家からは出ないけど、「大晦日のお祭り気分」は味わいたい人へ。

2017年もあと数時間で終わり。今この記事を読んでくれているあなたは、どんな大晦日を過ごしていますか?年越しライブに向かっている人、除夜の鐘をつきに行く人、初日の出を見に行く人、旅行に出かけている人...。新年の迎え方の好みは人それぞれだと思いますが、私はやっぱり年末の特番テレビを見ながら過ごす地味な大晦日が好きです。

ですが、これから紹介するのは、派手なタイプの大晦日。海外で花火を見ながらカウントダウンをして新年を祝うのは、日本とは一味違った経験ができるはず。いつか見に行きたいという人も、一生見に行かないだろうという人も、「Elite Daily」のライター、ジャスミンさんの感想を読みながら、2017年を共に振り返りましょう。

01.
北京の紫禁城

新年を迎えるにあたって共通して言えるのは、何か期待できることが待っているということ。それはまさにただその一晩だけ、夜空に美しい光が打ち上がるということ。花火はいつだって美しいものですが、新しいスタートを切った途端に消え去って、いつもの日常に戻ってしまうような感覚を覚えます。

02.
ロンドン・アイ

絶対にロンドンは新年に行くべき場所。美しいライトアップはどの場所から見ても楽しむことができます。もしこの場所でカウントダウンの瞬間にキスをしたならば、それは忘れられない思い出の一つとなるでしょう。

03.
ドバイのブルジュ・ハリファ

ドバイには、たくさんの人が新年を迎えにやってきます。街の中心にある高くてきらびやかなビルに目を奪われて、首を痛めてしまうかもしれませんが...。でも本当に、この景色に魅了されない人はいないはずです。

04.
シドニーのオペラハウス

シドニーのハーバーブリッジは、まさにおとぎ話から飛び出してきたように幻想的。音楽が鳴り響く中、花火がそこら中に打ち上がる様子は、まるで野外のクラブイベントのようです。そしてオペラハウスの美しさは言わずもがな。

05.
モントリオールのダウンタウン

アメリカからもさほど遠くないので、カナダへ新年を祝いに行くアメリカ人も少なくないようです。でも本当に、花火は世界の共通言語といってもいいくらい、どこで見ても美しいですね。

06.
リオデジャネイロの
コパカバーナ海岸

個人的に、このブラジルの花火の写真は今まで見た中で一番美しいと思う。仮にこの花火を見た後にもう他の花火を見ることができないとしても、私はそれでもいい。そしてこの美しい瞬間を大勢の人と一緒に分かち合えるということももちろん素晴らしいこと。

07.
香港の高層ビル

地平線に花火を打ち上げることができるなんて、一体誰が想像できるでしょうか?打ち上げまでには壮大な計画が必要なはずなので、素晴らしいものが見せてもらえることに感謝したくなります。もちろんインスタ映えすることも間違いなしです。

大晦日の楽しみ方は人それぞれ違っても、新年を祝福したいという気持ちは一緒です。みなさん良いお年を。

Licensed material used with permission by Elite Daily
一年の最後の日「大晦日」。あなたは今、誰とどう過ごしていますか?年を重ねるごと人生に求めるものって少しずつ変化していきますが、この大晦日の過ごし方だって、...
正月気分も薄れ、いつも通りの日常に戻った今日この頃。楽しかった年末年始の出来事を懐かしみ、まだ気持ちを切り替えられていない人も多いかもしれませんね。さて、...
タイ・チェンマイで、ランタン祭りが開催されました。2016年10月13日にプミポン・アドゥンヤデート国王(ラーマ9世)が亡くなってから1ヶ月が経ち、娯楽・...
ハウステンボスが今年初めて開催する冬の花火大会『スーパーワールド花火』。花火で世界旅行を楽しもう!というテーマのもと、世界各地をイメージした花火と音楽が打...
世界に数多いるディズニーランドファンの中でも抜きん出ているのがJeff Reitzさん。彼は、2011年の大晦日からカリフォルニア州アナハイムのディズニー...
気がつけば8月も後半戦。あれほど「暑いのはもうイヤ!」と思っていたのに、いざその終わりが近づくと、一気に寂しさが押し寄せてきたり。毎年感じるこの気持ち、一...
山に詳しいわけではないけれど、感動した!と話題になった山岳ヒューマン・ドキュメンタリー映画『MERU/メルー』。ここ日本でも、大晦日から全国ロードショーが...
7月4日アメリカの独立記念日にお祝いの意味を込めてたくさんの花火が空に打ち上がるけれど花火による事故が問題視されている米テキサス州フォートワースにある法律...
「ランタン祭り」といえば、タイ・コムローイ祭りや台湾・平渓天燈節が有名。ディズニー映画『塔の上のラプンツェル』に登場したことから、その知名度は一気に高まり...
従来の花火大会のものと異なり、写真ではなくイラスト、しかも秀逸なコピーまで載った5パターンのポスターが、この夏SNS上で話題に。これは第68回呉の夏まつり...
何かにつけ、ひねくれて物を見がちな性格だけど、夏の花火だけは、どストレートに大好きだ。青春時代にいい思い出があるわけでもないし、大人になってからはしゃぎま...
小さな子にとっては毎日が「はじめて」の連続かもしれませんが、中でも花火はとっても刺激的な経験の一つのようです。大きな音と光にビックリ。喜ぶ子もいれば、泣い...
国内屈指の人気リゾート「竹富島」の、穏やかなイメージを覆すような祭り。その名は、種子取祭(タナドゥイ)。別名「不眠不休祭り」とも呼ばれる祭りの実態とそこに...
日本の夏の風物詩、花火。もちろん、花火は世界中で見られるものだけど、そのスケールやクオリティは、やっぱり日本に軍配が上がると思う。花火の起源には諸説あるけ...
年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
数年前に転職してからずっと都内に住んでいる。地元の親友ミホとは「遊ぼう遊ぼう」といつも言ってはいたけれど、帰省するタイミングが合わなかったり、どこか中間地...
仕事が忙しいとき。人間関係などで嫌なことがあったとき。ああ、気分転換したいなぁと思うことってありますよね。そんなときに使える、おすすめの気分転換の方法をご...
花火大会やお祭りの季節が到来です。浴衣で夏気分を満喫したい人、そろそろ着付けの練習を始めませんか?動画と併せて「ここを押さえておけば着崩れしにくい」襟と帯...
『Context=文脈』をテーマにした、音楽と本のイベント。素敵な音を奏でるアーティストのライブと、彼ら自身が推薦する本を“音楽家の本棚”に並べて展開しま...
ベルギー西部、フランスにほど近い人口4万人ほどの小さな町イーペル。この土地が、3年に1度、5月の第2日曜日に大きな賑わいを見せます。世界中から集まってくる...