【保存版】トルコの「きゅうりサラダ」が簡単で美味しい!

 

ヨーグルトというと、日本ではジャムをかけてデザートにするのがごく普通の食べ方だろう。しかしインドから中央アジア、中東にかけての一帯では、ヨーグルトは料理に使うとても一般的な食材だ。肉のソースにしたり、サラダに入れたり。

 トルコからギリシャのあたりでは、ヨーグルトを使ったさわやかなサラダが楽しめる。このサラダ、ものすごくかんたんにできるので、ぜひ家で試してみたい。

【用意する具材】・きゅうり・にんにく・ミントの葉・ヨーグルト・オリーブ油・塩

 用意するのはヨーグルト以外に、きゅうりとにんにく、それにミントの葉。ミントはスーパーのハーブのコーナーに置いてある。調味料はオリーブ油と塩。

 きゅうりはひとくちサイズに切って、ミントは大ざっぱに刻む。ボウルには、オリーブ油と、すり下ろしたにんにく(面倒だったらチューブ入りのを)、塩、ヨーグルトを混ぜてドレッシングをつくる。

 これときゅうり、ミントをあえるだけで完成。ミントとヨーグルトの味が混ざると、なんとも東部地中海ふうの味わいになるのが驚きだ。

IMG_5404
IMG_5417

 

アボカドとフェタチーズを混ぜ合わせたなめらかな舌ざわりに、きゅうりのシャキシャキ感を合体させた、美しいグリーンの「サマータイム」サラダです。
手頃な価格で、あると便利な「きゅうり」。ついつい多めに買ってしまって冷蔵庫にきゅうりしかない…。そんな状況でも美味しくお腹を満たすことができる絶品のレシピ...
ピザの原型「ラフマージュン」で飲むワイン。トルコ料理専門店にて。
なすを使った料理といえば、どんな食べ方が思いつくでしょう。焼きなす、揚げなす、煮物にしたり、漬物にしたり、調理法はさまざま。でも、きっとこのスタイルは意外...
「Soup Stock Tokyo」とファミリーレストラン「100本のスプーン」が、レトルトの離乳食「あかちゃんがなんどもおかわりしたくなる離乳食」を共同開発。
缶詰の中でも特に種類の豊富な「サバ缶」。加工技術が高く、生臭さもなく美味しさを逃さず閉じ込めてある分、どんな料理にも応用が利きます。サバを挟んで食べるトル...
人によって夏バテは意外に長く続くもの。連日の暑さで疲れた体に、スタミナ満点の食事もいいけれど、胃袋だってお疲れ気味。ならばと紹介したいのが、ヨーグルトを使...
中東料理に魅せられた料理研究家兼フードコーディネーターの越出水月。中東料理ジャンキーである彼女がつくるディープな家庭料理とは......?
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
7月9日、トルコに暮らすEnesさんが「未来の子どもたちのために、国家の日として植樹の日を制定しませんか?」とツイート。そして、現大統領レジェップ・タイイ...
「The World's 50 Best Bars 2020」が発表され、日本からは10位に「The SG Club」、40位に「Bar Benfiddi...
フレンチ、中華、そしてトルコ、これが俗に言うところの世界三大料理です。その中でトルコ料理だけ、日本人の印象が薄いのはなぜでしょう。ドネルケバブのイメージは...
 タイ料理というとすぐに思い出すのは、超辛いトムヤンクンやピリっとした肉のサテ。でもこういうガツンと刺激のある料理だけじゃなく、酸っぱ甘くてさわやかなサラ...
トルコ語で「はらわたを裂く」という意味を持つ料理があります。それがカルヌヤルク。何だかおどろおどろしい名前ですが、裂くのはナスのお腹。日本でおなじみ「ピー...
フランス伝統料理「レンズ豆のサラダ」、本来ならばゴートチーズを使うところですが、これをヴィーガン流にヘルシーなアレンジを加えました。主役は「くるみ」です。
正統派ケバブはトルコ料理専門店で味わってこそ。
世界中で使用されているWeb会議ツール「Zoom」。無料版ライセンスユーザーは、通常40分間でタイムアウトする時間制限が各ミーティングにかけられているが、...
「フィリップス」より「電動ファン」付きの「ブリーズマスク」がデビュー。本日19日(木)、「Amazon」及びブランド公式オンラインストア楽天市場店にて発売...
季節ごと色鮮やかな新鮮野菜を自由にアレンジして、オイルやドレッシングを合わせて。おかずにもなればデザートにもなる。毎日でも食べたくなる海外のサラダを集めて...
ごろっとしたスイカが主役のサラダレシピ。スイカをそのまま食べるのに飽きてきたって人や、せっかく買ったのに甘くなかった!っていうとき、サラダにするのが最高な...
静岡県で農家を営む小池誠さんは、Googleがオープンソースとして公開した機械学習ライブラリ「TensorFlow」 をつかって、きゅうりの仕分け機を開発...
高さは369mになる予定で、東京タワーより少し高いくらいです。見た目はとっても未来的。
いつ、どんなときだって、日々の活力を生むのは、おいしいごはんです。テイクアウトやUber Eatsもいいけれど、せっかくなら自宅でこんな特別な食事はいかが...
中東の国々では定番のミックススパイス「ザタール」。どんな料理にかけてもおいしくなる万能調味料なんですが……それって「ふりかけ」じゃないか!