「重たいオンナ」にならないための3つの秘訣

「いつでもどこでも、常に彼氏と一緒にいたい!」そう思っている女性は意外と多いですよね。でも、相手への過度な依存は、健全な恋愛の大きな敵。じゃあ、一体どうすればいいのでしょう?
そのヒントが、「Higher Perspective」のこの記事にまとめられています。これを読めば、二人の関係はもっと良くなるかもしれません。

3ways-practice-non-attachment150830-02


自分が大切に思う人には、愛情をもって接しなさいと教わってきたかもしれません。ただし、愛情の押し売りは「本当の愛」ではないのです。なぜなら、それは人を「物」として扱っていることと変わりないから。
きっと、何かを変えないかぎり、恋愛は上手くいきません。そのためのヒントを3つ紹介します。

01.
“愛”には線引きが
必要だと知る

3ways-practice-non-attachment15082830-03

恋人にしっかりと向き合っていれば、持ちつ持たれつの関係が築けるはずです。お互い様の関係では、相手からの愛、自分を愛する愛、支え合う愛を、両者が感じることができます。
ただし、線引きは必要です。相手がここまででいいと感じる以上に踏み込んでしまうと、二人の関係は、すぐに崩れてしまうでしょう。残されるものは、怒りと恨み、後悔だけになってしまいます。

02.
起こっていないことを
無駄に心配しない

Teen Angst

パートナーがいる人にとってもっとも怖いことは、相手を失うことでしょう。確かに、失恋の要因は数多くあります。でも、失うかもしれない怖さは、現実的な物事ではなく、パートナーに依存している事実によって感じるもの。起こるかどうか分からない未来を怖がるよりも、今ある瞬間をパートナーと思いきり楽しむようにしましょう。

03.
自分一人でも、
幸せを感じられるように

Casual Woman

「究極の幸せ」は、恋人の存在とは関係ありません。家族にも、友達にも、家の中の物も、貯金も、幸せには結びついていないのです。重要なのは、「あなた自身が幸せと感じられるか、そうでないか」。私たちは、物や人などの形あるものを介して、幸せを感じているように見えますが、それを幸せと捉えるかどうかはあなた次第。幸せになるためには、相手に依存することなく自分の足で立つことが必要なのです。

Licensed material used with permission by Higher Perspective

3Bとは、彼氏にすると女性が幸せになれないよ、という職業のこと。実際にこの3Bの男性と付き合った人は、ことごとく幸せになっていません。でもどこか憎めない、...
恋人がいるのに「最近あんまり会えなくて…」「まだ落ち着くつもりはないかな」なんて言ってる人、たまにいますよね。そんなこと陰で言われていたら、相手はかなりシ...
大事に想うパートナーがいるなら、関係を長続きさせたいと思うのは当然のこと。愛おしい恋人と今後も仲良くしていきたい方に参考にしてもらいたいのは、人気の恋愛ラ...
恋人との関係をこのまま続けるべきか、それとも別れるべきか。きっと誰もが考えたことがある、悩ましく重大な問題です。世界中の何百万ものカップルが、日常生活の中...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
幸せなカップルは、朝から幸せな習慣を一緒に身につけています。同じ時間に目を覚ましたり、心から「おはよう」と言い、モーニングコーヒーを共にし、そしていってら...
親しき仲にも礼儀あり。恋人同士だってそれは変わらないのかと思いきや、「お互いどこまで素を出せるか」が良好な関係を築く秘訣だと意見するのは「Elite Da...
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこはライターAngel Chang氏も同意見。さら...
誰かと付き合うと好きだからこそ不安になってしまうことがある。でもそれ、上手く処理できないと地雷となって関係が修復できない形まで崩れてしまうかも。そうなる前...
恋愛のかたちは人それぞれ。でも、国や文化の違いを超えて万人に共通する「真実の愛」は存在します。ただ、自分の気持ちに自信が持てない人が多いのも事実です。ここ...
「愛から生まれるものは、決して美しい感情ばかりではない」。そう語るのは「Elite Daily」の女性ライターLauren Martinさん。つまり、恋人...
「恋人よりも、あなた自身の大切なことや幸せを優先するべき」。そう語るのは「Elite Daily」のライター、Emily Brookshireさん。良い恋...
ちょっとしたことでグラグラと心が揺れて、ひどい時は相手を疑ってしまうことだってあるのが恋愛ってもの。でも、こんな不安定な恋から抜け出したい時にこそ、本当の...
「Elite Daily」の Alison Segelさんの記事より、恋愛で決して耐えてはいけない6つの兆候。パートナーによる精神的・肉体的暴力、態度・感...
男性をきゅんとさせるポイントは、あなたのどこに隠れているのか。それを見つけるだけでも、大きな進歩になるはず。「Elite Daily」の記事をもとに、恋愛...
友達か、恋人か。白黒つけられない恋愛は、そんなに悪いことですか?
「そしてふたりは、いつまでも幸せに暮らしました」と結ばれる、おとぎ話。そんな風に幸せになりたい、とは思っていても、実現するのはそう簡単ではありませんよね。...
「恋愛体質」であることは、ごく普通だと思うんです。だって、誰だって愛されたいと思うものだから。ただ、愛情を貪欲に求めすぎてアプローチの仕方を間違えてしまう...
円満なカップルは、「正直に伝えること」と、「秘密にすること」の線引きがうまいのかもしれません。なぜだかいつも、恋人との関係をダメにしてしまうという人は、参...
恋人と長続きするために必要なのは「相性」と「寛容さ」です。基本的にそのポイントさえ抑えていれば、小さなトラブルでつまずくことは、まずないでしょう。「You...