ロンドンで話題の「自分とそっくりな食べ物の写真」。その目的は?

ロンドンで、食品ロスの改善にとりくむチャリティ団体FareShareの広告キャンペーンが話題を呼んでいます。

現在イギリスでは、840万人もの人が貧困状態にある一方で、190万トン以上の食品ロスが発生しているそうです。Fare Shareは、再活用できる食品をピックアップし、約1,500の都市やコミュニティに再分配する活動を行っています。しかし、再分配できているのは全体のわずか数%。なにより人手が足りていません。そこで、新たに2,000人のボランティアを集めるため、初めて全国広告を打つことにしました。

広告代理店のRaw Londonは、FareShareのブランド・メッセージをユーモラスかつカラフルに伝えるため、この「自分+そっくりな食べ物」のアイデアを提案。FareShare側は「クリエイティブでおもしろい!」と大絶賛したそう。

他の写真はというと……。

カラフルなクリームとスカーフ、まったく同じではないのに「なんかわかる」。ちょこんと乗ったベリーが効いています。

数年前に「桃メイク」なんてものも流行りましたが、これぞリアルな桃。

少々悪意を感じますが、わかってしまう自分がいる(笑)!

シリアスにメッセージを打ち出す広告も悪くないけれど、こういうおもしろい広告写真こそ、社会問題への間口になってくれるはずです。

Top image: © FareShare UK
他の記事を見る
ロンドンを拠点に活動するフォトグラファー、Alex Bartschさんのプロジェクト。写真集には40ヶ所以上の「聖地」が収録されている。
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
Bella Foxwellさんのアカウント「The Doors of London」には、ロンドンにある「ドア」の写真が投稿されています。
友人がロンドンでルームシェア先を探していた時、とんでもない条件を突きつけられたと言う@rxdaznさん(Twitterのアカウント名)。募集した人からのメ...
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
大気汚染対策のためロンドン市内に設けられた超低排出ゾーン(ULEZ)。これにより注目されているのが「Bikes for Business」。ロンドン交通局...
ロンドンの建築デザイン事務所が、超高層ビル「The Tulip(チューリップ)」のプロジェクトを発表。通称「ガーキン」の隣に建設され、新たな観光名所になる...
ロンドンで最先端のクリエイターが集る場所と聞けば、多くの人はソーホーを思い浮かべるかもしれません。でも、僕ならサウス・ロンドンの郊外にあるペッカムを推します。
ロンドンにある「Cereal Killer Cafe」は、シリアルをモチーフにしたカフェ。シリアルがトッピングされた可愛いドリンクがたくさん!
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
醸造所が併設されているロンドンのパブ「Long Arm Pub & Brewery」。ここではMillennial Stoutと名付けられたアボカドビール...
Appleが、iPhoneで撮影された写真から10点の優秀作品を決めるコンテスト「Shot on iPhone Challenge」を開催しています。
セント・ポール大聖堂を、ロンドンの一般的な道に再現しようというプロジェクト「LUCIDA BASILICA」の紹介。
ここで紹介するのは、シティ・オブ・ロンドンの近くにあるブティックホテル「Cuckooz」にある、子宮みたいなカタチをしたベッドルームです。
ロンドンのストリートライフを中心に撮影するEdo Zolloは、夜もふける頃にだけ感じることができる“邪悪なロンドン”を写し出す。彼いわく、深夜だけに聞こ...
フォトグラファーIwona Pinkowiczさんのプロジェクト「Chasing Dreams」は、ロンドンの街角で知り合った人々の夢を伝えるもの。そこに...
このマップは、ロンドン各地にゆかりのあるバンドの名前や曲名、歌詞で表現。ミュージシャンの生まれた場所や暮らしていた場所を知れるだけでなく、レコーディングス...
2019年5月16日から8月26日までロンドンで開催されるエキシビション「AI: More Than Human」。内容は、AI(人工知能)と人類の関係性...
忙しい大人たちに少しでも「読書の時間」をつくってもらおうと、粋なディスペンサーがロンドンに設置されました。ボタンを押すと短編小説が書かれた紙が出てくるとい...
2年前に仕事を辞めて、世界へ旅立ったカップルは、40ヶ国に訪問して14,000枚以上の写真を撮影したそうだ。帰国後、写真をチェックしていたところ、異なる国...