残りの人生で、あと何回、お母さんに会えると思う?

最後にお母さんのご飯を食べたの、いつですか?

わたしはつい最近だけど、やっぱり外食とは全然違う。オトナなんだからお金を払えば、いくらでも美味しいものは食べられる。でもそうじゃない何か別の「おいしさ」があるのが母の味。

実家を出てから、会えるのは1ヶ月に1回程度。多くても2週間に1回くらい。日本人の平均寿命から計算して、あと何回両親に会えるかを出してくれるサイトで調べたら、その少なさにびっくりしてしまった。

まだ若いから大丈夫と思っていても、離れて暮らしていたら、会える時間は案外残されてない。だからこそ、こういう時間が大切ないとね。

(以下のリストは、『Elite Daily』Alani Vargasさんの記事によるものです。)

01.
何気ないことを話す電話

4730157608730624

これはまぁ、もう実行に移している人も多いと思うのだけど、兎にも角にも会話が大事。なんでもなくても、ヒマさえあれば電話するんです。それがいいんです。時間があるなら、顔の見える通話がベター。それが手間ならLINEも◎。

大した用事じゃなくっても、我が子からのこまめな連絡は、やっぱり嬉しいものですよ。

02.
たまにはギフトを贈ってみる
(もうすぐ母の日だし💝)

こまめな贈り物ほど、「離れていても、あなたのことを想っていますよ」って印になるものはない。特に「これ、好きそうだったから」なんて言いつつ渡したら、何気ない毎日の中でも相手のことを思い出していることが伝わるはず。

イベントに便乗してでも、特に何も理由のない気まぐれでも、自分のことを想ってものを選んでもらって、嬉しくない人はいないのです。特に、我が子からならなおさら。

03.
「見て!」おもしろ画像をシェア

4738230268198912

ネットには山ほどおもしろいトピックが転がっているもの。メールや電話の感覚で、一緒に笑えそうなものを、何の気なしにお母さんにシェアしてみては?

「これ、小さい頃の弟に似てない?」なんて、自分たちの内輪ネタに通じるものでも良いかも。そこから話題も広がるし、それだけでも、あなたが元気なことやお母さんのことを忘れていないことが伝わります。

04.
してもらうだけじゃなく、してあげる

最後に会ったのがいつか、間隔があき過ぎていないか、お母さんからの「帰っておいで」を待たないで、いつも自分で気をつけましょう。あなたがもうとっくに大人なら、思っているよりも、お母さんと過ごせる時間は残り少ないはず。

今までたくさんの愛をもらってきたぶん、彼女が元気なうちに、自分に時間があるときに、いろいろなことをしてあげましょう。

例えば、サプライズでの帰省なんかもたまにはいいかも。他にも、自分から積極的に関わっていくことは、相手をきっと喜ばせます。

05.
別の場所で、同じ番組をみる

5402449510662144

いつだって最新の、共通のトピックが欲しいのなら、同じテレビ番組を見る習慣をつけるのがオススメです。毎週それを楽しみにして、観たら二人で感想を言い合うと、まるで数分間は実家に帰ったかのような盛り上がりになるものですよ。

お互いリアルタイムで見れば、「今頃向こうも観ているかな」と相手を思うきっかけになる、とってもナイスな行動です。二人のお気に入りの番組を見つけてみて。

Licensed material used with permission by Elite Daily
これまで、両親と過ごす「残り時間」を意識したことはありますか?ここに紹介するアプリは、否が応でもそれを意識させられる、ただひとつの機能を備えたもの。でも、...
家族は、何にも変えられないかけがえのない存在。知らないうちに自分に染み付いていた癖が両親そっくりだったりして、成長していくにつれて、その計り知れない影響力...
10代の頃、親の話をきちんと聞かなかった経験は誰にでもあると思います。夢見がちで、両親の話が退屈に聞こえていたのかもしれません。でも20代になって人生経験...
一昔前とは比べ物にならないほど、様々な形の家族がある今。「Gays With Kids」と名付けられたウェブサイトがある。ここには、ゲイの家族の幸せそうな...
以前旦那にプレゼントしたシャッツ。せっかく気持ちを込めたものなのに、縮んだからもう着れないと捨てられそうなところを発見。娘のためにリメイクしてSNSに写真...
家族のもとで暮らし、安定した仕事に就き、休日は地元の友人に会う。たしかに、これもステキな人生ですが、果たしてあなたにとって「最高の人生」と言えるでしょうか...
旅には、人生が凝縮されています。
Nancy Borowickさんの両親は同時にガンを患った。すでに離れた臓器にも転移が進行しているステージ4の状態。写真家であった彼女は二人が亡くなるまで...
何歳でも、人生は新しくはじまります。
精神や心を重要視するこの時代、質の高い人生を送るためには、正しい心のあり方を知る必要がある。こう説くのは、『人生が変わるマインドフルネス』(幻冬舎)を上梓...
人生は車の運転に似ている、と私はよく思う。どこに向かうか、という意思がなければ車の運転は始まらない。また、何のためにそこに向かうのか、によっても運転は変わ...
両親の離婚。6歳の子どもにとって、その意図を汲み取ることなんて、普通に考えれば難しいこと。この動画に登場するティアナちゃんとて同じはず。ところが、彼女は、...
反抗期まっただ中の10代は、「お母さんはあなたのことを考えて言ってくれているのよ?」なんていうセリフには耳も貸さずに、「ふんっ」と聞き流していたのでは?で...
親元を離れて暮らす、すべての人たちへ。「Lifehack」ライターCasey Imafidon氏が、エールを込めて人生の教訓を説いています。親から離れたく...
子どものころ、両親や家族に宛てて手紙を書いたことがありませんか?それが他愛のない内容であっても、親にとっては宝物。この7歳の女の子は、ちょっとユニークな手...
にっこりと笑う小さな男の子。大好きなパパとママと一緒に写る幸せいっぱいの一枚は、見ているこちらも微笑ましい気持ちになります。だけど、実は彼の両親は離婚して...
ママが出張で、パパと娘がお留守番。そう聞いて、そこはかとなく不安が漂ってしまうのは、どこの国でも同じなようです。とあるロシア人の父娘は「ママ、こっちは大丈...
次何が起こるか予測できないのが「人生」。思いがけず職を失ったり、愛する人との別れが訪れたり。うまくいかないことが続く時もあるでしょうが、それを「チャンスに...
子どもにとってお母さんは、最初に心を許した人、そして初めて出来た友だち。あなたの成長も、夢も、失敗も、全部近くで見てきたお母さん。あなたの一番のファンで、...
週に3回はチーム制で手作りのオフィスランチを楽しんでいる、TABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場...