2万5000円のテープカッター!?柳宗理デザインを「コクヨ」が復刻発売

日本を代表するプロダクトデザイナー柳宗理氏が手掛けたテープカッターの復刻版を「コクヨ」が来年2月25日から発売する。価格2万5000円(税抜き)というアイテムの名は「ROTARY TAPE DISPENSER(ロータリーテープディスペンサー)」。

もともと、柳宗理氏によって1960年代にデザインされたもので、彫刻的造形とベース部分のコントラストが存在感をもったデザイン。「コクヨ」はこのオリジナルを3Dスキャンし、「柳工業デザイン研究会」の監修のもと、試作と修正を繰り返しながら忠実に再現したのだとか。

復刻版では、刃の部分にコクヨ独自の「カルカット刃」を採用して使いやすさをアップグレード。切れ味が軽く、テープの切り口もまっすぐに仕上がるようになった。

また、本体が360度回転するロータリー式機能は、よりスムーズな回転に。

コクヨが手掛けるライフスタイルショップ「THINK OF THINGS」では、今月18日~新年1月15日まで今回の復刻を記念したポップアップショップ「SORI YANAGI ROTARY TAPE DISPENSER RELEASE EXHIBITION」を開催し、先行予約の受け付けもするとのこと。

©コクヨ
©コクヨ
©コクヨ
©コクヨ
©コクヨ

ROTARY TAPE DISPENSER
【サイズ】115mm×157mm×135mm ※外形
【重量】2kg
【材質】本体:メラミン樹脂、リール:アルミ鋳物、ベース:鉄鋳物
【対応テープ幅】幅24mm、外径100mmまで
【価格】2万5000円(税抜き)
【販売場所】
ライフスタイルショップ「THINK OF THINGS」、「柳ショップ」、全国のインテリアショップやセレクトショップなど

Top image: © コクヨ
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事