2万5000円のテープカッター!?柳宗理デザインを「コクヨ」が復刻発売

日本を代表するプロダクトデザイナー柳宗理氏が手掛けたテープカッターの復刻版を「コクヨ」が来年2月25日から発売する。価格2万5000円(税抜き)というアイテムの名は「ROTARY TAPE DISPENSER(ロータリーテープディスペンサー)」。

もともと、柳宗理氏によって1960年代にデザインされたもので、彫刻的造形とベース部分のコントラストが存在感をもったデザイン。「コクヨ」はこのオリジナルを3Dスキャンし、「柳工業デザイン研究会」の監修のもと、試作と修正を繰り返しながら忠実に再現したのだとか。

復刻版では、刃の部分にコクヨ独自の「カルカット刃」を採用して使いやすさをアップグレード。切れ味が軽く、テープの切り口もまっすぐに仕上がるようになった。

また、本体が360度回転するロータリー式機能は、よりスムーズな回転に。

コクヨが手掛けるライフスタイルショップ「THINK OF THINGS」では、今月18日~新年1月15日まで今回の復刻を記念したポップアップショップ「SORI YANAGI ROTARY TAPE DISPENSER RELEASE EXHIBITION」を開催し、先行予約の受け付けもするとのこと。

©コクヨ
©コクヨ
©コクヨ
©コクヨ
©コクヨ

ROTARY TAPE DISPENSER
【サイズ】115mm×157mm×135mm ※外形
【重量】2kg
【材質】本体:メラミン樹脂、リール:アルミ鋳物、ベース:鉄鋳物
【対応テープ幅】幅24mm、外径100mmまで
【価格】2万5000円(税抜き)
【販売場所】
ライフスタイルショップ「THINK OF THINGS」、「柳ショップ」、全国のインテリアショップやセレクトショップなど

Top image: © コクヨ
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
コクヨとnendoとの協業により生まれた、接着用品の新ブランド「GLOO(グルー)」の紹介です。
可愛いからってついつい買ってしまうマスキングテープ。でもその使い道に困ってしまうこともあるのでは?そこで、台湾のイラストレーターが意外な使い方を教えてくれ...
1980's〜90'sのファッションがリバイバルするなか、アパレルやシューズ業界ではさまざまなモデルが復刻されている。
「マスキングテープ(略してマステ)」の発祥の地は、岡山県倉敷市。工業用テープメーカー「カモ井加工紙」が、工場見学に来た女性たちのアイデアをもとに作ってみた...
1月、新しいコンセプトのジビエ鹿革専門のバッグブランド「エニシカ」が神戸で誕生。
文字や数字をテープに打ち込める〈DYMO(ダイモ)〉のテープライター。書類のファイルや備品などを整理するのに使われる事務用品というイメージが強く、あんまり...
“家庭でダンボールを開ける”。そんなシーンを想定して作れたカッター「オランテ」です。オリジナルの刃は丈夫で長持ち、ガムテープの糊がつきにくいように加工まで...
どちらもスペックは良くないけど、そもそもかわいさと安さしか求めてなかったのでオールオッケー!『フライング タイガー コペンハーゲン』さまさまです。
今日は、おうちの中でキッター(カッター)遊び!
10月16日、「コクヨ」が「Life Accessories」をコンセプトとする新ブランド「KOKUYO ME」をローンチ。
ファーマーズマーケットで火がつき、「Whole Foods Market」で人気となった、ロンドンで話題の「白いキムチ」。
長崎銘菓クルス缶は、1964年に発売され、作ったそばから売り切れる大人気商品だったとか。
よもや平凡な荷造り用の梱包テープだけを使って、アート作品をつくりあげてしまうとは。オランダに拠点を置くMax Zornは、誰よりも多くテープを使いこなして...
8月30日から、一部を除く全国の「スターバックス」の店舗と「スターバックスオンラインストア」で、「コクヨ」とのコラボ商品である「スターバックス キャンパス...
STALOGY(スタロジー)〉っていうステーショナリーブランドを知っていますか? 粘着テープなどが有名な〈ニトムズ〉の製品をベースに、good desig...
11月15日、ティーン向けファッションブランド「エンジェルブルー」の復刻アイテム第二弾の購入予約が、Tシャツ販売サイト「TOD」にて始まった。
「フォルクスワーゲン」が来週21日まで開催する「The No Show Room」と題したキャンペーンは、とある森の中に設置されたショールームを見つけると...
オーストラリア大規模森林火災で被害にあった動物たちのために、ニンジンやじゃがいもをヘリコプターで空中から投下する「ロックワラビー作戦」が実施中!
5月、ブラジル音楽界の巨匠、エルメート・パスコアールが来日する! それって誰? というあなたには、これを機会に彼のことを知ってもらえたら嬉しい。もし気に入...
普段使いのノートとして、〈コクヨ〉の「測量野帳」をいつもカバンに入れています。その名のとおり、もともとは屋外での測量用として誕生したこのノート。1959年...
50ミリ角の立方体、重さもわずか150グラム。手のひらサイズのこのキューブのポテンシャルが、想像以上にスゴかった。ハンドクラフトを趣味としている人に紹介し...
バッキンガム宮殿近くに位置するホテル「The Rubens at The Palace(ルーベンス アット ザ パレス)」。ここではなんと、1ポット500...
日本全国のホステルで使える泊まり放題のパス「ホステルパス」の予約受付が10月からはじまりました。日曜日〜木曜日の間のみ使用できる年間パスは18万円(月15...
輪ゴムの“とめる”機能に、ちょっと気の利いた“気持ち”をプラスできるアイテムが登場しました。その名も、『和ごむ』。何度あっても良いという意味を持つ、水引き...