好きな形に切って使える「ブック型マスキングテープ」

「テープが細いから、広い面を埋めるのに使いにくい」
「粘着面が貼りついて、ハサミで切りにくい」

そんな従来のロール状マスキングテープに抱く不満を解決したいなら「マスキングテープブック」の出番かもしれない。

「マスキングテープブック」は、シート状のマスキングテープがブック型に綴られた商品だ。シート状のため、従来のマスキングテープでは難しかった、面を広々埋めるアレンジや、大ぶりのモチーフも作成できる。

また、マスキングテープの裏には剥離紙が付いているため、ハサミでカットしやすく、粘着面が貼りつくこともないという。

裏表紙には、ミシン目で切り離して使えるテンプレートも付属。デコレーションに使いやすい形が数種類入っており、アレンジが苦手な人でも手軽にデコレーションが楽しめる。

シートのサイズは、はがきサイズA5サイズの2サイズ展開。1冊につき5柄×2枚入りなので複数の柄を楽しむことができる。

手帳や手紙だけでなく、壁やインテリアのデコレーションにも使いやすくなったこのマスキングテープブックを使って、家のなかをもう一段明るい雰囲気にしてみては?

©2020 株式会社キングジム
©2020 株式会社キングジム

株式会社キングジム

【公式ホームページ】https://www.kingjim.co.jp/

Top image: © 2020 株式会社キングジム
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
可愛いからってついつい買ってしまうマスキングテープ。でもその使い道に困ってしまうこともあるのでは?そこで、台湾のイラストレーターが意外な使い方を教えてくれ...
「マスキングテープ(略してマステ)」の発祥の地は、岡山県倉敷市。工業用テープメーカー「カモ井加工紙」が、工場見学に来た女性たちのアイデアをもとに作ってみた...
「ヴィレッジヴァンガードオンラインストア」で美しい"フェルメールブルー"が印象的な「フェルメールとレンブラント展」とのコラボマスキングテープが販売中。
「マステンダー」は、おしゃれなファッションアイテムとして気軽に取り入れたくなるような、かわいいサスペンダーを作りたいーという想いから企画された「マスキング...
和歌山県の電動バイクベンチャー「glafit」が開発した、立ち乗りタイプの電動スクーター「X-SCOOTER LOM」。発売開始から5日ですでに5000万...
「マステ」は、株式会社マークスのマスキングテープブランド。現在、これを使ったアート展が東京・表参道ヒルズで開催中。色鮮やかでカワイイ作品に対して...
文字や数字をテープに打ち込める〈DYMO(ダイモ)〉のテープライター。書類のファイルや備品などを整理するのに使われる事務用品というイメージが強く、あんまり...
STALOGY(スタロジー)〉っていうステーショナリーブランドを知っていますか? 粘着テープなどが有名な〈ニトムズ〉の製品をベースに、good desig...
よもや平凡な荷造り用の梱包テープだけを使って、アート作品をつくりあげてしまうとは。オランダに拠点を置くMax Zornは、誰よりも多くテープを使いこなして...
日本を代表するプロダクトデザイナー柳宗理氏が手掛けたテープカッター「ROTARY TAPE DISPENSER」の復刻版を「コクヨ」が来年2月25日から発...
ビールブランド「バドワイザー」が、コロナ禍で未曾有の危機に直面している音楽やファッション、アートなどのカルチャーシーンを支援するプロジェクト「RE:CON...
食べられるインクや、懐かしのペンまで自由に使える表参道で人気を集める「文房具カフェ」 文房具カフェ〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4丁目8-1htt...
9月20日にロサンゼルスを拠点にしているアーティストPlastic Jesusが新たな行動を起こしました。
お菓子づくりで重宝するマフィン型ですが、それ以外まったく出番がないなんてモッタイナイ!
「Snorelax」の1,394人の被験者は、全員がリラックスをしながら寝れたと答えているようです。なぜなら、固定するというよりは気道を確保して、呼吸をし...
ブックバスのプロジェクトを立ち上げたのは、インターネットを中心に古本の買取販売を行っている「バリューブックス」。古本の買取と寄付によって本を集め、それを販...
その名も「Mosoco Mos killer lamp」。蚊が集まる周波数を発するLEDの紫外線ランプだ。
折りたたみイス「POTATTO350+」は、5秒で簡単に組み立てが可能で、座り心地も抜群。さらに、ゴミ箱や簡易トイレとしても使えるハイスペックな逸品だ。
コクヨとnendoとの協業により生まれた、接着用品の新ブランド「GLOO(グルー)」の紹介です。
つい先日オープンしたLEGOLAND Japanや、園内で提供されるLEGOポテトなど、なにかとあの組み立てブロックが気になる今日この頃。僕を含めて、周囲...
一見なんの変哲もないコロコロですが、その実かなり進化している「THE COLOCOLO BY NITOMS」。収納時、ケースにテープがくっつきません。
ひたすら文房具(ほとんどがアンティーク)をアップし続ける気になるアカウント。
写真は黄色ばかりですが、それ以外も。ビビッドカラーのカラバリがある文房具をピックアップしました!
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...