「ゲイの祭典」がアジア初開催へ

LGBT+によるスポーツ・文化の祭典である「ゲイゲームズ」。去る10月末、2022年の開催地に香港が選出されたことが発表された。

ワシントンDCやメキシコのグアダラハラが同じく候補に挙がっていたが、この決定で、同イベントがアジアで初めて開催されることになった。

と、ここまで書いておきながら、普段は聞き慣れない名前であるだけに、実際にどのようなことが行われるかなど、まずは少しおさらいから。

そもそも「ゲイゲームズ」って?

「ゲイゲームズ」は、1982年から4年に1度、夏季オリンピックの中間年に開催されている。性別や年齢や障害、さらには身体能力に関係なく、全ての人がスポーツ・文化を楽しむ機会を作ろうというもの。

2018年には、10回目となるゲイゲームズがパリで開催される。

来たるパリ大会では、水泳、陸上競技、バトミントン、ボクシングなど36種のスポーツが行われる予定。

公式HPによると、誰でも参加可能だとしているが、年齢制限やチーム競技に登録する際の人数など、最低限のルールは競技ごとに設けられている。

香港での開催
経済効果は「約145億円」

「ゲイゲームズ」について、まだピンとこなくても大丈夫。来年のパリ大会でのスポーツ競技の参加予定人数は、およそ15,000人。規模としてはまだ大きいとは言い切れない。

ただ、アジア初開催に加え、日本から5時間足らずで行ける香港となれば、これまで以上に同イベントやLGBT+コミュニティーを意識する機会が増えるのでは。

香港大会ではこれまでのイベント内容を踏襲して、スポーツの他に文化面でも盛り上がることだろう。公式HPでは、オーケストラ、合唱団、チアリーディング、映画などを予定していると既に発表済み。

観覧はもちろん誰でもWelcomeということで、既に訪れたことがある人もそうでない人も、香港をより深く堪能できる機会にもなりそう。

主催者側は、「ゲイゲームズ」開催に伴い4万人ほどの集客を見込んでいる。最大10億HKドル(約145億円)もの経済効果になるとか。

今回のニュースを聞いて、初のアジア開催を嬉しく思うのと同時に、日本はさらに遅れをとってしまったように感じている。なぜなら、現時点でどの国や地域も同性婚を法的に認めていないアジアで、LGBT+の人々による祭典を「初めて」開催するチャンスをも失ってしまったことになるから。こと同性婚に関しては、今年の春に話題となった台湾の例もあるので。

とはいえ、2022年に“レインボーパワー”が私達の近くまで押し寄せることになるのだから、その余波が日本にも来るかもしれない。その時は、悔しさを滲ませながらも快く受け止めたいものだ。そうすることで、「誰もが『受け入れられている』と安心できる社会」や「1人でも笑顔の人が増える社会」に、少なからず繋がると信じているから。

同性愛について、個人の考えや宗教、または政治的、社会的な見解を混ぜてしまうと議論は終わらない。しかし遺伝子的にみるとどうだろう?と説明するのがこの動画。こ...
ロサンゼルスにあるゲイポルノ専門店「サーカス・オブ・ブックス」。30年以上前から同性愛者コミュニティの居場所を作ってきた本店を通して、LGBTQの歴史を紐解く。
ゲイの兵士が逮捕されたり、大統領選の候補者たちが同性愛に対して否定的な発言をするなど、同性愛者にとっては厳しい状況が続く韓国社会。そんな中、各地の大学で、...
一昔前とは比べ物にならないほど、様々な形の家族がある今。「Gays With Kids」と名付けられたWEBサイトがある。ここには、ゲイの家族の幸せそうな...
デザインにもこだわった今年イチオシの風鈴を、音も合わせて紹介。第四弾は、まるでたんぽぽの綿毛のような見た目の「置き型風鈴」。かわいい見た目もさることながら...
色も食感も本物そっくりにつくられた、香港発、プラントベースの代替肉「オムニミート」。アジア圏での消費を見越して、牛ではなく豚の代替肉を研究開発することで、...
ロシア在住の写真家Anna Brilliantovaは、LGBTの人々に対しての厳しすぎる法律に疑問を抱いている。2013年に制定された同性愛宣伝禁止法は...
スイスの2月9日の国民投票で、性的指向を理由とする差別を刑罰の対象とする法案が可決された。
アジア最大のeスポーツイベント「RAGE ASIA 2020」のオフィシャルTシャツを「BEAMS」がデザイン。テクノや近未来をイメージしたファッショナブ...
女性ライターのZara BarrieさんのセックスやLGBTについての記事は、米メディア「Elite Daily」のなかでもヒットコンテンツになっているよ...
変化の激しい現代においてあらためて注目を集めているのが心とカラダをととのえる「マインドフルネス」という習慣。そんなマインドフルネスについて、その意味や語源...
友人が教えてくれた香港の新しい楽しみ方は、トレッキング。今、情報感度の高い欧米人の間では、すでにメジャーになってきているらしい。調べてみると、複数あるコー...
結婚式は一生に一度の素敵な時間……と思いきや、24カ国で、24回も結婚式を挙げることにしたカップルがいました。いったいどうして? そこにはちょっぴり深い理...
名門「香港バレエ団」が公開するカラフルでポップな動画。多数のバエレダンサーが出演し踊りを披露。ソロやデュオ、グループなどさまざまなダンスのなかに、バレエの...
2015年からニューヨーク州で年に一度行われているイベント「LUMA」。目玉となっているのはプロジェクションマッピング。街の市役所や裁判所の建物に投影され...
茨城県高萩市で国内初のドローンサッカー大会が開かれる。ドローンサッカーはeスポーツ同様、老若男女問わずバリアフリーで楽しむことができるもの。ドローンを主軸...
奈良県の老舗パンストメーカーが開発した「TSUMUGI」のレギンスは、虫除け、冷却、UVカットに優れ、夏を快適に過ごせるアイテム。
光の量や角度、反射で色が変化し、まるでオーロラのようにキラキラ表情が変わる「Wpc.」の「オーロラビニール傘」。今年6月に販売開始するやSNSで話題になり...
レズビアンをカミングアウトした17歳の娘に、両親が取った行動とは?必見です。
東京大学・東洋文化研究所の教授である安冨歩さん。大学卒業直後は住友銀行に就職。働いているうちに「自分自身でないもののフリ」をし続けて生きていることに気づき...
2月22日にイリノイ州オーロラで開催された集会でPete Buttigieg(ピート・ブティジェッジ)氏に、自身が同性愛者であることを公表することを手伝っ...
5月29日~6月7日までの期間、最前線で闘う医療従事者やエッセンシャルワーカーを支援する「アディダス」史上最大規模のバーチャルスポーツイベント「#HOME...
アメリカでは、2004年から2015年に同性婚を合法化した32州のデータを分析したところ、性的少数者の自殺率が14%減少していることがわかりました。同性愛...
毎年、米国の首都ワシントンD.C.で行われるLGBTの祭典「キャピタル・プライド・パレード」。今年は、トランプ政権の保守的な反LGBT政策に抗議する形で、...