結末は大惨劇!?レッド・ツェッペリン、規格外の暴走エピソード

「ロック・スター、ホテルで暴れがち〜」とは、かのレイザーラモンRGの名言(?)だが、そんなイメージを植え付けたのは、あるいはレッド・ツェッペリンの功罪といえるかも。

ライブはもちろん何においても型破りなツェッペリンは、ステージを降りてからの “大爆発”も、すさまじいのなんの。今回は『ロック豪快伝説』(立東舎刊)から、豪快エピソードをいくつか抜粋してご紹介しましょう。

ツェッペリンの代表曲にしてロックの金字塔「Whole Lotta Love(胸いっぱいの愛を)」をBGMにノリノリでご一読ください!

※以下は立東舎文庫『ロック豪快伝説』の「the 波瀾万丈 衝撃のグループ編」からの抜粋です。

“釣る”のは魚じゃなくて?

1969年の全米ツアーで、バンドはシアトルのエッジウォーターインというホテルに宿泊した。ここは部屋から釣りができることで、当時ミュージシャン仲間でも評判になっていたホテルだった。もちろんツェッペリンも釣りをしたのだが、やがて飽きたのか、魚以外のものを釣り始めた。

グルービーたちのなかから、ジャッキーという17歳の赤毛の女の子を部屋に連れてきたという。その娘の服を脱がせると、ベッドにくくりつけ、釣った魚のなかから赤いカサゴを選ぶと、その子の大事なあの部分に飾りつけ “女体盛りパーティ” を楽しんだそうだ。

ひと晩で6人の女の子と…

特にドラマーのジョン・ボーナムの野獣っぷりはすごかった。

あるときはホテルの廊下をバイクで走り回り、切り裂かれたカーペットを弁償するのに1万ポンドを支払ったという(『Q』03年2月号)。

また、「東京ヒルトンでのこと、ロード・マネージャーのリチャード・コールとジョン・ボーナムがサムライの刀で部屋をずたずたに切り裂いた」というエピソードがイギリスで出版された『The Word's Greatest Rock'n'Roll Scandals』に載っている。当然のように女も大好きで、一晩で6人のストリッパーを相手にしたこともある。

飛行機のファースト・クラスで
お漏らし!?

ジョン・ボーナムは、ロンドンからニューヨークへ向かう飛行機で、いい酒がたっぷり用意されたファースト・クラスに乗っていた。酒に目がないボーナムは飲み続け、いつしかトイレに行くのも億劫なほど酔っ払っていた。それはそれで構わないのだが、なんとそのまま小便を垂れ流したのだ。 

しかし、さすがに濡れたシートは気持ち悪かったらしく、仕方なくエコノミー・クラスに向かった。なら濡らす前に立てばいいのにという気がしないでもないが、とにかく、エコノミーに座っていたボーナムのアシスタント、ミック・ヒルトンのところに行くとひと言、「俺の席と代われよ」と言ったそうだ。アシスタントのミックは、エコノミーからファーストに移れるのはラッキーと思っただろう。ジョン・ボーナムのシートであるファースト・クラスの3Aへ向かった。

彼にとって不幸だったのは、その席に座ろうとしたとき、飛行機が乱気流に襲われたことだった。飛行機が揺れ、そのまま座席に倒れこんだ。ボーナムが座っていた席を、よく見る時間はなかった。何か湿っぽいことに気付いたときはもう遅く、シートベルトのサインも出ていたため、残りのフライトをその湿っぽいシートに座って過ごすことになった(『Q』98年8月号)。

エネルギッシュに生きた人生と
ツェッペリンの終焉

酒癖の悪いジョン・ボーナム。飛行機のシートでの“垂れ流し”だけならまだ良かったのですが、6年後、それは彼の命も奪ってしまうことに。

彼の死によって、レッド・ツェッペリンも終焉をむかえるわけですが、“ジョン・ボーナムらしい”と言われる豪放磊落な31年の人生の終わりかたや、このほかのエピソードも『ロック豪快伝説』に掲載。気になる方は、ぜひチェックしてね。

