ゲイ映画の金字塔『ブロークバック・マウンテン』が永久保存に

今でこそLGBTQの恋愛が描かれる映画は珍しくありませんが、この作品の影響はやはり大きいのではないでしょうか。2005年に公開された『ブロークバック・マウンテン』です。

この男性同士の愛を貫いたふたりの人間ドラマが、2018年度の「アメリカ国立フィルム登録簿(National Film Registry)」に追加される作品のひとつとして選定。今後は、アメリカ議会図書館にフィルムが永久保存されます。

「アメリカ国立フィルム登録簿」の評価基準は、公開から最低でも10年経過していて、その映画がアメリカ文化の向上に貢献したかどうかというもの。つまり、『ブロークバック・マウンテン』は多くの人に影響を与えたと認められたわけです。

これを機に、ここ十数年のアメリカ文化の変容を頭に思いながらもう一度見返すと、違った感想を得られるかもしれませんね。

Top image: © Rawpixel.com/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ネットフリックスが、10月31日、オンライン配信をする前に、オリジナルの新作映画を劇場で上映すると発表しました。
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
逗子海岸映画祭に込められたメッセージ ~ Why we play with earth ~ 「逗子海岸映画祭」とは、国内外の優れた映画を、海岸という絶好の...
SF映画の金字塔「E.T.」の有名なシーンに、日本メーカー「KUWAHARA(クワハラ)」の自転車が起用された理由!
人気ゲーム「フォートナイト」が「赤十字国際委員会(ICRC)」と異色コラボした新ゲームモード「ライフラン」は、ゲームを通して、地雷撤去や救援物資の支給、イ...