そうめんの横に添える「にんにく」のおつまみ

そうめんにざるそばに、何かと夏場に活躍するのが「めんつゆ」。じつはこの万能つゆ、ちょっとしたおつまみを作る際にも重宝するんですよね。

めんつゆでつくるお漬物

なかでもオススメなのが「ニンニクのめんつゆ漬け」。レンチンしたニンニクをめんつゆに漬けておくだけ。簡単でしょ?ビールや日本酒とよく合いますよ。

ニンニクの皮をむいて耐熱容器に入れます。お水を大さじ5くらい加えてラップをかけて、500Wのレンジで2分30秒ほど加熱して、中まで火を通します。水気は切っておきましょう。

これを煮沸消毒した保存容器に入れて、めんつゆ(2倍濃縮)を1.5倍の水で薄めてをそそぎ、冷蔵庫でひと番ねかせればできあがり。辛いのがお好きな方は、輪切り唐辛子をちょっと加えると、ピリ辛に仕上がります。

Text used with permission by FOOD CREATIVE FACTORY
Top image: © iStock.com/peterzsuzsa
用途は麺類に使うだけじゃなくて、ほかにもたくさん。大活躍の万能調味料です。
アレンジされた進化系そうめんは20種類恵比寿で話題の創作そうめん専門店 
あっという間に市販の味を再現できる、こんなレシピはいかがでしょう。
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
「CORALバッグ」はコンパクトに折りたたみができる、財布とバッグ一体型のアイテム。必要なときにはバッグになり、必要ないときには財布に戻る。
「和ビーガン」をコンセプトに活躍しているシェフ・本道佳子さんの愛用調味料「本道佳子のさしすせそ」。添加物不使用、調味料自体に旨味やコクがありながらも後味が...
香川県の小豆島にある「マルカツ製麺所」。Instagramでほぼ毎日のようにそうめんの製法をUPしているが、そのフォロワーは4600人超。そうめんの美しさ...
しその葉を使ってつくる大葉味噌。そのままでも、調味料としても、万能です。
どこの家庭にもありそうな調味料2つを掛け合わせることで、まさかの動物系 × 魚介系のWスープに!ラーメンのプロに聞いた、最高においしい「家つけ麺」です。
ナンプラーといえばタイ料理に使われる調味料。発酵を経ることで、魚介のアミノ酸のうまみを感じることができるナンプラーは様々な料理に活用できる万能調味料なんです。
総合酒類メーカーの「明利酒類」は、焼き芋の凝縮された甘みに注目して研究開発を進め、新感覚の焼き芋カクテル“酔う焼き芋”を完成させた。さつまいものなかでもっ...
茹でてクタクタになった素麺が激変!
かつて、フランス料理において泡=タブーな時代がありました。漉しが足りなかったり、温度が高すぎたり…料理人はスープやソースから泡をなくすべく格闘していたので...
パッケージで微笑む女の子がかわいい福岡の「お子さまめんたいこ」。出汁が効いた唐辛子抜きの明太子で、お子さまと言わず辛いものが苦手な人にもぴったり。おにぎり...
フリーランスのラーメン屋、鯛骨拉麺「鯛祥」の横山祥太郎さん。“おうち用”のアレンジは、まさかの「サッポロ一番」でつくる坦々麺!これ、無限に食べられます。
「スマトラサンバル」は、トバ湖周辺の森林に自生しているアンダリマンペッパー(山椒)と青唐辛子やレモングラスなどをブレンドしたチリソースで、爽やかなしびれと...
イタリアが生んだ人気ファッションブランド「ヴェルサーチ」の2021春夏コレクションにプラスサイズモデルが起用され、公式Instagramにはブランドへの称...
JR「土浦駅」に直結する日本最大級のサイクリングリゾート「プレイアトレ土浦」内に「星野リゾート BEB5 土浦」がグランドオープンした。
レシピ内に「塩ひとつまみ」と書かれていれば、やっぱりそこは"ひとつまみ"すべきでしょ?
暑い日にこそ食べたくなる、冷たいそうめん。茹ですぎて余らせてしまった…そんな経験はありませんか?そんなとき、余ったそうめんでおいしいスイーツが作れるなら、...
そうめんと冷麦。どちらも暑い夏のお供として馴染みのある食べ物ですよね。でも、その違いを実はイマイチ理解していない…そんな人のために、これらの特徴をまとめて...
寿司職人監修のもと、添加物や化学調味料は一切使わず、天然だしと天然のお酢を使ってつくる新しい漬物「和ピクルス」。毎月ポストに届くサブスク型というのもおもしろい!
普段は脇役として活躍する調味料。使い方次第では、立派な主役になるそう。冷蔵庫の食材が少なくても作れる「調味料が主役になるレシピ」を2品紹介します。
食卓にすっかり浸透した「ゆず胡椒」。そんなゆず胡椒愛好家の間で、話題になっているのが「かんずり」という調味料。その「かんずり」の魅力や料理がグンとおいしく...