子どもの肥満にストップ!「ユニリーバ」が自社のコマーシャルに厳しい規制

世界的に「子どもの肥満率」の増加が懸念されるなか、健康に悪い食品の広告の規制を求める声が増えている。

今月11日、「リプトン」や「ダヴ」などのブランドを展開する世界有数の一般消費財メーカー「ユニリーバ」「子どもを対象にした飲食品の広告・マーケティングを中止する方針」であることを明らかした。2020年末以降から既存メディアでは12歳以下、SNSでは13歳以下に向けた食品広告を一切出さないという。また、子どもに訴求するようなアニメーションキャラやインフルエンサーの起用も廃止するとのこと。

さらに、肥満対策として、今後、子ども向けに販売されるアイスクリームは「糖質12グラム以下、110カロリー以下」のみとすることを公表。社会問題の改善に積極的に取り組む姿勢をみせている。

SDGsへの関心が高まるなか、「なんでも売ろう」という自己利益の追求ではなく、サステイナブルエシカルを考慮する企業は年々増えている。「ユニリーバ」のような巨大企業の決断は、業界に、そして世界に大きな影響を与えるに違いない。

Top image: © iStock.com/Rawpixel
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

サステイナブルを主眼においた蒸留ベンチャー「エシカル・スピリッツ株式会社」と、現代におけるお茶のあり方を提案する「TeaRoom」のコラボで誕生した、エシ...
自社食品工場で発生する製造ロス(端材、はじっこ)を活用した商品「Hazico(ハジコ)シリーズ」を開発してきた「ぶどうの木」。新しい取り組みとして、果汁を...
2020年、進化を遂げた各ブランドのスニーカーのなかから、2021年のスタートダッシュにおすすめのものを6つ紹介する。「デザイン」や「機能性」ばかりでなく...
蒸留ベンチャー「エシカル・スピリッツ」が、カカオを使ったエシカル・ジン「CACAO ÉTHIQUE(カカオ・エシーク)」が予約販売中。
トヨタ自動車のラグジュアリーブランド「LEXUS」が北米市場向けたゲーマー向け車両「Gamers' IS」を発表した。ゲーム配信プラットフォーム「Twit...
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。なぜ無国籍の子どもたちが生まれてしまうのか?をご説明します。
格好良さ、機能性ありき。そのうえで環境に配慮されているサステイナブルなファッションブランドを3つピックアップ。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
2月に発売された「MOFT多機能キャリーケース」は、「PCスタンド+保護ケース+小物入れ」をひとつにまとめた優れ物。しかも、保護ケースからスタンドへの変身...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...