米国のカウンターカルチャーを理解するための「不良の教科書」

もう10年も前になるが、ルート66でアメリカを横断したことがある。

きっかけの1つは、ヒッピーのバイブルといわれる小説『On the Road』(ジャック・ケルアック著)だった。アメリカ大陸を縦横無尽に移動する、破茶滅茶なストーリーを読んで以来、大移動にずっと憧れていたのだ。

シカゴからサンタモニカを結ぶ米最古の国道は、全長3,755kmにも及ぶ。僕と仲間たちは、約3週間をかけてアクセルを踏み続けた。

しかし、もっと以前に『On the Road』と出会い、アメリカへ渡った日本人がいた。写真家:小林昭。1969年から1974年までの6年間、カリフォルニアのヴェニスビーチを拠点に国内をキャンピングカーで旅した人物。

今回、43年の時を経てリリースされる新刊本『Back On The Highway』には、当時の様子を写し出した貴重な写真で溢れているようだ。 

古き良きアメリカを味わえる
モノクロームの写真

ここに掲載するのは、上から順に、アメ車、POC(Pacific Ocean Park)、カリフォルニアのビーチロード、そして、モーテルの4枚の写真。残念なことに現在POCは閉鎖され、モーテルは看板を残すだけとなっている。

ちなみにPOCの桟橋は、映画『ロード・オブ・ドッグタウン』にも登場。サーフ・ポイントとして描かれているスポットだ。

古き良きアメリカを味わえるモノクローム写真は、日本人の僕が見てもどこか郷愁を感じさせてくれる。

書籍販売を記念して
開催される写真展

※表紙は、ブルース・サイドとカントリー・サイドのダブルカバー仕様。

日本から遠く離れたアメリカで、小林はいったい何を感じ、何を思い、何を写真に収めたのか……。わずか4枚の写真だけでは、彼の過ごした6年間という月日を想像するには物足りない。

僕と同じようにそう感じた人は、ぜひ写真展に足を運んでみてはいかがだろう。

小林昭写真展『Back On The Highway』
期間:2017年7月14日(金)〜 7月23日(日)
時間:12:00〜19:00(最終日のみ、18:00まで)
会場:AL(等京都渋谷区恵比寿南3-7-17 1F)
お問い合わせ先:03-5722-9799
公式サイトはコチラから。

スペシャル・イベント
7月14日(金)18:00 〜 レセプション・パーティー
7月21日(金)19:00 〜 「小林昭×ジョージ・カックル」トークショー

書籍『Back On The Highway』(出版社:ブエノブックス)は、今月末が発売予定となっているが、写真展にて先行発売をするとのこと。しかも、写真も展示販売されるようだ。

Licensed material used with permission by 「Back On The Highway」
知る人ぞ知る宿泊施設が、湘南・葉山にある。「THE HOUSE on the beach」と名付けられたそれは、以前にこちらの記事で紹介した「THE HO...
青い海、白い建物。まるでギリシャ・サントリーニ島にいるかのような気分を味わえる場所が、東京から車で1時間ほどのところにある。葉山「THE HOUSE」は、...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
アメリカ・マサチューセッツ州北部に位置する、ナンタケット島で、"凍った波"が撮影された。Looks like rolling slurpees! Froz...
女性が激しくお尻をフリフリする動き。あれはトゥワーク(Twerk)と言うダンスのひとつ。そして、それに着想を得てつくられたのが、今回紹介する「Twerk ...
キャビアやトリュフなど、味は全部で12種類銀座で話題の大人のクレープ専門店PÄRLA〒104-0061 東京都中央区銀座5-2-1http://par.la/
フォトグラファーChristy Lee Rogersさんが撮影するのは水中写真。深みのある色彩と光の濃淡を操り、ほんのりダークな世界観を演出しています。
画像編集ソフト×ポートレートって、見た目の美を追求するために使われることがほとんど。でも、昨年展開されたAdobeによる「The Future Is Yo...
ロンドンを拠点に活動するフォトグラファー、Alex Bartschさんのプロジェクト。写真集には40ヶ所以上の「聖地」が収録されている。
まるで鋭い銃弾に打ち抜かれたような印象を与える、引き裂かれた写真。写真のコラージュ作品はデジタルで制作されることが多いけれど、Fabian Oefnerさ...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
プロ・アマチュア関係なく、世界中から応募が集まる「INSIGHT ASTRONOMY PHOTOGRAPHER OF THE YEAR」は、世界最大級の天...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
一般の人がなかなか目にすることができない科学研究施設や産業、インフラの現場ーー。そんな“立入禁止の向こう側”を切り取った写真展が開催されていることを...
「The World Whisky Advent Calendar」は、中にウイスキーが入ったアドベントカレンダー。世界中からセレクトされた24種類をクリ...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
ここで紹介する写真は、戦争で傷付いたアメリカの兵士たちを写したものです。どれも衝撃的で、目を覆いたくなるような内容かもしれません。ですが、これが戦争の現実...
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
『The BEACH BURGER HOUSE』で食べたハンバーガーは、これまで自分が食べた中で一番美味しいと思った。ビールを飲みながら3つも食べた。世界...
リーゼント、グラサン、ライダースジャケット、白いドカン(太いズボン)。横浜銀蝿の不良スタイルは、独特で新鮮だった。
今回は、「THE NEW YORKER」に敬意を示し、東京バージョン「THE TOKYOITER」という架空の雑誌の表紙を紹介しましょう。
餃子とクラフトビールを楽しめる中目黒からカルチャーを発信する餃子店Ohka the Bestdays〒1530043 東京都目黒区東山2-4-8http:...
日本科学未来館で2016年3月2日から5月30日まで開催されている「GAME ON」は、ロンドン発の企画展。これまでに世界中で遊ばれてきた数々の「テレビゲ...