銃規制

生徒や教師たちが亡くなった事件に対するトランプ大統領の発言は、彼の想像とは裏腹に、アメリカ社会に大きな波紋を起こし、新たなソーシャルムーブメントを生むこと...
弾を詰め込んで発砲する銃とは違い、人を傷つけることなく動きを止められる「BolaWrap 100」。スタンガンや催涙スプレーとも一線を画す存在です。
デンマーク政府がインフルエンサーのコンテンツを規制する方針を明らかにしたと報じられた。同国の児童・教育省は、インフルエンサーに対し、従来のメディア同様に“...
スウェーデン・ストックホルムの時計ブランド「TRIWA(トリワ)」が、1月25日より「TRIWA SHOP表参道」と「TRIWA POP UP STORE...
洋画に出てくる大富豪やギャングになりきってみたい……。そんな願望があるあなたにおすすめしたいのが『Make It Rain Money Gun』!
タイ・チェンマイで、ランタン祭りが開催されました。2016年10月13日にプミポン・アドゥンヤデート国王(ラーマ9世)が亡くなってから1ヶ月が経ち、娯楽・...
中国の国家発展改革委員会が発表した報告書によると、2020年末までに主要都市でのビニール袋の使用を禁止。25年末までには中国全土で使用が禁止されるという。
レーザーでも放つんじゃないだろうかというSF的なビジュアル。あながち間違いではありませんでした。これは、ドローンを撃ち落とさずに捕獲できる画期的な銃。2キ...
冬だからって、ニオイに油断はできません。ニオイを抑える方法はいろいろですが、食べ物に注意するというのも効果的です。例えば、こんな食べ物はニオイの元になりや...
2月11日、大手一般消費財メーカーの「ユニリーバ」が、子どもに訴求する広告・マーケティングの一部の廃止を発表。
避難訓練に見る、お国柄。写真はアメリカでの非難訓練風景。日本では見慣れないオレンジのマットにくるまる子どもたちは、何から身を守ろうとしているのか? // ...
事実を知ったとき、全身に鳥肌が立ちました。わずか2分30秒足らずの短編動画を、単なるラブストーリーと思って見ていると、あなたもその悲劇に気づくことができな...
「007」映画のシリーズ19作目『ワールド・イズ・ノット・イナフ』の映画ポスターがモチーフにした限定スウォッチ。炎の文様と文字盤上のアイコン的な銃身を思わ...
「先週末(10月12日〜14日)、NYCでは銃撃事件がありませんでした。これは何十年も達成できていなかった目標の1つです」──ニューヨーク市警察本部長Ro...
10月27日、Instagramは自殺・自傷行為に関する規制を強化するためポリシーをアップデートした。今回のアップデートでInstagramはアニメや漫画...
あらためて話題となっているのがゲーム障害だ。この問題は中国だけでなく、世界中で危惧されている。今年の5月には世界保険機関(WHO)がゲーム障害を“国際疾病...
アメリカ発の口コミアプリ「Yelp」は、新型コロナウイルスの経済的影響を報告書にまとめて発表。同アプリにおけるユーザーの検索状況を見ることで消費者の需要の...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディア世の中がザワザワしているーー。戦後70年をむかえる2015年8月。戦争、防...
これまでも環境対策などで率先して規制などを導入してきたハワイ。今回は全米の主要都市を率先して歩きながらの携帯電話、その他手元で使える電子機器の使用を禁止す...
昨年、オランダで開催された「DUTCH DESIGN WEEK」に出展されたYi Fei Chenの「Tear Gun」。これは、涙を凍結して、ピストルに...