自分の苗字のデザインが気になって仕方ないハンコ「GRAPH」

よくよく考えてみると、「ハンコ」はとても画一的なものだと思う。というより、そもそもそこに個性を求める人なんていなかったはず。自分の苗字が普通に押印できれば何の問題もない。そんな人がほとんどだ。

だからこそ、「GRAPH」の遊び心には面食らった。こんな印影デザイン、アリなのか。

図形と漢字が持つ
「美しさ」を融合

9b111ffbe4b16213acb78dcdc0a15de968ae221b

これまでとはひと味違う、ユニークな印影を見てほしい。OOiNN(オーイン)が制作した「GRAPH」は、キャラクターや模様の装飾ではなく、文字自体をリデザインしたタイポグラフィハンコ。決まったフォントやレイアウトでしか作成できなかったあなたの苗字を、もっと気軽に使えるモダンなデザインにしてくれる。

5c4ceaf400be88c17b6b720c1ff601d67763519d

例えば「山下さん」。これは分かりやすい。

05239f7f6a6d44fffb89aaa6460b5e9c5ddda2b0

ただし、「根岸さん」や、

Eb025f2cc072be1be9ecb4c324c2a760d46c04b6

「桑田さん」は複雑だ。とはいえ、一見すると何と読んでいいのか分からないくらいのほうがデザイン性があって嬉しい気もする。ちなみに、グラフィックデザイナーが苗字に合わせて一つひとつ制作しているそう。

E87a0b4958e3a368c08d70618b0ae81d28ef15d3

シャチハタやボールペンタイプなどボディはさまざま。中には銀行印として使用できるものもあるのだとか。

価格帯は4,000円〜9,000円で、注文はこちらから。ただし、大量生産が難しいことから受注数に限りがあるので、どうしても欲しい人はこまめにHPをチェックしたいところ。ちなみに、年内中に都内の実店舗での販売も予定されているらしい。

自分の苗字が、どんなデザインになるのか。ドキドキしながら完成を待つ時間も楽しそうだ。

Licensed material used with permission by OOiNN
〈JACKAL〉というブランドから発売されている「ZOE(ゾーイ)」と名付けられたハンコ。銃弾を連想させるフォルムがSEXY!
持ち運びが簡単で、充電もほとんど減らない殺菌できるアイテムがある。出先やオフィス、気になる時に気になるところで使用できるというから便利だ。衛生面で心配な旅...
ここで紹介するのは、文房具マニアの少年・山本健太郎くん(当時小学6年生)が作った『文房具図鑑』。れっきとした「本」です。元々、夏の自由研究としてまとめたも...
電卓って、いいよね。でも、なかなかいいのがなくてね。それで、めっちゃ探して、海外から輸入している文房具屋さんの通販で見つけたのが、これ。カバーをパカッと取...
「pencil+」は、小学生の頃の自分に贈りたいカッコイイ鉛筆ホルダー。見た目もシンプルで、どんな場面にも合うデザイン。これを機に鉛筆派になってみるのもあ...
シンプルでデザインに優れる〈POSTALCO(ポスタルコ)〉のミネラルキーホルダー。天然の鉱石を使っているので一点一点模様が違います。
「もしも時間が紙になったら」。そんなアイディアを製品化したのが、紙の専門商社・竹尾とフェリシモのコラボで生まれたこちらのアイテム。500種類の紙によって、...
ボディペイントを自分でやるのは難しいし、シールだと偽物感が気になる。本当に彫る勇気もない…となった時に、私が実際に使ってみて予想以上に気に入ったのが「in...
Instagramを見ていると、気になるものってけっこう出てきますよね。大好きなモデルさんやインスタグラマーが着ている服。友達が身につけている小物。トレン...
意中の人がいても、いつ告白していいか、そしてどんな告白の仕方をすれば良いか、悩んでいる方も多いでしょう。今回はそんな方たちに向けて、どのタイミングで、どん...
自分にとって“移動”というのはとても重要なことで、だからこそ、機動性のためにもできるだけモノを持ちたくない。仕事上、ノートPCとスマホは仕方ないとして、現...
上質な陶器やフレグランスなどで知られる〈ASTIER de VILLATTE(アスティエ・ド・ヴィラット)〉の消しゴム。黒地に金の箔押しという高級感のある...
仮にファッションで例えるとしたら「靴下」といったところでしょうか。ジャケットやパンツ、シューズなどメインとなるアイテムにこだわるのは当たり前。だからこそ、...
畳の縁の部分「畳縁(たたみべり)」で作られたバッグを、ご紹介します。
デザイナーKlemens Schillingerさんが制作したのは、スマホ中毒リハビリ用アイテム。これを使えば、スマホをいじっているときの動作ができるそうです。
毎年4月に新しいスケジュール帳を買っている人も多いはず。でも今年は自分で作ってみるのもアリかも?必要なのは好きなノートとペンだけ。わざわざ好みのスケジュー...
誰でも手軽に「漬物作り」を楽しめるようにーー。そんな思いが込められた、現代のライフスタイルに溶け込む新しい漬物瓶「Picklestone」が話題になってい...
グッドデザイン賞2017を受賞した「さがデザイン」という取り組みを、同取り組みの一貫であるオンラインポストカードをとっかかりとして紹介する。「さがデザイン...
一緒に仕事をしていると何故か心地良かったり、仕事がスムーズに進んだりすることってありますよね。そんな「気が利く人」には必ずと言っていい程、共通する特徴が…...
スニーカーは選ぶのではなく、変化させる時代になるのかも。理想のデザインとの出会いが稀で、新しく買った洋服とのマッチングが気になったりすること、あるかもしれ...