「ゲイの両親」を持つ家族のしあわせを集めました。

愛の形は様々。同性愛者を特別視する時代はもう終わったと言っていい。

私にもゲイやレズビアンの友人がいる。特に仲がいいレズビアンの子は、付き合っている彼女と将来どんな家庭を持とうかと今から話し合い、楽しみにしているらしい。

そんな人たちが身近にいるからこそ、気になっていたことがある。それは、同性愛の両親を持つ家族ってどんな感じなんだろうということ。

ゲイカップルの背中を
やさしく押す写真集

1219a4c3ec8b0225f8001e297cb1a470dc0a89cf

お父さんが2人の4人家族。ハッピーなオーラがみんなの笑顔から滲み出ていて、なんだか幸せそう。

続けて他の写真も!

こちらは1歳の双子がいる家族。2人のお父さんのうち1人は「ダディー」、もう1人は「パパ」と呼ばれているそう。

これらの写真はすべて、「Gays With Kids」というウェブサイトに掲載されているもので、個人的なストーリーとともに紹介されている。

例えば次の家族。

MichaelさんとMatthewさんは12年前に、オハイオ州のバーで出会い2015年に結婚。最初は子どもを持つつもりがなかったというが、ある日旅先で出会った子連れのゲイカップルが2人の考えに影響を与えたよう。

彼らがそのような家族を実際に見かけたのは、その時が初めて。偶然にも旅行中に何度も会い、互いに良い友人になったとか。その後、2人で真剣に話し合いをした結果、子どもが欲しいという結論にたどりついたそう。

どうして家族写真を
集めているの?

Gays With Kidsが写真を掲載している理由は、子どもを持とうかどうか迷っているゲイの人たちを勇気づけたいという目的からだという。同じような境遇にいる人を見たり経験談を読むことで、父親になることについて考えて欲しいみたい。

子どもをつくることは、男女のカップルでさえ大変なこと。であれば、彼らが乗り越えなければいけない山はもっと大きいはず。でも、その先にはこんな幸せが待っている。写真を見るとそう語りかけられている気分になる。

21世紀だからこその愛のかたちを育む彼ら。幸せそうな家族の姿を見て、私は素直に羨ましく思ったのだった。

Licensed material used with permission by Gays With Kids, (Instagram), Colin Tuohy
同性愛について、個人の考えや宗教、または政治的、社会的な見解を混ぜてしまうと議論は終わらない。しかし遺伝子的にみるとどうだろう?と説明するのがこの動画。こ...
ゲイの兵士が逮捕されたり、大統領選の候補者たちが同性愛に対して否定的な発言をするなど、同性愛者にとっては厳しい状況が続く韓国社会。そんな中、各地の大学で、...
同性愛者であると両親に告げるのは、かなりのエネルギーが必要だということは、想像に難くありません。米ニュージャージーに住むKinsey Ratzmanさんも...
どんなに外が暑くたって、夏といったらBBQだし、ピクニック気分。つまりは「外メシ」がおいしいシーズン。あぁ、早く梅雨が明けないかな。
天気とともに毎日を過ごしているような感覚になれる、不思議な水槽。
結婚式は一生に一度の素敵な時間……と思いきや、24カ国で、24回も結婚式を挙げることにしたカップルがいました。いったいどうして? そこにはちょっぴり深い理...
先日、アメリカで、レズビアンカップルの2人が同時期に出産をしました。今の時代ではありそうなことだけど、多くのメディアに報道されるのは、ゲイカップルの父親同...
「軍隊にいるボーイフレンドのプロムに行ってきたよ!」モデルとしても活躍するMax EmersonさんがInstagramに投稿した恋人とのツーショット写真...
どんなに仲が良くても、隠し事のひとつやふたつはあるもの。一生隠しておいたほうが良いことだってあるかもしれない。けれど、その人が大切だからこそ、「自分を理解...
ありふれた日常生活から、困難に陥った時まで。支えてくれる家族がいたからこそ、あなたは優しく、強くなれるーー。「Thought Catalog」でそう語るの...
コミュニケーションがデジタル化している現代から、ホログラフィーでさえも触れるようになる未来へ。「人間の身体にはどんな意味が見出され、どのように変わっていく...
日本では紙一枚で婚姻関係が結べないゲイのカップルが、家族や友人だけでなく、メディアを読んで「人前式」を行いました。ゲイ同士の結婚が、世の中にどんな意味や影...
ネイティブアメリカンの社会には、LGBTQの人たちに対する差別はなかったようです。彼らがどのようにジェンダーを捉えていたのか、人と違うことを理解していたの...
将来についての悩みや不安を誰かに相談したいとき、脳裏に浮かぶ人たちの中に両親の顔が思い浮かぶことでしょう。でも、子どもの幸せを誰よりも考えているはずの彼ら...
誰もが夢見る“運命の人”との出会い。「Elite Daily」では、そんなロマンチックな考えを覆す、シビアな記事が掲載されていました。書いたのは、自身を「...
「ありがとう」を家族に口にしたのはいつですか?もう間もなくクリスマス、そしてお正月。家族が顔を揃えるひとときがやってきます。久しぶりの我が家に戻る人も、日...
王子様と女の子が恋に落ちてハッピーエンドを迎えるのがおとぎ話の王道。だけど自らもLGBTであるAdam ReynoldsとChaz Harrisのつくった...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
女性ライターのZara Barrieさんが人気を集めている理由は、その赤裸々な語り口調がとてもリアルだから。とくにセックスやLGBTについての記事は、米メ...
東京大学・東洋文化研究所の教授である安冨歩さん。大学卒業直後は住友銀行に就職。働いているうちに「自分自身でないもののフリ」をし続けて生きていることに気づき...
同性愛者同士が結婚することを法的に認める国が徐々に増えてきている今、一番動きが活発なのはオーストラリアだ。現在、同性婚の合法化の賛否を問う国民投票が行われ...
愛する人や友達にチョコレートをプレゼントするバレンタインデーは、じつは家族に日頃の感謝を伝えるチャンスでもあります。改まって伝えるのはなんだか照れくさいか...
友達は友達でも、家族のような親友ってとても大事な存在。血が繋がった家族にさえ言えないようなことも相談できるから。そのような存在がいる人だけができる、人生で...
先日パートナーと同性婚をした私は、ゲイ業界でここ10年ほど、台湾ブームが来ていたことを肌で感じていた。理由は安直なところで「日本人は台湾人にモテる」という...