永久保存版の遠い日の記憶。

これからずーっと、死ぬまでとっておきたいモノって何だろう。恋人からもらった指輪、苦労して手に入れた栄光のトロフィーなど。人によって一生の宝物はきっと違う。

ガラス瓶の中にノスタルジックな風景が写し出された、Christoffer Relanderによる「JARRED&DISPLACED」というプロジェクト。瓶の中の景色を眺めて、じっくり大切なコトについて考えてみよう。

思い出を逃さないように。

Ba0aecbfdda9a8069fae85a2b73d9cc2bc4eb3f9

はじめに伝えておくと、瓶の中に何か入れているのではなく、一コマに複数の画像を写す多重露光の技術により生まれた作品。

幼少期に祖父と一緒に田舎で虫や草花を集めて瓶の中に詰めた思い出を、今だに鮮明に覚えているというChristoffer。自然に囲まれた町で、森で遊んだり、冬になると雪の積もった丘をソリで滑ったり。彼にとって、少年時代の記憶は何よりもかけがえのないものなんだ。

75932c266d5a42eece84737b227ebf6ec8da71d9

他の人から見ると、何気ないような瓶の中身。でも、自分にとっての一生の宝物って、忘れたくない思い出なんじゃないかと私は思った。

手に取れるものではなく、時間の流れとともにどんどん愛しくなる“カタチのない”もの。だから、Christofferは子ども時代に感じたことを逃さないように封をした瓶を写し出したのかもしれない。

6633d44f26f37bb508da15908087c428ad7370929fd6011af34383b2c9bf77c04ee0d53e19d94837C58bde17798db9256d1489f11587872c182d1eb804ffe085671493dee87e91c0310741dd66886296Facf676dfdd0a329ff69efbf995ab4bbb37099e6Dfc2adf99a1d8ee901a4723ca2ddeed95e202251626b945ba2fb76a392d275f2378522ce76e64aca
Licensed material used with permission by Christoffer Relander
9歳の時から写真を撮りはじめたフォトグラファーのNicole Magnoliaさん。生まれつき視力が極端に悪く、彼女が生きてきた世界はいつもぼやけていたそ...
現在20歳のConor Nickersonは、少年時代の自分と青年になった自分が一緒にうつる合成写真を作り出した。はじめは、ただの個人的な挑戦だったのらし...
スマホに保存したり、財布の中にしまっていたり、自分にとっての大切な写真は常に持ち歩きたい。そうすることで、いつも大好きな人たちとの思い出にひたることができ...
棚に隙間なく収納しようとすると、他人に見せられないくらい汚くなるし、かといってキレイに並べても隙間ができてたくさん収納できない。でも、もし中身の量に合わせ...
日本ではまだまだ知られていない博物館「The Neon Museum Las Vegas」。ここはラスベガスのダウンタウンから北に10kmほど離れた場所に...
スウェーデンの決済プロバイダー「Klarna」が、自社のプロモーションも兼ねて粋な方法で万引防止に乗り出した!動画には商品を持ったままポカ〜ンとする犯人の姿も。
コロンビア大学がプロテインの働きを抑制することで特定の記憶のみを削除する薬を開発、動物実験で成功したという。PTSD患者の治療などを目的に記憶の編集・消去...
持っているから「思い出」なのか? 失ってしまうから「思い出」なのか?
できるだけ記憶が鮮明なうちに。
SNSのおかげで気軽に思い出を残せるようになりました。とは言いつつも、記憶の深度はだんだんと浅くなっているのかもしれません。だから、時代に逆行するアナログ...
どちらもスペックは良くないけど、そもそもかわいさと安さしか求めてなかったのでオールオッケー!『フライング タイガー コペンハーゲン』さまさまです。
小さな頃は、ずっと一緒にいたのに。
旅の思い出を記録に残す方法は写真や動画が一般的。それ以外では、せいぜいスケッチといったところですよね?でも、ファッションデザイナーのTERESA LIM氏...
画像検索をしたキャラクターと風景や人を組み合わせるLes Photos De Francoisの写真。キッカケは、ジョークのつもりで友人の子どもと画像を合...
これを、私は「保存ラップ革命」と呼びたい!
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」で秋の夜長を楽しむ女の子をスナップ&セルフィー。アンケートへの名解答&珍解答にも注目!
誰でも手軽に「漬物作り」を楽しめるようにーー。そんな思いが込められた、現代のライフスタイルに溶け込む新しい漬物瓶「Picklestone」が話題になってい...
よみがえってくるのは。
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
まだ自分が小さかった頃、毎日のように絵を描いては、得意げに父や母に見せていた記憶があります。やがて大きくなったとき、両親は大切に保管していたその絵を、宝も...
楽しいこともあれば、誰もが苦しんだ時期もあろう青春時代。「The School of Life」によると、その苦しみは、その後の人生である重要なことにつな...
2012年から子どもたちとの夏休みは必ず田舎で過ごす写真家であり2児の母親でもあるIzabela Urbaniak。ポーランドの都会で育った子どもたちが、...
新潟・佐渡島は、米、魚、日本酒、野菜、果物とおいしい食材に恵まれた場所。特に農産物は、日照時間や季節による温度差がほどよく、”なんでもよくできる”といわれ...
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...