「漬物男子」がデザインした、見せたくなる漬物瓶

誰でも手軽に「漬物作り」を楽しめるようにーー。

そんな思いが込められた、現代のライフスタイルに溶け込む「新しい漬物瓶」が話題になっています。

いまの暮らしに
溶け込む「漬物瓶」を

「一度自分で作った漬物を食べると、市販の『不自然な味』が気になるようになってしまって。だから自分で漬けています」

そう語るのは、今回デザインを手がけた田中友規さん。大手広告代理店デザイナーという肩書きを持ちながら、自身で料理教室も開催する料理男子です。

初めて自分で作った白菜漬けのおいしさが忘れられず、漬け物作りにどっぷりハマったという彼。でもいざ作ろうと思うと、ピッタリの漬物瓶がなかったそう。

大きいかめだと置く場所がない。かといってプラスチック容器や瓶で代用しようとしても、使い勝手が悪いし、ビジュアルも良くない。

もっと手軽に、もっと身近に漬物を楽しむために。彼は自ら「漬け物専用容器」をデザインすることにしたのです。

粋な瓶に込められた
3つのこだわり

漬物瓶「Picklestone」には、現代の生活にフィットするようなこだわりが詰め込まれています。

まず1つめは、何と言ってもそのデザイン。思わず誰かに自慢したくなっちゃいそうな、シンプルで小洒落たものになっています。

2つめは、現代の暮らしに溶け込むサイズ感です。漬物作りにおいてネックとなるのが、スペースの確保。一般的なマンションでは、漬け物用のかめを置けるような冷暗所はなかなかありません。

そこで田中さんが思いついたのは、冷蔵庫のポケットに入れられるような形にするということ。これなら手軽に「漬物作り」を生活に取り入れることができそうです。

そして3つめは、漬物石の素材と形です。石は、日本が誇る香川県産最高級の「庵治石」を使用。これは東京オリンピックの聖火台や、道後温泉の天皇陛下専用風呂にも使われているという一級品です。

石と野菜の間に使われているのは、ヒノキの樹。この香りが野菜にも移り、より贅沢な仕上がりになります。

また、引っ張るだけで簡単に取り外すことができるデザインにして、手軽さをとことん追求しています。

フードロスや安全な食を
考えるきっかけにも

「いつもは捨ててしまうような野菜の切れ端を入れておくだけでも、立派な漬物になります。このポットを身近に置くことで、ちょっとしたフードロス削減や、保存料や着色料を使わない『安全な食』について考えるきっかけになれば」

漬物瓶「Picklestone」は、プロジェクト支援がすでに目標金額の700%を達成するほどの人気ぶり。品切れ状態が続いていますが、随時追加で入荷されているようです。自分で漬けたくなってきた人はこちらをチェックしてみて下さい。

Licensed material used with permission by CAMPFIRE
新潟県の西蒲区周辺に伝わる漬物料理が、この「きりあえ」です。細かく切った大根の味噌漬けに柚子の皮やすり胡麻、砂糖などを和えた郷土料理で、ふりかけのようにし...
銀座の老舗漬物店がつくる茹でたまごのお漬物。
棚に隙間なく収納しようとすると、他人に見せられないくらい汚くなるし、かといってキレイに並べても隙間ができてたくさん収納できない。でも、もし中身の量に合わせ...
7月19日にMoritz Fiegeを製造するブルワリーが、新しいボトルを購入しているけど生産が追いつかないため空き瓶を返却して欲しいと、Facebook...
オランダの子供服ブランド「adam & aoki」が、さらされた紫外線量に応じて袖の色が変わるTシャツを開発!
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
レシピ内に「塩ひとつまみ」と書かれていれば、やっぱりそこは"ひとつまみ"すべきでしょ?
ガラス瓶の中にノスタルジックな風景が写し出された、Christoffer Relanderによる「JARRED&DISPLACED」というプロジェクト。幼...
いま発酵食品が見直されているのは、漬物や酒粕などに含まれる乳酸菌が、日本人の腸にとってもやさしい働きをしてくれるから。こうした日本食文化の知恵がつまった、...
看板メニューは「ゴルゴンゾーラ・エスプーマ」 10種類のソースでムール貝を楽しめる、中目黒のフレンチビストロムール&ビストロ massa〒153-0051...
「1日24時間では足りないと思う程に忙しいとき、マヨネーズの瓶と2杯のコーヒーを思い出して下さい哲学の授業の前に、教授は大きな空のマヨネーズ瓶を持って学生...
新潟・佐渡島は、米、魚、日本酒、野菜、果物とおいしい食材に恵まれた場所。特に農産物は、日照時間や季節による温度差がほどよく、”なんでもよくできる”といわれ...
食の知恵として古くからある保存法に「塩漬け」があります。肉も魚も野菜も、食材の水分を抜いて、保存性を高めるのに塩。塩分濃度が上がればその分、痛みにくくもな...
ナンプラーといえばタイ料理に使われる調味料。発酵を経ることで、魚介のアミノ酸のうまみを感じることができるナンプラーは様々な料理に活用できる万能調味料なんです。
女性が激しくお尻をフリフリする動き。あれはトゥワーク(Twerk)と言うダンスのひとつ。そして、それに着想を得てつくられたのが、今回紹介する「Twerk ...
そうめんにざるそばに、何かと夏場に活躍するのが「めんつゆ」。じつはこの万能つゆ、ちょっとしたおつまみを作る際にも重宝するんですよね。
かつて、脳卒中の割合が全国1位にもなった長野県。塩辛い食生活がその原因らしい、ということで官民一体となって行なったキャンペーンのひとつが「塩の代わりにスパ...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なこと。ーー日本人はひとつの味を同じように、一定の条件の許で食べてい...
ビールやワイン、ジュースなどのボトルや瓶には、思わず残しておきたいと思うようなデザインのものがあります。とはいえ、取っておいても特に使い道がないので、普通...
奈良県の「奈良漬け」は、白瓜やきゅうり、生姜などの野菜を酒粕で漬け込んだ漬物のこと。その歴史は西暦700年代、奈良に都があった平城京の時代にまで遡ります。...
タクシー配車サービスを運営するUberが大胆な発表をしました。優秀なドライバーの大学授業料を肩代わりするとのこと。
ここでは良質な畜産物、海産物、農産物が採れる鹿児島県の調味料をご紹介。鹿児島県の黒豚をはじめ、人気の食材が使われた逸品ばかりです。お気に入りのもの、ぜひ使...
イカを使った漬物と聞くと、ついつい一番身近なイカの塩辛をイメージしてしまいますが、この「するめ糀漬け」はまったく別モノ。その名の通り、塩ではなく糀(こうじ...