバッグよりもガッシリしているので、背負った時にバッグのカタチが崩れにくいという意外なメリットがある。もちろん、防水。1,...
文房具メーカーの〈DELFONICS(デルフォニックス)〉による「コナーバッグ」。生地は軽量かつ耐久性のあるリップストップ、ストラップはダブルホックで耐荷...
観葉植物を育てている人ならではの悩み。それは、「ジョウロをしまう場所」。結構邪魔なんですよね〜。
こちらは米郵便局〈US POSTAL SERVICE〉のメールバッグ。実際に郵便物の配達に使われているモノだそうです。用途が用途だけに、かなり頑丈なナイロン製。
中国でキャッシュレス化がどんどん進んでいるっていうのはよく耳にする話。で、他の国はどうなんだろう?と思って、いろいろ調べているうちに、意外な国が目に留まり...
「BAILER」の新色は、ジャーマンミリタリーを彷彿とさせるカーキ。以前からネイビー&グレーもいい色でしたが、“どうして初めからこの色を出さなかったんだ!...
〈REVELATE DESIGNS(レベレイトデザイン)〉の「フィードバッグ」は、ハンドルに付けるドリンクホルダーのような役割。ただし、自転車用ボトル以外...
「The Adjustable Bag(アジャスタブルバッグ)」は3つのサイズに変形できるようになっています。31L、46.5L、62L。デイリーユース、...
イルカ型のティーバッグを開発したのは、熊本県のとあるお茶屋さん。ペットボトルのお茶慣れしてしまった若い子たちに、もっと「淹れたてのお茶の美味しさを知っても...
「7ven」はオーストラリア、メルボルンの〈ALPAKA(アルパカ)〉のメッセンジャーバッグ。最大の特徴はポケットの多さ。ディティールを語りだすと止まらな...
〈SPEAR&JACKSON(スピア&ジャクソン)〉の剪定ばさみ、バイパスタイプ MAX15mmです。切れ味はもちろん、持ちやすさ、ストラップ用のホールが...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
車のトランク用に、旅行バッグに、近所での買い物に。このルックスなら仕事用、出張用にも使えそう。マザーバッグとして、パートナーと兼用するのもありだ。
家の観葉植物に水をあげる用のジョーロ。じつはずっと気に入るものを探していた。ここで言う“気に入る”っていうのはルックスの話だ。
圧縮袋が苦手だ。掃除機で空気を吸い込むタイプも、手でぐるぐる巻いて空気を抜くタイプも、うまく圧縮できたことがない……。
〈STORAGE.it(ストレージ ドット イット)〉のノート。その最大の特徴はノート自体よりもカバーにあります。スライドジッパーの付いたカバーは、ちゃん...
ドイツはベルリンの〈BAGJACK(バッグジャック)〉のCEO直々に特注して作ってもらったモデルです。頑丈で考え抜かれたパーツや仕様は語りつくせない魅力が...
〈ARTS&CRAFTS(アーツアンドクラフツ)〉による巾着タイプのバッグ。上部はパラフィンを染み込ませたのコットン、下部は馬革という贅沢な作りは、ユニセ...