そうめんの横に添える「にんにく」のおつまみ

そうめんにざるそばに、何かと夏場に活躍するのが「めんつゆ」。じつはこの万能つゆ、ちょっとしたおつまみを作る際にも重宝するんですよね。

めんつゆでつくるお漬物

なかでもオススメなのが「ニンニクのめんつゆ漬け」。レンチンしたニンニクをめんつゆに漬けておくだけ。簡単でしょ?ビールや日本酒とよく合いますよ。

ニンニクの皮をむいて耐熱容器に入れます。お水を大さじ5くらい加えてラップをかけて、500Wのレンジで2分30秒ほど加熱して、中まで火を通します。水気は切っておきましょう。

これを煮沸消毒した保存容器に入れて、めんつゆ(2倍濃縮)を1.5倍の水で薄めてをそそぎ、冷蔵庫でひと番ねかせればできあがり。辛いのがお好きな方は、輪切り唐辛子をちょっと加えると、ピリ辛に仕上がります。

Text used with permission by FOOD CREATIVE FACTORY
Top image: © iStock.com/peterzsuzsa
用途は麺類に使うだけじゃなくて、ほかにもたくさん。大活躍の万能調味料です。
アレンジされた進化系そうめんは20種類恵比寿で話題の創作そうめん専門店 
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
香川県の小豆島にある「マルカツ製麺所」。Instagramでほぼ毎日のようにそうめんの製法をUPしているが、そのフォロワーは4600人超。そうめんの美しさ...
今年もこの日がやって来る。ニャンニャンニャンの語呂合わせから、日本では2月22日を「猫の日」と呼んでいる。いつ誰が制定した?世界猫の日との違いは?などの意...
茹でてクタクタになった素麺が激変!
かつて、フランス料理において泡=タブーな時代がありました。漉しが足りなかったり、温度が高すぎたり…料理人はスープやソースから泡をなくすべく格闘していたので...
ナンプラーといえばタイ料理に使われる調味料。発酵を経ることで、魚介のアミノ酸のうまみを感じることができるナンプラーは様々な料理に活用できる万能調味料なんです。
あっという間に市販の味を再現できる、こんなレシピはいかがでしょう。
暑い日にこそ食べたくなる、冷たいそうめん。茹ですぎて余らせてしまった…そんな経験はありませんか?そんなとき、余ったそうめんでおいしいスイーツが作れるなら、...
みにゃさまに愛されるような商品名を、などたくさんのこだわりを詰め込んだ「にゃりんとう カリカリ気分のかりんとう」は、「インコラーメン」でおなじみの愛知「小...
パッケージで微笑む女の子がかわいい福岡の「お子さまめんたいこ」。出汁が効いた唐辛子抜きの明太子で、お子さまと言わず辛いものが苦手な人にもぴったり。おにぎり...
そうめんと冷麦。どちらも暑い夏のお供として馴染みのある食べ物ですよね。でも、その違いを実はイマイチ理解していない…そんな人のために、これらの特徴をまとめて...
レシピ内に「塩ひとつまみ」と書かれていれば、やっぱりそこは"ひとつまみ"すべきでしょ?
普段は脇役として活躍する調味料。使い方次第では、立派な主役になるそう。冷蔵庫の食材が少なくても作れる「調味料が主役になるレシピ」を2品紹介します。
食卓にすっかり浸透した「ゆず胡椒」。そんなゆず胡椒愛好家の間で、話題になっているのが「かんずり」という調味料。その「かんずり」の魅力や料理がグンとおいしく...
「SAZABY」のユニセックスライン「PLUS LINE」。同ラインから2019年秋に発売され、入荷のたびに完売が続く「ROUND DAYPACK」にSm...
マインドフルネス支援アプリ「Relook(リルック)」が今月から、より手軽に継続してもらうことを目的に、1日10秒でできるマインドフルネスを紹介した7日間...
しその葉を使ってつくる大葉味噌。そのままでも、調味料としても、万能です。
バルサミコ酢の進化版「Ball-samico」。使いたいときに削ってふりかける球状が特徴です。
誰でも手軽に「漬物作り」を楽しめるようにーー。そんな思いが込められた、現代のライフスタイルに溶け込む新しい漬物瓶「Picklestone」が話題になってい...
ひと振りで手軽にシェフの味を再現でき、どんな料理にも合う万能調味料。「クレイジーソルト」さえあれば、クリスマスディナーは失敗知らず!
新潟県の西蒲区周辺に伝わる漬物料理が、この「きりあえ」です。細かく切った大根の味噌漬けに柚子の皮やすり胡麻、砂糖などを和えた郷土料理で、ふりかけのようにし...
ここでは良質な畜産物、海産物、農産物が採れる鹿児島県の調味料をご紹介。鹿児島県の黒豚をはじめ、人気の食材が使われた逸品ばかりです。お気に入りのもの、ぜひ使...