醤油瓶の中に入っていた、意外なもの。

まさかのあゆ・イン・醤油! それは、多くの人にとってあまり馴染みのない光景だ。味の想像もつきにくい。そんな商品を作ったのは、高知県四万十市にある印刷業・せいぶ印刷工房。え、今印刷屋さんが作ったって言いましたか?  ええ言いましたよ。なんでまた、畑違いの食品開発なんてすることになったのか。そして、醤油とあゆを組み合わせることになったのか。謎だらけ、なんである。

「いいお土産がない」と
言われて…

08772cd2a3457305a1d10887c82b63181cec8185

10年ほど前、たまたま知り合った観光客から「せっかく旅行に来たのに、いいお土産がない」という声を聞いた社員がいた。旅を構成する要素の中で、お土産はかなり重要なポジションを占めるもの。締めにいいお土産がみつからなかった時は、少し消化不良な感じだ。その声を自治体に伝えたところ、フリーペーパーなども手がけていることから地元の企業などとの繋がりがあったせいぶ印刷工房が、「君たちならできる」とお土産開発を任されることに。彼らの本業は印刷屋さん。けれどそんな話を聞いてしまってはほうって置けない。この土地の人は情に厚いお世話焼きなのだ。なにかいいアイディアはないものか…。

「せっかく遊びに来たのだから、ここならではのものをお土産に選んでほしいと思ったんですよね。それで、ここ高知県南西部・幡多地域ならではの食文化を持ち帰ってもらえるのがいいんじゃないかって思ったんです」(ご担当・濱田さん)

そうだ、
食文化を持ち帰ってもらおう

40e258c2021937100980a27e15cc2ee614bcc6fd

昔から、鰹の一本釣りで有名な幡多地方。中でも土佐清水市で生産される宗田節は、知る人ぞ知る地域特産物で、全国生産量日本一(約八割)を誇っている。それは「めじか節(宗田節)」と呼ばれ、通常の鰹節よりも濃く、力強く、旨みの強いダシの源として、四国の美味しいうどんやそばのダシとしても欠かせない。

また、四万十川流域ではあゆ漁が盛ん。落ちあゆ(秋〜冬に産卵のために海に下りてくるもの)を焼いたり燻製にしたりして雑煮のだしにしたり、甘露煮にしたりして使っていたとか。鰹節やあゆを扱う加工所では、作る際切れっ端や廃棄あゆが出る。ここで働いているお母さんたちは、この切れっ端などをもらってきて、お家の醤油がめにぶっこみ、だし醤油を作っていたんだそう。

「これだ」

この昔からの食文化を思い出し、早速商品開発がスタートしたのだ。

そうとくれば
とことんこだわる

0ff2232376f40b6170e8e84d0139a035e058ae7d

そうして生まれたものの中に「あゆのだし」及び「鰹のだし」がある。作るからにはと、素材や工程にもとことんこだわった。「あゆのだし」のあゆは、昔ながらの本格炭火焼無煙燻製法で。石を敷き詰めた焼きあゆ用の缶筒の底に炭火をおこし、その周りに串に刺したあゆを並べていく。

この上に缶筒をかぶせ、あとは火加減を見ながらまんべんなくあゆに火が通るよう、串を回しながら一昼夜かけてじっくりと焼き上げていくのだ。火が強すぎて焦げないように、また弱すぎてカビないように、細心の注意を払いながら。

C9a7ee6ba3b6bc6b0a3554f3e2bde362d348818a

「鰹のだし」に使われているめじか節も、昔ながらのこだわりの製法で作られている。めじかを熱湯で煮て肉質を引き締め、内臓や骨などを丁寧に取り、天候や風向きなどに注意しながら一週間かけて焙乾。仕上げはしっかり天日干し。

661d9e20dbaffc02d8e73819785905bdf83bf5e0

このようにして仕上げた焼きあゆやめじか節を、瓶の中に入れて製品化した。そこにお好みの醤油を注ぎ、1〜4日ほど待つだけでオリジナルだし醤油が完成する。この地域の昔ながらの食文化に思いを馳せながら、こぼさないよう丁寧に作ってみよう。昆布やニンニク、鷹の爪などを入れても美味しいとのことだ。

幡多にはうまいもんが
こじゃんとあるぜよ

4cd27cd77a98b8024bd508bdfa6a76cc2f711a8c

出来上がったものは、普段の醤油と同じように使うべし。冷奴、湯豆腐、卵焼き、サラダのドレッシングなどはそのままかけて。味噌汁や煮物はもちろん、お湯で割ってうどんや天ぷらのつゆにしたり、おかゆに混ぜても風味が増して美味しい。チャーハンや野菜炒めに、なんて使い方もグー。

