漬物に新時代到来!サブスク型「和ピクルス」がおもしろい

スーパーで目にする漬物といえば、味付けの違いはあれど、ほとんどが白菜、きゅうり、ナス、大根。小売りの選択肢はじつはあまり多くない。「飲み屋でちょっと食べるくらいでいい」。いまどき漬物とのつき合いは、その程度だろうか?

でも、この「和もん」は別軸で考えた方がいい。

だし・酢・野菜でつくる和のピクルス(「和ピクルス」)。季節に応じたオススメの漬物が郵便ポストに届く。つまりはサブスク型のサービス。もう、この時点でかなり斬新ではないか。

寿司職人監修!天然だし香る
食べきりサイズの「漬物」

©SEAM

まず、「和もん」は食べごろサイズな「量」がいい。

およそ40g。多すぎず好きなすぎず、1〜2回の食事で食べきれるため余らせることもない。

さらに、バラエティに富んだ「素材」がいい。

たけのこ、ごぼう、ニンニク、イチゴやトロピカルフルーツといった果物まで!季節ごとの味わいを楽しめる。どれも生産者から直接仕入れた国産有機野菜やフルーツだ。

そして、何より天然素材でつくる「つけ汁」がいい。

添加物や化学調味料不使用は言わずもがな。じつは「和もん」、創業120年の老舗だし屋の天然だしと、こちらも創業110年の天然酢を使ってピクルス液(和もんエッセンス)をつくりだしている。

この“エッセンス”を監修するのが、赤羽の名店「すし処 みや古分店」亭主・野口佳之氏。素材ごとにだしと酢の配合を変え、最適なエッセンスを生み出すというのだから、そこいらのピクルスや漬物と並列に考えるのは早計というもの。

食べ終わったあとの「つけ汁」こそ
「和もん」第二の楽しみ

©SEAM

出汁を染み込ませることで過度な酸味を抑え、漬物ともピクルスとも言えぬその中間を絶妙に表現。それもあってか、和食はもちろんパスタ料理や洋風の煮込みなんかでも、ばっちり“箸休め”となってくれる。じつにかしこい!

では、そのエッセンスをどう楽しむか?

すし酢の代わりとするのもいいが、オススメはEXヴァージン・オリーブオイルを加え撹拌して仕上げるドレッシング。いまの時期なら冷製パスタソースに加えても、味に奥行きを生んでくれる。きわめつけは、エッセンスをソーダで割ったサワーカクテル。果実酢のそれだ。

とまあ、素材を楽しんだあとまで料理好きにはオモシロい設計の「和もん」。ともすると、漬物を食べたあとの使い道から逆算してつくられているんじゃないか? なんて勘ぐりたくなる。そんな出来なんです。

©SEAM
©SEAM

すでに応援購入サービス「Makuake」での事前予約分は終了。現在、公式サイトがローンチし、そこから注文が可能。

漬物の定期購読という新しい食体験は、始めるなら今しかない!

