「梱包用テープ」だけで、人を感動させることができますか

よもや平凡な荷造り用の梱包テープだけを使って、アート作品をつくりあげてしまうとは。オランダに拠点を置くMax Zornは、誰よりも多くテープを使いこなして、そこに奥行きを生んでいく異色のアーティスト。

下書きのないスクリーンに最初のテープを貼りはじめたとき、すでに彼の中では絵が見えているにちがいない。

使うのはテープとメス
「Tape Art」新たなジャンル

382e28cdeaf5f88eb09aab398fe7aa52f8b99375Eb5faee10359a17487427f389cae03ca306e2f08

手にするのは、ビニールテープ(OPPテープ)と外科手術に使われるメス。アクリル製のガラススクリーン上に無作為に貼ってはちぎりを、ただひたすら繰り返していきく。やがて、テープが重なり合う部分ほど暗く、明暗がはっきり分かれてくる。

 

E4cafb5068d5129701233fcbf63531818730ec6d

貼ってはカットし、またテープを貼る。

1dc11c80e32ff6940f57815b6611fb78e0a13563

こうして生み出された作品がこちら。

134d69d0571e1f8dc10a55d31c5082d3bfd135ba

陰影を完成させるのは明かり。

C25627cd368ff543d3728ff6d6e7ed832ccf99229cf0575c4763542391fcee0c44d4a9f2cad3283d60c795dc3161a32d40c29b9bafa8f5112b8a452a1e6ee44318fa9664ccb7cd9f0807e43f9a02529859090939068bf89b5a33723f3b9cd04c21952fd3

闇夜を照らすアートを。
アイデアは夜の街から始まった

7761c372472671c8dff3c3c668c06a0e0edaf852570caa42f426be6d70152d53cb174ebee70ee23f91eeb359801898d5eab63622bb252426faf564e3

「Tape Art」とMaxが呼ぶオリジナルの技法は、彼のこんな発想から生まれていた。

「今日、いろんなストリートアートが街に溢れているけれど、そのほとんどが夜になると姿を消してしまう。だったら、夜の都市生活を彩るアートワークがしたい。そんな想いで、街灯の明かりを使って写し出す、このTape Artを思いついたんだ。作品をシートにくっつけて、それを夜に街中に貼りまくるって感じでね」。

これらは彼の作品のほんの一部。Maxの公式サイトでは、異色のテープアートがまだまだ。製作風景を映した動画もチェック!

Licensed material used with permission by Max Zorn, (Facebook)
STALOGY(スタロジー)〉っていうステーショナリーブランドを知っていますか? 粘着テープなどが有名な〈ニトムズ〉の製品をベースに、good desig...
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...
「マステ」は、株式会社マークスのマスキングテープブランド。現在、これを使ったアート展が東京・表参道ヒルズで開催中。色鮮やかでカワイイ作品に対して...
文字や数字をテープに打ち込める〈DYMO(ダイモ)〉のテープライター。書類のファイルや備品などを整理するのに使われる事務用品というイメージが強く、あんまり...
Netflixオリジナル作品『アート・オブ・デザイン』は、今世界中のクリエイターが注目しているドキュメンタリーだ。デザインやアートのドキュメンタリーって聞...
「Snorelax」の1,394人の被験者は、全員がリラックスをしながら寝れたと答えているようです。なぜなら、固定するというよりは気道を確保して、呼吸をし...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
つい先日オープンしたLEGOLAND Japanや、園内で提供されるLEGOポテトなど、なにかとあの組み立てブロックが気になる今日この頃。僕を含めて、周囲...
本作品のタイトルである「YARN」は、アイスランド語で「糸」を表す言葉。この物語は、彩り豊かな糸によってアートへ昇華した「編み物」にスポットライトを当てた...
2008年、ニューヨークのイーストリバーに4つの滝をつくったオラファー・エリアソン。その作品は、光、空間、水、鏡、霧、影という自然現象や素材を巧みに使い、...
大英博物館やテート・モダンなど、名だたるミュージアムを数多く抱えるロンドン。先日、この街のとあるギャラリーで開催されたのが、犬のための現代アート展です。「...
なんとなく落ち込んでしまいがちな雨の日を「アートの力」で元気に!「Rainworks」は、そんなコンセプトのもと、米・シアトルから発信されているストリート...
「もしも、データに強いコンピュータと、創造力溢れる人間がコラボしたら、どんなアートが生まれるんだろう?」ニューヨーク大学の大学院生でプログラマーでもあるア...
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサスティナブルな...
まあ、ぶっちゃけちゃえば、伸縮するテーブルって珍しくない。でも、伸ばすと不格好になるっていうのがお決まりのパターン。でも、『Friction Table』...
ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法と...
南米最大の現代美術展、「サンパウロ・ビエンナーレ」が開催されるブラジルばかりに注目がいきがちだが、アルゼンチンもまたラテンアメリカの現代アートシーンを牽引...
答えは、別にナナメ上の発想なんかじゃありません。むしろ、よ〜く考えれば、誰でも思いつくようなもの。あなたには、分かりますか?