ゲイカルチャーのアイコン「Tom of Finland」の作品展が日本初上陸!

※本展覧会は新型コロナウイルスの影響のため延期となり、2020年9月18日(金)〜10月5日(月)に開催されることとなりました。

“Tom of Finland”として知られるフィンランド出身のアーティスト、トウコ・ヴァリオ・ラークソネンの日本初となる個展の開催が決定した。

ホモエロティックなビジュアルの作品や20世紀後半のカルチャーシーンに多大な影響を与えたことで名を馳せた氏は、ゲイカルチャーのアイコン的存在

イラストやドローイング、版画、ペインティングなど、彼が残した作品は3500点以上。ゲイの人々が変えようと戦っていた法律や社会の厳しい現実に直面しながらも、男性の身体を官能的に描くことで、近代社会における男性らしさやゲイの立場を再定義することを試みた。

本展覧会「Reality & Fantasy The World of Tom of Finland」が開催される今年は、生誕100周年の節目。1946年から1989年の間に製作された30点の作品が展示され、氏のキャリア全体を網羅しながら多彩な才能に注目すると同時に、LGBTQの権利を世界中に推し進め、ゲイ・カルチャーの創成期を担ったレジェンドとしての一面も紹介される。

期間は4月24日(金)〜5月11日(月)、会場は「渋谷PARCO」地下の「GALLERY X」。

性の解放とともにファンタジーの世界を追求したTom of Finlandの世界観に、ぜひ触れてみてほしい。

TOM OF FINLAND (Finnish, 1920-1991), Untitled (From the Athletic Model Guild "Motorcycle Thief" series), 1964, Graphiteon paper, 8.88 in. x 12.88 in., Tom of Finland Foundation permanent collection, © 1964 - 2020 Tom of Finland Foundation
TOM OF FINLAND (Finnish, 1920-1991), David, a Beauty, 1989, Graphite on paper, 14.38 in. x 10.44 in., Tom of Finland Foundation permanent collection, © 1989 - 2020 Tom of Finland Foundation
©Tom of Finland

『Reality & Fantasy The World of Tom of Finland』

【会場】GALLERY X(「渋谷PARCO」B1F)
【期間】4月24日(金)〜5月11日(月)
【時間】11:00〜21:00 ※最終入場は営業終了時間の30分前、最終日は18:00終了
【入場料】500円(未就学児の入場は不可)
【公式URL】https://art.parco.jp/galleryx/detail/?id=396

Top Image:TOM OF FINLAND (Finnish, 1920-1991), Tom's Finnish Tango, 1947, Gouache on paper, 11.38 in. x 8.13 in., Tom of Finland Foundation permanent collection, © 1947 - 2020 Tom of Finland Foundation
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

米アニメスタジオ「ピクサー」が、ゲイカップルを主役としたアニメーション短編作品『Out(アウト)』を公開。「ピクサー」史上初となる“LGBTQを主人公にし...
最近聞かない日はないともいえるジェンダーの話。この記事では、LGBTQの意味やLGBTQへの取り組みについて紹介していきます。
ロサンゼルスにあるゲイポルノ専門店「サーカス・オブ・ブックス」。30年以上前から同性愛者コミュニティの居場所を作ってきた本店を通して、LGBTQの歴史を紐解く。
クリスマスに向けて「アメリカ合衆国郵便公社(USPS)」がサンタクロース宛ての手紙を子どもたちから募集。すると、ある少年から1通の手紙が......。
シングルオリジンのカカオ豆とオーガニックのきび糖だけでつくる、Bean to Barチョコレートの専門店「ダンデライオン・チョコレート」が新たに開発したプ...
一昔前とは比べ物にならないほど、様々な形の家族がある今。「Gays With Kids」と名付けられたWEBサイトがある。ここには、ゲイの家族の幸せそうな...
LGBT先進国ともいわれるタイから、ジェンダーレスなアパレルブランドが日本に初上陸。その独特なストリートウェアのビジュアルが20〜30代を惹きつけて止まな...
世界最大級のマッチングアプリであるTinderは、LGBTQユーザーのために新機能を追加した。その機能とは、同性愛が違法とされる国に旅行中のユーザーを「リ...
11月21日と22日の2日間、リアルなフィンランドの夏休みを体験できるイベント「Happy Day in Finland」が開催。
私がニューヨークを離れた大きな理由の一つが「マッチング文化」。3年間付き合ったパートナーと別れたとき、私はオンラインマッチングの流行に乗り遅れて、その世界...
「アダストリア」が、選べるデザインが限られる人に向けた服を開発・販売するインクルーシブファッションサービス「Play fashion! for ALL」を...
フィンランドのさまざなプロダクトを集約した類稀なるデザイン展 「WILD AT HEART」が今月12日(月)まで「駐日フィンランド大使館」敷地内のパビリ...
本日、「Visit Finland(フィンランド政府観光局)」が「バーチャル Rent a Finn(レント・ア・フィン)」をスタートする。
2021年の春、アメリカにLGBTQフレンドリーな銀行「Be Money」がオープン予定。店舗はLGBTQ人口の多い街であるロサンゼルスに構えるとのこと。
韓国の10代や20代から絶大な支持を集め、タイやアメリカにも進出しているソウル発のセレクトショップ「ÅLAND(エーランド)」が日本に初上陸!
男性同士の愛を貫いた2人の人間ドラマ『ブロークバック・マウンテン』が、2018年度の「アメリカ国立フィルム登録簿」に追加される作品の1つとして選定。アメリ...
快適な睡眠環境を提供するスリープマスク「nodpod」が、カルフォルニアから日本初上陸。ハグをされているような感覚で優しく包み込んでくれる。
アメリカ・ブルックリンで開催中の展覧会「Not Another Second(もう一秒たりとも)」。12人のLGBTQシニアたちの、これまで本当の自分とし...
カルフォルニア発ヘルス・ウェルネスアプリ「Calm」が、ついに日本に初上陸!12月9日より、日本語オリジナルコンテンツの提供が開始された。
「ARCTIC BLUE GIN」は、蒸留酒のナンバーワンを決める「THE SPRIT OF THE YEAR 2018」で頂点に輝いたフィンランド発のク...

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
すべての「眠たい」人へ。
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
トランスポーター(移動手段)としての車には、もう多くの人の興味が失われているとおもう。誰もが車をもてる時代をへて、今はカーシェアリングなんてあたりまえ。U...