Top image: © SEAM

関連する記事

日本一晴れの日が多いと言われている岡山県の小田郡にある、矢掛町みかわ地区。みかわてらすの「陽気なピクルス」は、あたたかい陽をよく浴びた野菜で作られています。
新潟県の西蒲区周辺に伝わる漬物料理が、この「きりあえ」です。細かく切った大根の味噌漬けに柚子の皮やすり胡麻、砂糖などを和えた郷土料理で、ふりかけのようにし...
誰でも手軽に「漬物作り」を楽しめるようにーー。そんな思いが込められた、現代のライフスタイルに溶け込む新しい漬物瓶「Picklestone」が話題になってい...
ピクルスと言えば、少し食感が固めの食材をイメージしがちですが、今回提案するのはアボガドのピクルス。聞いたことがないし、見たこともない人がほとんどだと思いま...
アメリカからはじまり、世界各地で流行の兆しがあるHard Seltzer(ハードセルツァー)。今回はハードセルツァーとは何か、日本上陸しているハードセルツ...
極寒の国ロシアの伝統的なスープを紹介します。体の中まであったまる一杯はどんなものだと思います?野菜が主体のスープですが、味の決め手はナント、ピクルスの漬け...
「京つけもの西利」が新展開するブランド「AMACO」より登場したチョコレートとパウンドケーキは、お米と麹で作った甘麹をラブレ乳酸菌で発酵させた「乳酸発酵甘...
初めて食べると驚くビリうま。山椒のように舌がしびれるジャンブーの花のピクルス(醤油漬け)です。不思議な感覚でおいしい!――ブラジルのお酒と料理 特集
ピクルスって、好き嫌いがはっきり分かれる食べ物ですよね。好きな人は一度にいくらでも食べることができるでしょうが、あのままカリカリと食べるほかは、ピクルスを...
銀座の老舗漬物店がつくる茹でたまごのお漬物。
ドクターブロナー(DR.BRONNER)の定番商品「マジックソープ」。そのラベルに込められた「想い」とは?
新元号の「令和」が発表された直後、多くの人が「REIWA(西オーストラリア不動産研究所)」に注目。4月1日、REIWAのWEBサイトのトラフィックは、7割...
ライブ映像が定額で見放題の新サービス「サブスクLIVE」が登場。「LINE LIVE プレミアムチャンネル」上で、提携ライブハウスのライブ映像やリモートの...
「株式会社THEATER GUILD」が、7月1日、サブスクリプション型映画館「シアターギルド」をオープン。専用ワイヤレスイヤホンで独特の没入感が楽しめる。
2020年にサブスク解禁「してほしい」有名アーティストをまとめてみました!
お米に愛される土鍋「best pot」を販売する「株式会社MOLATURA」が今月1日から、季節に合わせた貴重なお米が届くサービス「お米のサブスク」を開始。
ランチ、フィットネス、焼きたてパン、ブランド家具に航空券のサブスクリプションまで!毎日の生活が、ちょっと「幸せ」に、かなり「おトク」になるサブスクサービス...
「subsclife」はブランド家具のサブスク。月額500円から利用できます。
「USEDを拡張する進化型古着屋“森”」が月額5000円(税込)で“服を永く着るため”のサブスプリクションサービスを今月12日(火)からスタート。
「日本コカ・コーラ株式会社」の「GO:GOOD」ブランドから、あの「キッコーマン」監修の和だし飲料「GO:GOOD ゴクっ!と旨い和だし」が新登場。
タクシーやライドシェア、便利な宅配サービスなどで知られるUberが、サブスクリプション型の月間パスの試験導入を開始したようだ。Uberが仕掛ける「サブスク...
毎月29日の「肉の日」に、肉を知り尽くした“肉のプロたち”が厳選したお肉が定期で届くサービス「お肉のサブスク(定期便)」が今月1日からスタート。
寺院などで使用する和ろうそくをメインで製造する「中村ローソク」と地域活性化プロデュースを手掛ける「シャノワ」が共同開発した「めいそうROUSOKU」が発売...
先日の「映像メディアユーザー実態調査2020」によると、2019年の日本市場では有料テレビ放送、SVODの"サブスク"が、DVD・ブルーレイ レンタル、T...
2018年、ついにケチャップは新時代に突入。
「岩下食品」の人気商品「岩下の新生姜」が「サンヨー食品」とのコラボで「岩下の新生姜味塩焼きそば」として発売(6/29)。「岩下の新生姜」に使用しているショ...
イギリス「ブルネル大学」で心理学講師を務めるレイ・ノーベリー博士は、3730人の被験者を「朝型」と「夜型」に分けて、「UKバイオバンク」から得た脳のスキャ...
いま発酵食品が見直されているのは、漬物や酒粕などに含まれる乳酸菌が、日本人の腸にとってもやさしい働きをしてくれるから。こうした日本食文化の知恵がつまった、...
使い込むほど魅力が高まる家具や日用品を、サブスクリプション型で提供する新サービス「(tefu)vintage supplies」が誕生。
ひとときのコーヒーブームもひと段落した感があり、さて、次は緑茶だ、紅茶だ、なんて話題になるけれど、じゃあ実際「紅茶ってなんだ?」って聞かれたら、僕自身よく...