2020年のテーマカラーは「ヒューマンレッド」に決定!

「2020年の色」が「ヒューマンレッド/Human Red」に決定した。

これは、カラーに関するさまざまな活動をおこなっている「一般社団法人 日本流行色協会(JAFCA)」が「流行する色が、その時代の生活者の気分と密接に関わっていること」を広く周知し、色への関心を高めることを目的として、毎年1回年末に、その年とその翌年のムードを象徴する色「今年の色、来年の色」として発表しているもの。

WEBによる一般アンケートの回答を元に、予め選んだ15色のなかから「その年のムードを象徴すると思う色」1色が選ばれる。

「ヒューマンレッド」。

それは、デジタル化が加速し、人間らしい心の交流が求められるなか、人間の豊かな感情を表すかのような「人間らしい」赤。そして、若い世代の未来を創るため、私たちに求められる血の通った行動、血の通ったモノづくりを象徴するような赤。2020年に開かれる東京オリンピックで目にする機会も多くなる日の丸や、スポーツの高揚感などを表現する色である赤。

ちなみに2019年の色として選ばれたのは「オレンジ」。その理由としてもっとも多くあげられていたのは、「令和」という新しい時代を迎えたことで、フレッシュさや未来への期待を感じることができ、それに相応しい色だと思うという意見。新天皇の誕生をお祝いする気持ちや、市場の人気色で今年よく身につけたからという意見も多かったという。

さて、2020年は一体どんな年になるやら。

©2019 一般社団法人 日本流行色協会
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事