「四万十をはじめ、私たちの住む高知県幡多地域には、大自然の豊かな恵みによってもたらされた“うまいもん”がたくさんあります。この商品をきっかけにこんなに美味しいものがあるんだということを知ってもらい、もっと遊びに来てくれる人が増えたらいいなと思っています」(濱田さん)

早速、卵かけごはんにあゆのだし醤油をかけていただいた。芳醇なだしの風味が香るのと同時に、私の口の中に一気に広がる四万十川流域の大自然。はぁ〜、もう、四万十行きたい。

4402ce5c17329574bf6471d007741a67668bd761
Licensed material used with permission by しまんと百笑かんぱに
仁淀川は、四万十川、吉野川と並ぶ四国三大河川の一つ。なんと、全国1級河川の水質ランキングで、3年連続第1位を獲得中。
「ヨーグルトにかけるお醤油」は、岩手県のふたつの企業がタッグを組んで共同開発されたもの。きっかけは、牛乳・乳製品の製造販売メーカー「湯田牛乳公社」が製造す...
思い立ったらすぐ作れるのに、炭水化物とタンパク質の両方が摂取できる。卵かけごはんは、忙しい朝の救世主だ。だけどビジュアルの地味さと庶民感は拭えない。そんな...
瀬戸内海に浮かぶ島々を舞台に開催される「瀬戸内国際芸術祭」。そのイメージもあってか、四国にはどちらかというと「海」のイメージがありませんか?いえいえ、張り...
春夏秋冬に土用を加えた「五季」。この5つの季節を発酵調味料(酒、塩糀、酢、醤油、味噌)で表現した、お菓子を紹介します。日本料理の基本となる調味料「さしすせ...
53杯のクラフトビールを飲みながら、東京から徒歩で京都を目指す「クラフトビール 東海道五十三注ぎ」の旅。愛知県に入ったのは、日本橋を出発してから12日目の...
「あけがらし」は、山形県長井市の老舗醸造所の「山一醤油」の女性だけに製法が伝わる、秘伝の食べ物。かつては男衆に見つからないよう、みなが寝静まった深夜に一族...
ここでは良質な畜産物、海産物、農産物が採れる鹿児島県の調味料をご紹介。鹿児島県の黒豚をはじめ、人気の食材が使われた逸品ばかりです。お気に入りのもの、ぜひ使...
越前や美濃と並んで、日本三大和紙の一つとされる土佐和紙でつくった「土佐和紙プロダクツ」のご祝儀袋。かつては書籍や帳面などさまざまなものに用いられながら、洋...
ウニやイクラ、鮭フレークなど、海鮮系のご飯のお供が目白押しの北海道で、少し変わった山の幸とも言えるのが「山わさび醤油漬」。白いご飯に乗せてひとくち頬張れば...
美瑛町といえば、近隣の富良野市と並んで北海道を代表する観光地のひとつ。中でも「パッチワークの路」と「パノラマロード」は二大観光コースと言われるほど、多くの...
東京から京都まで、東海道五十三次を徒歩で旅しながら、ゴールまでに53種類のクラフトビールを飲もう。企画名は『クラフトビール 東海道五十三注ぎ』。53杯のビ...
53杯のクラフトビールを飲みながら東京から徒歩で京都を目指す、「クラフトビール 東海道五十三注ぎ」の旅。(前回の記事はこちら)。東京を出てから7日目で、静...
ここは兵庫県篠山市。約400年の歴史を持ち、国の史跡に指定されている篠山城の城下町であるこの場所に、ぜひ訪れてみたい独創的なコンセプトのホテルがあります。
日本の原風景を美しく彩る、北陸地方の冬の風物詩「あぜのきらめき」。昨年、その幻想的な光で多くの人を魅了したライトアップイベントが、実は今年も開催中なんです。
サントリーニ島といえば、白と青のコントラストであまりにも有名なギリシャの人気観光地。エーゲ海に囲まれた美しい島を「一度は訪れてみたい!」と思っている人も、...
東京湾に自然林のある無人島が存在していることを知っていますか?それも大島や小笠原の話ではありません。神奈川県横須賀市。この無人島がナント、平日限定ながら一...
その光景は、まるでイギリスの田舎町。人気観光地として名高いコッツウォルズさながらです。この村があるのはなんと日本。しかも、古都・京都というのだからさらに驚...
静岡県は袋井市の名物料理、それが「たまごふわふわ」。一般公募で子どもがネーミングしたのかと思ってしまうようなこの料理、じつは200年以上前から食されてきた...
新潟コシヒカリと言えば、誰もが認めるお米のトップブランド。じつはそんなコシヒカリを、もっとおいしく食べる方法があるんです。「にいがた朝ごはんプロジェクト」...