ゲイカルチャーのアイコン「Tom of Finland」の作品展が日本初上陸!

※本展覧会は新型コロナウイルスの影響のため延期となり、2020年9月18日(金)〜10月5日(月)に開催されることとなりました。

“Tom of Finland”として知られるフィンランド出身のアーティスト、トウコ・ヴァリオ・ラークソネンの日本初となる個展の開催が決定した。

ホモエロティックなビジュアルの作品や20世紀後半のカルチャーシーンに多大な影響を与えたことで名を馳せた氏は、ゲイカルチャーのアイコン的存在

イラストやドローイング、版画、ペインティングなど、彼が残した作品は3500点以上。ゲイの人々が変えようと戦っていた法律や社会の厳しい現実に直面しながらも、男性の身体を官能的に描くことで、近代社会における男性らしさやゲイの立場を再定義することを試みた。

本展覧会「Reality & Fantasy The World of Tom of Finland」が開催される今年は、生誕100周年の節目。1946年から1989年の間に製作された30点の作品が展示され、氏のキャリア全体を網羅しながら多彩な才能に注目すると同時に、LGBTQの権利を世界中に推し進め、ゲイ・カルチャーの創成期を担ったレジェンドとしての一面も紹介される。

期間は4月24日(金)〜5月11日(月)、会場は「渋谷PARCO」地下の「GALLERY X」。

性の解放とともにファンタジーの世界を追求したTom of Finlandの世界観に、ぜひ触れてみてほしい。

TOM OF FINLAND (Finnish, 1920-1991), Untitled (From the Athletic Model Guild "Motorcycle Thief" series), 1964, Graphiteon paper, 8.88 in. x 12.88 in., Tom of Finland Foundation permanent collection, © 1964 - 2020 Tom of Finland Foundation
TOM OF FINLAND (Finnish, 1920-1991), David, a Beauty, 1989, Graphite on paper, 14.38 in. x 10.44 in., Tom of Finland Foundation permanent collection, © 1989 - 2020 Tom of Finland Foundation
©Tom of Finland

『Reality & Fantasy The World of Tom of Finland』

【会場】GALLERY X(「渋谷PARCO」B1F)
【期間】4月24日(金)〜5月11日(月)
【時間】11:00〜21:00 ※最終入場は営業終了時間の30分前、最終日は18:00終了
【入場料】500円(未就学児の入場は不可)
【公式URL】https://art.parco.jp/galleryx/detail/?id=396

Top Image:TOM OF FINLAND (Finnish, 1920-1991), Tom's Finnish Tango, 1947, Gouache on paper, 11.38 in. x 8.13 in., Tom of Finland Foundation permanent collection, © 1947 - 2020 Tom of Finland Foundation
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
最近聞かない日はないともいえるジェンダーの話。この記事では、LGBTQの意味やLGBTQへの取り組みについて紹介していきます。
ロサンゼルスにあるゲイポルノ専門店「サーカス・オブ・ブックス」。30年以上前から同性愛者コミュニティの居場所を作ってきた本店を通して、LGBTQの歴史を紐解く。
米アニメスタジオ「ピクサー」が、ゲイカップルを主役としたアニメーション短編作品『Out(アウト)』を公開。「ピクサー」史上初となる“LGBTQを主人公にし...
一昔前とは比べ物にならないほど、様々な形の家族がある今。「Gays With Kids」と名付けられたWEBサイトがある。ここには、ゲイの家族の幸せそうな...
米テニーノでは、コロナ渦の影響での経済的困窮を証明できる住民に対して、地域内の多くの店で使用可能な月額300ドル分の木製の貨幣を支給している。
世界最大級のマッチングアプリであるTinderは、LGBTQユーザーのために新機能を追加した。その機能とは、同性愛が違法とされる国に旅行中のユーザーを「リ...
私がニューヨークを離れた大きな理由の一つが「マッチング文化」。3年間付き合ったパートナーと別れたとき、私はオンラインマッチングの流行に乗り遅れて、その世界...
「Glacier Pools」と称されたTom Hegenさんの作品は、直訳すると「氷河のプール」という意味。詳しいロケーションは明かされていませんが、ア...
本日、「Visit Finland(フィンランド政府観光局)」が「バーチャル Rent a Finn(レント・ア・フィン)」をスタートする。
男性同士の愛を貫いた2人の人間ドラマ『ブロークバック・マウンテン』が、2018年度の「アメリカ国立フィルム登録簿」に追加される作品の1つとして選定。アメリ...
本日10月1日、「リーボック」がブランド初の植物由来素材を原料とする高機能性ランニングシューズ「FOREVER FLOATRIDE GROW」を発売する。
ドイツ・ベルリンにある博物館「Schwules Museum」は、1985年から2018年までLGBTQを題材にしたゲームを紹介する展示会「Rainbow...
「ARCTIC BLUE GIN」は、蒸留酒のナンバーワンを決める「THE SPRIT OF THE YEAR 2018」で頂点に輝いたフィンランド発のク...
2月22日にイリノイ州オーロラで開催された集会でPete Buttigieg(ピート・ブティジェッジ)氏に、自身が同性愛者であることを公表することを手伝っ...
快適な睡眠環境を提供するスリープマスク「nodpod」が、カルフォルニアから日本初上陸。ハグをされているような感覚で優しく包み込んでくれる。
悶絶から美臭まで——。今年1月に宮城・仙台で約19万人を動員した「におい展」が関東に上陸。9月14日から12月8日まで「マークイズみなとみらい」にて開催中だ。
レトロなデザインと革新的な技術を持ち合わせたワイヤレスキーボード「PENNA」。タイプライターからインスピレーションを得てデザインされたというレトロクロー...
「海ではしゃぐマッチョ」や「告白してフラれるマッチョ」など、「マッチョだけのフリー素材」を集めたサイトが登場。
フィンランドで現職世界最年少の女性首相サンナ・マリン氏が誕生!これによりフィンランドの5党の党首は全員女性になる見通しだ。
『ムーミン』の故郷であり、神秘的なオーロラも観測できることから、観光において根強い人気を誇る国、フィンランド。そのフラッグ・キャリアであるフィンエアーおよ...
すべての国民が、最低限の生活を送るのに必要な額の現金を、政府が無条件で定期的に支給する。ベーシックインカムと呼ばれるこの所得補償制度を、福祉国家フィンラン...
11日にフィンランドで「ヘビーメタル編み物世界選手権」が開催された。文字通りヘビメタの音楽にあわせて編み物をするというものだが、これ、写真で見ても動画見て...
フィンランドの国営鉄道「VR」が、長距離列車の切符を購入する際には現金を受け付けないと発表した。9月1日から施行される。
世界最古のシャンパーニュ メゾン「ルイナール」とブラジル出身の現代アーティストVik Muniz(ヴィック ムニーズ)とのコラボレーション作品が代官山「K...