ゲイカルチャーのアイコン「Tom of Finland」の作品展が日本初上陸!

※本展覧会は新型コロナウイルスの影響のため延期となり、2020年9月18日(金)〜10月5日(月)に開催されることとなりました。

“Tom of Finland”として知られるフィンランド出身のアーティスト、トウコ・ヴァリオ・ラークソネンの日本初となる個展の開催が決定した。

ホモエロティックなビジュアルの作品や20世紀後半のカルチャーシーンに多大な影響を与えたことで名を馳せた氏は、ゲイカルチャーのアイコン的存在

イラストやドローイング、版画、ペインティングなど、彼が残した作品は3500点以上。ゲイの人々が変えようと戦っていた法律や社会の厳しい現実に直面しながらも、男性の身体を官能的に描くことで、近代社会における男性らしさやゲイの立場を再定義することを試みた。

本展覧会「Reality & Fantasy The World of Tom of Finland」が開催される今年は、生誕100周年の節目。1946年から1989年の間に製作された30点の作品が展示され、氏のキャリア全体を網羅しながら多彩な才能に注目すると同時に、LGBTQの権利を世界中に推し進め、ゲイ・カルチャーの創成期を担ったレジェンドとしての一面も紹介される。

期間は4月24日(金)〜5月11日(月)、会場は「渋谷PARCO」地下の「GALLERY X」。

性の解放とともにファンタジーの世界を追求したTom of Finlandの世界観に、ぜひ触れてみてほしい。

TOM OF FINLAND (Finnish, 1920-1991), Untitled (From the Athletic Model Guild "Motorcycle Thief" series), 1964, Graphiteon paper, 8.88 in. x 12.88 in., Tom of Finland Foundation permanent collection, © 1964 - 2020 Tom of Finland Foundation
TOM OF FINLAND (Finnish, 1920-1991), David, a Beauty, 1989, Graphite on paper, 14.38 in. x 10.44 in., Tom of Finland Foundation permanent collection, © 1989 - 2020 Tom of Finland Foundation
©Tom of Finland

『Reality & Fantasy The World of Tom of Finland』

【会場】GALLERY X(「渋谷PARCO」B1F)
【期間】4月24日(金)〜5月11日(月)
【時間】11:00〜21:00 ※最終入場は営業終了時間の30分前、最終日は18:00終了
【入場料】500円(未就学児の入場は不可)
【公式URL】https://art.parco.jp/galleryx/detail/?id=396

Top Image:TOM OF FINLAND (Finnish, 1920-1991), Tom's Finnish Tango, 1947, Gouache on paper, 11.38 in. x 8.13 in., Tom of Finland Foundation permanent collection, © 1947 - 2020 Tom of Finland Foundation
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事