モバイルや小物が、右手でサッと取り出せるバッグ

メッセンジャーバッグのような形ですが、大きな違いはジャケットの下に身につけられる薄さと機能的な収納力。身につけるとこうなります。

カラダにフィット!

まるでガンホルダー。つまるところ「企業戦士の武器」とも言えるモバイルや小物をまとめられるのが特徴。タブレットやスマホはもちろん、財布・カード・名刺・筆記用具・鍵など、スグに取り出せると便利なものを集約できます。

どれだけ入るか、はコチラ。

胸ポケットに右手を入れるーーこの動作ですべてを管理できるため、身のこなしがシンプルに。防水機能があるため、雨でもバッチリ。そのほかにも、工夫がそこかしこに散りばめられています。

イヤホンも内蔵できる

バッグ内部に、イヤホンや外付けバッテリーのコードを通すための道が用意されています。着脱するときも、絡まる心配はなし。

使わない時は、先端部を挟んでおくだけ。

バッグの位置もズレない

後方部にあるクリップを衣服に固定できます。とくに、自転車に乗っているときはその位置が気になるところ。これなら安心。

カラーは4種

今なら「INDIEGOGO」で、日本への送料込み120ドル(約14,200円)で事前予約できます。発送開始は2016年2月を予定。

右手でサッとモノを取り出す、を追求した「Baggizmo」。見た目もシックなので、スポーツや普段使いなど、いろいろな場面で役立ちそうな予感!

Reference:INDIEGOGO
Licensed material used with permission by Motus Vis Inc
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
「MOTTERU」のマルシェバッグは、“スーパー使い”のエコバッグの決定版です。
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
使えて語れて格好いい「CHROME」の注目ライン「MXD COLLECTION」のバッグ「MXD PACE」は、ファッションにも気を使いたい若手のビジネス...
長時間の有酸素運動でなくたってOK。自宅で1日3分で出来る「脂肪燃焼トレーニング」をご紹介。先生は、自宅で簡単に取り入れられるトレーニングをSNSやYou...
Hana Everydayがデザインしたバッグ、その名も「Daddy Bag」を紹介。父親が使うことを考えたバックパックに仕上がっています。
財布もスマホも入らないほど小さな「ミニバッグ」「マイクロバッグ」「ナノバッグ」が世界中でブームとなっている。バッグとしての機能はほぼ失われたトレンドのミニ...
アメリカのスーパーマーケット「THE GET GO」のエコバッグです。
ルイ・ヴィトンがLEDディスプレイを搭載したバッグ「Canvas of the Future」をお披露目しました。
「fridge」のマルシェバッグは計6色。色選びが楽しい!
「トヨタ自動車」がウェブメディア『トヨタイムズ』にて、昨年現役を引退したイチローさんからの新入社員へ向けたメッセージ動画を公開。本来であれば入社式で流され...
「raregem(レアジェム)」のバッグの中でも特に人気を博しているグローサリーバッグ「イェッシリー」。
渋谷区西原にあるハイパー銭湯BathHaus(バスハウス)が発売している“銭湯に行く時用のバッグ”。
内部にコンパートメントを設けるのではなく、本体自体を足して容量を調整するイタリアのバッグブランド「MOCA」の紹介。
気分がアガる「THE CONRAN SHOP」のオリジナル メッシュ ショッピングバッグです。
カラフルなアフリカンプリントをあしらった「RICCI EVERYDAY」のバッグや小物は、Nsubrua(水の波紋)をあしらっていて、街の雑多感の中でも、...
「リモートワークが苦手な人に聴いてほしいプレイリスト」をTABILABOの映像ディレクターが作成しました。
「KDDI」と「Facebook Japan」の共同開発による、リアル空間とインターネット空間を融合させた新たなショッピング体験「フューチャーポップアップ...
L.L.Beanのグローサリー・トートは、一生使えるエコバッグです。
ドゥーシュバッグの「The CIA」、グレゴリーの「カメラケース」、フェールラーベンの「カンケン フォト インサート」を紹介します。
老舗インポートセレクトショップ「MAINE」の店長・島倉氏による「フィッシングバッグ」と「ハンティングバッグ」の正しい選び方&使い方とは?
ニューヨークを拠点に活動する現代アーティスト、トム・サックスとスポーツブランドのナイキがコラボしたレインポンチョ。ウエストバッグに収納されたポンチョは、コ...
カラバリ豊富で、日本でも購入可能のようです。
Kickstarterでクラウドファンディング中の「Hot Pocket」。シュラフ用バッグであり、電気ブランケットとしても使えます。