箱買い必至!「岩下の新生姜」が「カップ焼そば」になって登場

「イワシタといえばコレ!」と誰もが思う「岩下食品」の定番商品「岩下の新生姜」が、この夏「カップ焼きそば」として登場する。

もう、この一文だけで箱買いを決めたファンも少なくないはず。優しい辛さ、爽やかな香り、シャキシャキの食感が焼きそばに合わないわけがない!

と、やや先走っていちファンの心象を述べてしまったが、今回の商品化は「サッポロ一番」でおなじみの「サンヨー食品」とのコラボで実現したもの。

©岩下食品株式会社

イメージカラーのピンクを基調にした、カップ焼きそばらしからぬパッケージがすでに新鮮。ロゴもまんま……ん?「岩下の新生姜(味)」とはこれいかに?

なんでも、「岩下の新生姜」に使用しているショウガから作ったショウガ粉末を塩味の焼きそば粉末ソースに配合しているらしい。てことは、アノの新生姜は入ってないんだ(笑)

たんに焼きそばの上に「岩下の新生姜」をトッピングすれば済むハナシ?いえいえ、それならファンはもうやっている。酸味とピリ辛な味わいが、焼きそばになるから食べたいんだ。

発売は6月29日(月)。それまで待てないという人は、先行で6月1日に発売された「焼きそば専用 岩下の新生姜」を塩焼きそばにのせてお試しを。千切りにした焼きそば専用の新生姜って、おいおい、そんな商品もあるんかーい!

©岩下食品株式会社
Top image: © 岩下食品株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
寿司職人監修のもと、添加物や化学調味料は一切使わず、天然だしと天然のお酢を使ってつくる新しい漬物「和ピクルス」。毎月ポストに届くサブスク型というのもおもしろい!
4月25日よりイケアストアにて植物由来100%のカップラーメン「プラントラーメン」が発売開始。
大阪ミナミの宗右衛門町にある、大日館ビル。THE・雑居ビルとも言うべきこの場所に足を運んだのにはワケが…。それは、「大阪を代表する、ふわふわ系お好み焼があ...
自然分解されるバンブーファイバーで作られたコーヒーカップ「Ecoffee Cup」より、異国の風情が漂うオシャレな新デザインが登場!
世界最小のルービックキューブ「極小ルービックキューブ-0.99cm超精密金属製-」がお目見え!
誰でも手軽に「漬物作り」を楽しめるようにーー。そんな思いが込められた、現代のライフスタイルに溶け込む新しい漬物瓶「Picklestone」が話題になってい...
新潟県の西蒲区周辺に伝わる漬物料理が、この「きりあえ」です。細かく切った大根の味噌漬けに柚子の皮やすり胡麻、砂糖などを和えた郷土料理で、ふりかけのようにし...
「Mandem Safe」はAdidasとNikeの箱に収まるようにデザインされた金庫です。
11月1日、「東急グルメフロント」は東急線沿線で展開している駅そば店「しぶそば」で利用できるサブスクリプションサービスを始めた。
読谷、恩納、那覇に店舗を構える「金月そば」。それぞれに異なった楽しみ方ができますが、ここで紹介する恩納店には「沖縄つけそば」があります。そもそもお店自体が...
アプリと連携して、自宅で心地よいスパ体験ができる入浴剤「薬用入浴剤 デイリーミネラル」が「Makuake」で販売中。五感で感じる最高のととのい体験をぜひ。
温め、冷蔵、冷凍、湯沸かし、スムージー、超多機能弁当箱「Neoven」。
日本人の体型に合わせて開発された日本初の月経カップ『ROSE CUP(ローズカップ)』の魅力や他社製品との違い、使用可能時間など気になる疑問をメーカーの「...
「CHEESE PRINTER(チーズプリンター)」と記されたこの箱、先にネタばらしをすると、実はただの空箱なんです。商品の概要が記された裏面を見せてから...
11月末に代々木公園で開催される「大江戸和宴 〜そばと日本酒の博覧会〜」。2年目となる今年も、昨年に続いて全国のそば処、酒処から選りすぐりの逸品が集合する...
第3の生理用品と注目の「月経カップ(生理カップ)」のメリット・デメリット、正しい使い方、スムーズな入れ方、メンテナンス方法まで気になる疑問を専門家に徹底取材。
近年再びブームになりつつあるナイキの人気スニーカー「ダンク」が、あの国民的漫画と驚きのコラボレーションを発表。今年で連載が始まってから50周年を迎えるとい...
9月25日にクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて、資金調達に成功した「NOTA Mole Tracker」は、あなたのホクロが悪性か...
もちろん、そのままだって十分においしいのですが、そこにちょい足しするだけでもっとアジアが近くなるっていうか。
クラウドファンディングで資金調達中の貯金箱「GoSave」は、お金の大切さを子どもに学んでほしいという想いで開発された。
スタバのコーヒーカップを大変身させるアートです。
「CrunchCup」は、シリアルをサクサクの状態で持ち運べる専用カップ。食べるその瞬間までふにゃふにゃにすることなく、あの触感を愉しめます。
ドバイのデザイン事務所「Tinkah」が作ったコーヒーカップ。4個セットで約2万円(650AED)。少々高い気もしますが、大切な人へのプレゼントとしておす...
台湾のデザイナーMikey WuさんとFang Shihさんが、タピオカ専用エコカップ「Float」を製作しました。