好きな形に切って使える「ブック型マスキングテープ」

「テープが細いから、広い面を埋めるのに使いにくい」
「粘着面が貼りついて、ハサミで切りにくい」

そんな従来のロール状マスキングテープに抱く不満を解決したいなら「マスキングテープブック」の出番かもしれない。

「マスキングテープブック」は、シート状のマスキングテープがブック型に綴られた商品だ。シート状のため、従来のマスキングテープでは難しかった、面を広々埋めるアレンジや、大ぶりのモチーフも作成できる。

また、マスキングテープの裏には剥離紙が付いているため、ハサミでカットしやすく、粘着面が貼りつくこともないという。

裏表紙には、ミシン目で切り離して使えるテンプレートも付属。デコレーションに使いやすい形が数種類入っており、アレンジが苦手な人でも手軽にデコレーションが楽しめる。

シートのサイズは、はがきサイズA5サイズの2サイズ展開。1冊につき5柄×2枚入りなので複数の柄を楽しむことができる。

手帳や手紙だけでなく、壁やインテリアのデコレーションにも使いやすくなったこのマスキングテープブックを使って、家のなかをもう一段明るい雰囲気にしてみては?

©2020 株式会社キングジム
©2020 株式会社キングジム

株式会社キングジム

【公式ホームページ】https://www.kingjim.co.jp/

Top image: © 2020 株式会社キングジム
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

可愛いからってついつい買ってしまうマスキングテープ。でもその使い道に困ってしまうこともあるのでは?そこで、台湾のイラストレーターが意外な使い方を教えてくれ...
「マスキングテープ(略してマステ)」の発祥の地は、岡山県倉敷市。工業用テープメーカー「カモ井加工紙」が、工場見学に来た女性たちのアイデアをもとに作ってみた...
「ヴィレッジヴァンガードオンラインストア」で美しい"フェルメールブルー"が印象的な「フェルメールとレンブラント展」とのコラボマスキングテープが販売中。
「マステンダー」は、おしゃれなファッションアイテムとして気軽に取り入れたくなるような、かわいいサスペンダーを作りたいーという想いから企画された「マスキング...
先月、ニューヨーク市の動物福祉局は、食肉の消費量削減目標を達成するため、肉の消費を控えるよう市民に訴えかける電子メールを送付した。
「マステ」は、株式会社マークスのマスキングテープブランド。現在、これを使ったアート展が東京・表参道ヒルズで開催中。色鮮やかでカワイイ作品に対して...
文字や数字をテープに打ち込める〈DYMO(ダイモ)〉のテープライター。書類のファイルや備品などを整理するのに使われる事務用品というイメージが強く、あんまり...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
遺伝子検査によって肌傾向を分析できる次世代スキンケアサービスが登場。簡単な検査キットで肌タイプを知り、さまざまな種類の化粧水を試して、自分に合ったスキンケ...
「ほぼ日」から、気持ちを晴れやかにしてくれる“肌とメイクと道具”のビューティーブランド「Shin;Kuu(シンクー)」が登場。デビューコレクションの、...
「ピップエレキバン」でお馴染みの「ピップ株式会社」が手がけた、たった15分で肩こりを和らげてくれるという磁気治療器「ピップ ジースピナー」が「Makuak...
「Makuake」にて販売中のシリコーンほうき「Tyroler」は、掃き掃除から水掃除まで一本でこなしてくれるバツグンの掃除効率を実現。