米国のカウンターカルチャーを理解するための「不良の教科書」

もう10年も前になるが、ルート66でアメリカを横断したことがある。

きっかけの1つは、ヒッピーのバイブルといわれる小説『On the Road』(ジャック・ケルアック著)だった。アメリカ大陸を縦横無尽に移動する、破茶滅茶なストーリーを読んで以来、大移動にずっと憧れていたのだ。

シカゴからサンタモニカを結ぶ米最古の国道は、全長3,755kmにも及ぶ。僕と仲間たちは、約3週間をかけてアクセルを踏み続けた。

しかし、もっと以前に『On the Road』と出会い、アメリカへ渡った日本人がいた。写真家:小林昭。1969年から1974年までの6年間、カリフォルニアのヴェニスビーチを拠点に国内をキャンピングカーで旅した人物。

今回、43年の時を経てリリースされる新刊本『Back On The Highway』には、当時の様子を写し出した貴重な写真で溢れているようだ。 

古き良きアメリカを味わえる
モノクロームの写真

ここに掲載するのは、上から順に、アメ車、POC(Pacific Ocean Park)、カリフォルニアのビーチロード、そして、モーテルの4枚の写真。残念なことに現在POCは閉鎖され、モーテルは看板を残すだけとなっている。

ちなみにPOCの桟橋は、映画『ロード・オブ・ドッグタウン』にも登場。サーフ・ポイントとして描かれているスポットだ。

古き良きアメリカを味わえるモノクローム写真は、日本人の僕が見てもどこか郷愁を感じさせてくれる。

2d99345ca9be7c33b3f24f2c474b7f62445f753444c511d53a24a2890f35752de728dd824fe487a1072161cef488b93805da092f4a73e665ac9ba7d36681e0429f2709f82cb6da620586ec7250e0a429

書籍販売を記念して
開催される写真展

5777a2f71f751a140051325a137fdb1112ba479501ec07017de88027f7eaa92d0954edec91531ec0

※表紙は、ブルース・サイドとカントリー・サイドのダブルカバー仕様。

日本から遠く離れたアメリカで、小林はいったい何を感じ、何を思い、何を写真に収めたのか……。わずか4枚の写真だけでは、彼の過ごした6年間という月日を想像するには物足りない。

僕と同じようにそう感じた人は、ぜひ写真展に足を運んでみてはいかがだろう。

小林昭写真展『Back On The Highway』
期間:2017年7月14日(金)〜 7月23日(日)
時間:12:00〜19:00(最終日のみ、18:00まで)
会場:AL(等京都渋谷区恵比寿南3-7-17 1F)
お問い合わせ先:03-5722-9799
公式サイトはコチラから。

スペシャル・イベント
7月14日(金)18:00 〜 レセプション・パーティー
7月21日(金)19:00 〜 「小林昭×ジョージ・カックル」トークショー

書籍『Back On The Highway』(出版社:ブエノブックス)は、今月末が発売予定となっているが、写真展にて先行発売をするとのこと。しかも、写真も展示販売されるようだ。

Licensed material used with permission by 「Back On The Highway」
知る人ぞ知る宿泊施設が、湘南・葉山にある。「THE HOUSE on the beach」と名付けられたそれは、以前にこちらの記事で紹介した「THE HO...
青い海、白い建物。まるでギリシャ・サントリーニ島にいるかのような気分を味わえる場所が、東京から車で1時間ほどのところにある。葉山「THE HOUSE」は、...
アメリカ・マサチューセッツ州北部に位置する、ナンタケット島で、"凍った波"が撮影された。Looks like rolling slurpees! Froz...
一般の人がなかなか目にすることができない科学研究施設や産業、インフラの現場ーー。そんな“立入禁止の向こう側”を切り取った写真展が開催されていることを...
プロ・アマチュア関係なく、世界中から応募が集まる「INSIGHT ASTRONOMY PHOTOGRAPHER OF THE YEAR」は、世界最大級の天...
ここで紹介する写真は、戦争で傷付いたアメリカの兵士たちを写したものです。どれも衝撃的で、目を覆いたくなるような内容かもしれません。ですが、これが戦争の現実...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
『The BEACH BURGER HOUSE』で食べたハンバーガーは、これまで自分が食べた中で一番美味しいと思った。ビールを飲みながら3つも食べた。世界...
2016年のナショナルジオグラフィック・トラベルフォトグラファー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた写真がコレ。ここではそれぞれの部門で選ばれた計12枚の作品を紹...
日本科学未来館で2016年3月2日から5月30日まで開催されている「GAME ON」は、ロンドン発の企画展。これまでに世界中で遊ばれてきた数々の「テレビゲ...
今回は、「THE NEW YORKER」に敬意を示し、東京バージョン「THE TOKYOITER」という架空の雑誌の表紙を紹介しましょう。
昨今は、一つの拠点に長期間滞在するのではなく、日本各地の観光地をホッピングする(飛びまわる)ように旅を楽しむスタイルが人気。そんな“Hopping Tra...
石鹸などを扱うアメリカの小売店Bath & Body Worksは、目の見えない障害者にアートを楽しんでもらおうと、「白い杖の日」に合わせて#TheBli...
計200万本売れている大ヒット商品「MISOKA」と〈THE〉がコラボレーションして生まれたのが、「THE TOOTHBRUSH by MISOKA」。持...
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
一見なんの変哲もないコロコロですが、その実かなり進化している「THE COLOCOLO BY NITOMS」。収納時、ケースにテープがくっつきません。
テレビやネットを通しては見れない、リアルなアメリカを映す写真がある。被写体は皆、ベッドルームにいるBarbara Peacockさんの写真だ。様々な年代や...
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
一瞬見ただけで、思わず顔がほころんでしまった。フォトグラファーのGuy Vainerは1歳になる双子の父親なのだけど、自分の子どもたちを愛しすぎて彼のIn...