残布・残糸をニットへ。アップサイクルの新ブランド「RYE TENDER」は知ってる?

衣料品の生産の背景には、衣料になることなく捨てられてしまう糸や布が多く存在する。

そんな問題に着目したアップサイクルのブランド「RYE TENDER(ライテンダー)」が2020年秋冬シーズンよりデビュー。

アパレル業界でキャリアを積み、時を同じくしてNYでサステナビリティの文化に触れた2人が設立。残糸・残布の「余り原料」から生産した衣服を世の中に届けるプロジェクトだ。

©株式会社インターソナー

このコレクションでは、ウールカシミアのカーディガン、セーター、パーカー、ニットキャップなどベーシックなニットアイテムが展開される。

カラーは、ブラック、ホワイト、グレー、さらにはピンク、グリーン、パープルといった豊富なラインナップに。サイズについては、アイテムごとにフリーサイズ、もしくは2サイズ展開となっている。

余り原料の使用に加え、流通の工程を一元化したことによるリーズナブルな価格設定も魅力だ。

基本的には公式ECサイトのみでの販売だが、12月10日(木)までは、東京・代々木上原の「12XU」にてポップアップストアが開催中。

貴重な機会を見逃さないで。

© RYE TENDER / Instagram
© RYE TENDER / Instagram

『RYE TENDER』

【公式ECサイト】https://ryetender.com/
【Instagram】https://www.instagram.com/rye_tender/

Top image: © RYE TENDER
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

アップサイクルプロダクトブランド「アマリノ-Amarino-」がバッグや革小物を作る際に発生する本革の残反を再利用した「リユース本革ブックカバー」を販売中。
創業130年の帆布メーカー「タケヤリ」が、製造工程で出る通常は処分するはずの「残糸」を使い、丈夫な「軍手」を製造。特別限定品として販売を開始。
誰も知らないブランドの先取りって、間違いなくファッションの楽しみの一つですしね。
“服のかたちをしたメディア”をコンセプトとして、ファッションから社会問題の解決に取り組むブランド「coxco(ココ)」の最新シリーズがお目見え。
4月15日(木)、「土屋鞄製造所」から、長く使える革のエコバッグ「レザーエコトート」の新色が発売。
この記事では、アップサイクルの意味と事例を紹介していきます。リサイクルと非常に似た言葉なのですが、その違いを知ればアップサイクルの魅力にきづけるはずです。
身近にある物への愛から始まったアップサイクル。カラフルなアイシャドウの水彩絵の具にするプロジェクトを紹介します。
1984年に世界で初めてストラップ付きスポーツサンダルを開発した「Teva」が、米国の次世代アウトドアブランド「Cotopaxi」とコラボレーション。
「GLOBAL WORK」が、毎年大量に破棄されてしまっている残反(洋服を作る際に必ず出る余った生地)をリサイクルしたエコバッグの販売を開始。
年賀状印刷をそろそろ考える…には、まだ鬼が笑うほどに気の早い話ですが、鬼でなくともちょっと笑えないような話。プリンターが自動告知するインク残量、それがちょ...
平飼いの養鶏場と、卵を使ったカフェレストラン「eggg cafe」の運営している株式会社egggが、卵の殻を使った新しい洗顔フォーム「TSURUTAMA」...
「Die With Me」は、あなたのスマホのバッテリー残量が5%以下になって、はじめて使えるメッセンジャーアプリです。
高い技術を持つニット工場が“本気”でマスクを作るプロジェクトが「Makuake」で実施中。無縫製、優れたフィット感、ウォッシャブルという3Dフォルムの立体...
沖縄発のアロハシャツブランド「PAIKAJI(パイカジ)」から、縫製の際に出たオリジナルプリントのシャツ生地の残布や端切れを使ったサステイナブルなマスクが登場。
部屋に快適な木漏れ日を生み出す、ニューノーマルなライフスタイル和紙ブランド「糸落水」から、カレンダーが新発売。
スマホやPCとは違って、一目見ただけでは残量がわからない乾電池。引き出しの中にゴロゴロ転がっているけれど、どれが新品でどれが使用済なのかわからない!なんて...
アップサイクルのパイオニア「FREITAG」のCEOであるOliver Brunschwilerにインタビュー。
本作品のタイトルである「YARN」は、アイスランド語で「糸」を表す言葉。この物語は、彩り豊かな糸によってアートへ昇華した「編み物」にスポットライトを当てた...
2月27日~3月15日まで、岡山デニムの廃材を再利用するサステイナブルプロジェクト「Sustainable Project Laforet×Okayama...
「アーバンリサーチ」は、使われなくなったハンガーをシューホーンや新たなハンガーとして再生するアップサイクルプロジェクト「Re:hanger」を開始。

おすすめ記事

2010年に建設が決定した台湾のサステイナブルなマンション「陶朱隠園(Tao Zhu Yin Yuan0」が、今年、ついに完成予定だ。約23000本の樹木...
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
単体で存在するならば、何の変哲もないペーパーアート。しかし、それらを上手く風景と一体化させて、生命を吹き込んでしまうイギリス人が登場しました。ついつい最後...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
単純に、「すごい」ってなるはず。
先日3日、米「Netflix」が新しいサービス「Fast Laughs」を発表した。公式アプリのひとつの機能として追加されたこのサービスは、「TikTok...
エドヴァルド・ムンクによる有名な絵画『叫び』のオリジナルバージョンには、左上に「狂人にしか描けない!」と鉛筆で書かれたメッセージが1904年に見つかってい...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...