「漬物男子」がデザインした、見せたくなる漬物瓶

誰でも手軽に「漬物作り」を楽しめるようにーー。

そんな思いが込められた、現代のライフスタイルに溶け込む「新しい漬物瓶」が話題になっています。

いまの暮らしに
溶け込む「漬物瓶」を

「一度自分で作った漬物を食べると、市販の『不自然な味』が気になるようになってしまって。だから自分で漬けています」

82fc99ebd4944721e73b143befd1b80ebbed9128

そう語るのは、今回デザインを手がけた田中友規さん。大手広告代理店デザイナーという肩書きを持ちながら、自身で料理教室も開催する料理男子です。

初めて自分で作った白菜漬けのおいしさが忘れられず、漬け物作りにどっぷりハマったという彼。でもいざ作ろうと思うと、ピッタリの漬物瓶がなかったそう。

大きいかめだと置く場所がない。かといってプラスチック容器や瓶で代用しようとしても、使い勝手が悪いし、ビジュアルも良くない。

もっと手軽に、もっと身近に漬物を楽しむために。彼は自ら「漬け物専用容器」をデザインすることにしたのです。

粋な瓶に込められた
3つのこだわり

漬物瓶「Picklestone」には、現代の生活にフィットするようなこだわりが詰め込まれています。

まず1つめは、何と言ってもそのデザイン。思わず誰かに自慢したくなっちゃいそうな、シンプルで小洒落たものになっています。

977ab1cc1dfcdc9bfb5edc48139b92db385b8ae9

2つめは、現代の暮らしに溶け込むサイズ感です。漬物作りにおいてネックとなるのが、スペースの確保。一般的なマンションでは、漬け物用のかめを置けるような冷暗所はなかなかありません。

そこで田中さんが思いついたのは、冷蔵庫のポケットに入れられるような形にするということ。これなら手軽に「漬物作り」を生活に取り入れることができそうです。

そして3つめは、漬物石の素材と形です。石は、日本が誇る香川県産最高級の「庵治石」を使用。これは東京オリンピックの聖火台や、道後温泉の天皇陛下専用風呂にも使われているという一級品です。

石と野菜の間に使われているのは、ヒノキの樹。この香りが野菜にも移り、より贅沢な仕上がりになります。

また、引っ張るだけで簡単に取り外すことができるデザインにして、手軽さをとことん追求しています。

フードロスや安全な食を
考えるきっかけにも

9069f7b31c6e253371d1ba57d0be685fcc70d05b

「いつもは捨ててしまうような野菜の切れ端を入れておくだけでも、立派な漬物になります。このポットを身近に置くことで、ちょっとしたフードロス削減や、保存料や着色料を使わない『安全な食』について考えるきっかけになれば」

漬物瓶「Picklestone」は、プロジェクト支援がすでに目標金額の700%を達成するほどの人気ぶり。品切れ状態が続いていますが、随時追加で入荷されているようです。自分で漬けたくなってきた人はこちらをチェックしてみて下さい。

Licensed material used with permission by CAMPFIRE
いま発酵食品が見直されているのは、漬物や酒粕などに含まれる乳酸菌が、日本人の腸にとってもやさしい働きをしてくれるから。こうした日本食文化の知恵がつまった、...
ガラス瓶の中にノスタルジックな風景が写し出された、Christoffer Relanderによる「JARRED&DISPLACED」というプロジェクト。幼...
「1日24時間では足りないと思う程に忙しいとき、マヨネーズの瓶と2杯のコーヒーを思い出して下さい哲学の授業の前に、教授は大きな空のマヨネーズ瓶を持って学生...
食の知恵として古くからある保存法に「塩漬け」があります。肉も魚も野菜も、食材の水分を抜いて、保存性を高めるのに塩。塩分濃度が上がればその分、痛みにくくもな...
かつて、脳卒中の割合が全国1位にもなった長野県。塩辛い食生活がその原因らしい、ということで官民一体となって行なったキャンペーンのひとつが「塩の代わりにスパ...
ビールやワイン、ジュースなどのボトルや瓶には、思わず残しておきたいと思うようなデザインのものがあります。とはいえ、取っておいても特に使い道がないので、普通...
ここでは良質な畜産物、海産物、農産物が採れる鹿児島県の調味料をご紹介。鹿児島県の黒豚をはじめ、人気の食材が使われた逸品ばかりです。お気に入りのもの、ぜひ使...
2015年10月26日(月)に株式会社伊藤園から発売されたのは、私たちにはお馴染みの、“あのシリーズ”の新商品。その名も「お~いお茶 玉露」です。ただしコ...
さりげないデザイン。惹かれるパッケージ。手にとりやすいコンパクトな瓶。詰められているのは、新潟県の離島「佐渡島」の特産品だ。東京23区の1.5倍という広大...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
正直、野菜ジュースが手軽に作れるパウダーってそんなにめずらしくない。野菜・果物・スーパーフードをパウダー状にしてブレンドした「NICE n EASY」を見...
なすを使った料理といえば、どんな食べ方が思いつくでしょう。焼きなす、揚げなす、煮物にしたり、漬物にしたり、調理法はさまざま。でも、きっとこのスタイルは意外...
冷凍しておくと保存期間が延びて便利なのですが、冷凍すると食感が変わってしまうというデメリットも。しかし、冷凍することで逆に味がしみやすくなったり柔らかくな...
コンビニやスーパーに並ぶ食品なら、おおよその原料と添加物がわかりますが、居酒屋やファミリーレストランなどの外食の場合、原材料は何も表示されていません。消費...
カラフルな食材の色彩を応用しない手はない!と、Erin McDowellさんが紹介したレシピは、ありもので十分賄えそうなフードカラーリングソースの作りかた...
九十九里の上質な落花生と甜菜糖と塩、本当にそれだけの材料で作ったピーナッツバター、「HAPPY NUTS DAY」。このサイズなら持ち歩けます。
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
シンプルで飽きのこないデザインが魅力の琺瑯(ほうろう)。料理家のみならずスタイリストからも愛好され、セレクトショップの棚を飾るこの調理器具の本当の魅力を知...
コンビニやスーパーに並ぶ食品には、「本物」に見せかけるために、いくつもの添加物を使った「フェイク食品」など、体への影響が心配になる加工食品が数多くあります...
冷蔵庫を開けた時に、アスパラガスしかない……。でもお腹を満たしたいし、おいしい料理が食べたい!ここでは「しかない料理研究家」の五十嵐豪が、そんなニーズに応...