【7/11から】「バーチャル花火」を「東京スカイツリータウン」で打上げ中!

昨日7月11日(土)を皮切りに、「東京スカイツリータウン」「すみだ水族館」にて夏の風情を感じられるコンテンツ「未来につなぐバーチャル花火」がスタート。

花火を“バーチャルに楽しむ”方法として、東京スカイツリーでは特別ライティング「花火」を実施。花火が打ち上がって火の粉が舞う様子などを再現した動きのある演出が特徴だ。

地上350メートルにある天望デッキでは窓ガラスに花火が映し出され、まるで花火大会に訪れているかのような臨場感が体験ができる。この様子はYouTubeでも配信されるとのこと。

また、すみだ水族館では、ペンギンプールの底面に花火の映像を投映するサマーナイトプロジェクションマッピング「ペンギン花火」で、幻想的な夏の風物詩とペンギンのコラボショーが楽しめる。

本来は、夏の風物詩「隅田川花火大会」が開催されるはずだった明日から、夏の花火大会を心待ちにしていたファンや地元の人々に向けて企画された、このイベント。

花火大会の雰囲気や楽しさを少しでも思い出し、「来年こそは、再び......」と期待する願いを込めて──。

©TOKYO-SKYTREE
©TOKYO-SKYTREE
©TOKYO-SKYTREE
© 東京スカイツリー公式 / TOKYO SKYTREE official / YouTube

『未来につなぐバーチャル花火』
【場所】東京スカイツリータウン/東京都墨田区押上1-1-2
【期間】7月11日(土)~8月31日(月)にて開催予定
【詳細】
東京スカイツリーホームページ:http://www.tokyo-skytree.jp/
東京ソラマチホームページ:http://www.tokyo-solamachi.jp/

Top image: © TOKYO-SKYTREE
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
毎年恒例となっている「東京スカイツリータウン」4階の「スカイアリーナ」に本物の氷を使用したアイススケートリンクが来年1月4日〜3月8日までオープン。夜は東...
「江崎グリコ株式会社」が期間限定でリリースしたスマートフォンアプリ「ポッキー花火!」は、AR技術を介してポッキーをスマホで読み込み、そこに花火を再現すると...
東京の花火業者「丸玉屋」が制作した、文句なし!360度大迫力の花火映像。本来なら保安上、花火師にしか許されない「打ち上げ地点真下」からの貴重な花火体験も!
「コニカミノルタプラネタリウム天空 in東京スカイツリータウン」の音楽イベント「LIVE in the DARK」。本公演には3度目の出演となるmoumo...
香川照之氏が新たにプロデュースする「草花と昆虫のエシカルブランド Insect Garden」は、再生ペットボトル100%素材などのエコ素材を使用。ブラ...
『筒井時正 玩具花火』がつくるこの線香花火は、気温・湿度が低いことが製造条件。出会えるのは、冬だけ。
「ハウステンボス」は、西日本エリア最大級の2万2000発の花火を打ち上げる「九州一花火大会」の開催を決定。withコロナ時代でも、安心・安全に花火を楽しめ...
いちごやレモン、メロンなど、お決まりのフルーツ味はもう古い?いやいや、もちろんそんなことはないのですが、これを見ると新たな時代の到来を感じることは確か。使...
これからも進化していくバーチャルダンスパーティー「We Come In Peace」。ニューヨークを拠点にするアーティストTin NguyenさんとEdw...
花火を心待ちにしている人に向け、新しい楽しみ方を提供するプロジェクト「キズナハナビ」が始動。
男性とばかり付き合ってカラダを重ねていてた。でも、「気持ちいい」と思ったことは一度もなかった。
6月20日、19歳のバーチャルモデル「Daisy Paige(デイジー・ペイジ)」が多くのセレブやインフルエンサーが所属するモデルエージェンシーと契約しました。
従来の花火大会のものと異なり、写真ではなくイラスト、しかも秀逸なコピーまで載った5パターンのポスターが、この夏SNS上で話題に。これは第68回呉の夏まつり...
「すみだ水族館」は、夏のショープログラム「ペンギン花火」を8月30日までの土日祝日に実施。日本最大級の屋内開放型ペンギンプールの底面全体に、花火をイメージ...
現地時間11月18日(日)16時。フィレンツェはミケランジェロ広場から、コンテンポラリーアーティストの蔡國強さんが手がけた作品が打ち上げられました。
「Happy99」はソーシャルメディア上のみで存在するアメリカ発の「バーチャルファッションブランド」。新作発表もバーチャルで発表。バーチャルインフルエンサ...
さすが無印良品!な画期的な新サービスを5つ紹介。
中国のスマートフォンメーカー「Vivo」が発表した新しいスマートフォンは、本体の上部からウィーンってカメラが出てきて、そのままポコって外せるらしい。
世界初の“ギャル”バーチャルインフルエンサー「葵プリズム(通称ぷり)」がファッションディレクターとしてデビュー。その初仕事はゲストを“ぷり風のギャル”にす...
「花火」ときいて思い出すのは、どんなことですか?
東京の下町風情が残る観光地として人気の「台東区・墨田区」。このエリアの「休憩スポット」としておすすめなのが、銭湯。台東区と墨田区を合わせると、50を超える...
7月4日アメリカの独立記念日にお祝いの意味を込めてたくさんの花火が空に打ち上がるけれど花火による事故が問題視されている米テキサス州フォートワースにある法律...
今春4月25日、新しく出店する「IKEA原宿」のオープンに向け、「イケア・ジャパン」は日本でもっとも話題のバーチャルモデル「imma」とパートナーシップを...
『Tokyo from above(上から見た東京)』は、日本を拠点に活動しているタイムラプスクリエーター、Justin Tierneyによる作品。スカイ...