Top illustration by 鈴木順幸

Reference:ledzeppelin
「サイマティクス(Cymatics)」という学問をもとにつくられたそう。
今でこそ「世界最強のロックバンド!」なんて具合に讃えられている“レッチリ”ことレッド・ホット・チリ・ペッパーズですが、かつてはほぼ全裸ライブ、ほぼ全裸のミ...
水中で、息継ぎしながら、音楽ライブ!?
町工場×DJの音楽レーベル「INDUSTRIAL JP」
オフィスでカップ麺を食べる時、デスク周りの小物やPCなどに汁がハネるのを防いでくれる画期的なアイテム「麺ウォール」。通常はB5ノートほどの大きさ、閉じてい...
忙しない一週間を終えて、ホッとひと息つきたい週末。一旦アタマをからっぽにして、イギリスのラジオ局「Radio X」が選んだ“おバカ”なミュージックビデオで...
「日本流行色協会」が一般アンケートを元に決定する2020年のテーマカラーが「ヒューマンレッド」に決定。これは、単に流行した色、あるいは流行する色という意味...
音楽配信サービスのSpotifyとヘルスケアプロフェッショナルのソーシャルサービスのFigure 1が共同で行ったアンケート調査で、90%の外科医は手術中...
世界一背が高くなる樹、通称「レッドウッド」(正式名称セコイアメスギ:スギ科セコイア属)が自生することで知られる、アメリカ・カリフォルニア州の「レッドウッド...
なんせボウイは時代時代で、めまぐるしく変化するタイプのミュージシャンだ。捉えどころがないと言えばその通り。
環境を守るために人を雇用していこうという考え方を意味する言葉「グリーンジョブ」。新型コロナウイルスの流行をきっかけに今、注目を集めています。海外の取り組み...
一般的にロックスターは、若くして亡くなってしまう。しかし、彼らは音楽と共にいつまでもファンの胸の中で生き続ける。曲を聞けばステージでノリまくっている姿が目...
ロシアのあるクリエイティブ・エージェンシーが、世界で初めてとなる試み「ストリートミュージシャン専門の音楽レーベル」を立ち上げました。
BGMのトリビアを集めた書籍が刊行された。『エレベーター・ミュージック・イン・ジャパン 日本のBGMの歴史』(DU BOOKS/4月27日発売)は、おそら...
音楽プロディーサーのChristian Pierinは、廃棄された音楽機材やレコードで、ジミ・ヘンドリックスやジョン・レノンなど、偉大なアーティストたちの...
このマップは、ロンドン各地にゆかりのあるバンドの名前や曲名、歌詞で表現。ミュージシャンの生まれた場所や暮らしていた場所を知れるだけでなく、レコーディングス...
エコな自然素材ででき、調湿効果でごはんを美味しく保てるなど広い世代に人気の「曲げわっぱ」のお弁当箱について、メリットやおすすめ商品をご紹介。節約やダイエッ...
「MINOTAUR INST.(ミノトール インスト)」の「2L ANTARCTIC DOWN」の紹介です。
「Recamp」と「ハードロックカフェ」がコラボレーションし、焚き火と音楽をテーマにしたイベントを実施。8月22日(土)は焚き火ナイトを開催。
「世界一クリーンなフェス」として高い指示を受けていたフジロックに、ある異変が......。フットウエアブランド「KEEN」が「FUJI ROCK FEST...
2013年に公開されたこの動画に覚えがある人は多いかも。“独りオーケストラ”や、“多重録音の天才”と呼ばれた「Jacob Collier」さん。日本にもよ...
この木に吊るされた15個のヘッドフォンからは様々な音楽が流れます。大人も無邪気に笑顔になってしまうアートには製作者の「音楽に出会う喜びを感じてほしい」とい...
イギリスの「LoveFit」は、ウェルネスのフェスでありながら、音楽も楽しめる“欲張り”なイベント。日中は、ヨガやキックボクシングなど、さまざまなアクティ...
マイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠。顔面パンチできるくらい親密だったとか。