左官職人が本気でつくる現代版ポータブルかまど「コヘッツイ」

電気、ガス、IH。炊飯器が進化しても求められるごはんといえば、「かまど」で炊いた“ふっくら”した炊きあがり。ならばいっそ、かまどでごはんを炊いてみてはいかがでしょう。左官の技が活かされた、「現代版かまど」は、持ち運び自在。アウトドアでも活躍必死です!

現代の暮らしに合うよう
アレンジされた「かまど」

昔ながらのかまどを現代風にアレンジし、自由に持ち運べるようにしたのがポータブルかまど「コヘッツィ」です。この聞きなれないネーミング、“コ”は「公の」という意味の接頭語、“ヘッツィ“は、関西地方でかまどの別称(へっつい)として親しまれてきた言葉だそう。ふっくら炊きたてのごはんを、イチからつくる楽しみが味わえる、とじわじわ人気に火がつき始めているんです。

みんなで火を囲む
かまどの魅力

昭和の前半まで、日本人の食生活の中心には「かまど」がありました。三食の煮炊きをするのは土間のかまど。割烹着姿の女性たちや、火の加減を手伝う子どもたちの姿を、当時を記録した映像のなかで、もしくは小説や写真のなかで目にしてきたことでしょう。しかし、第二次大戦後、急速に普及発展していったガスや電気にとって代わり、かまどは生活様式の変化とともに、食卓の場から姿を消していきました。

薄れゆく火の文化を後世の暮らしに残したい──。

その象徴であるかまどを、現代生活に浸透しやすいようにリメイクした左官職人がいます。古来から日本に伝わる、自然の土を生活に取り入れる文化。土を塗りコテで固めてツヤを出す左官の技で、「かまどのある食生活」、「みんなで火を囲む」ことをコンセプトに、持ち運び自在なコヘッツィが誕生しました。

「現代の名工」がつくる
一生ものの生活道具

三重県四日市市の左官職人集団「蒼築舎」を率いる松木憲司さんは、平成24年厚生労働省発表の「現代の名工」に選出された人物。伝統的な土壁建築からデザイン性の高いプロダクトの開発まで、幅広いものづくりにチャレンジし続けています。

松木さんの手がける現代版かまど「コヘッツィシリーズ」は、左官の技術と魅力、土の文化を伝えるプロダクトとして大きな注目を集めています。現在、シリーズは全部で4種類。

450本ものコテの中から仕事に合わせて40〜50本を使い分け、石灰と繊維を混ぜ合わせた土を何層にも塗りつけては、コテで成形していく作業です。

土の状態は天候に大きく左右される繊細な仕事。天気や湿度の変化を敏感に感じ取りながら材料の配合を変えていくことから、「左官の仕事の6割は材料づくり」と言われていると松木さん。仕上がりの平面を滑らかにするため、調合した土から丁寧にダマを取り除くなど、一切の仕事に手を抜かない、職人の魂がコテ先からかまどへと染み込んでいくようです。

作業は白熱電球のもとで。影が出にくく、蛍光灯では見逃してしまう小さな傷を見つけることができるからだそう。そして、磨きあげの最後は自然光のもとで、ツヤの出具合を確認しながら作業していきます。

塗りと磨きを繰り返し、こうして仕上がったピカピカのかまど。これが左官職人の技と想いから生まれた「21世紀のかまど」です。素材本来の色と質感を活かした逸品は、どんなに煤(すす)が付着しても、塗りなおせば修復できる一生もの。

火の番をするのも
楽しみのうち

薪(まき)、炭、固形燃料どれでも使えるコヘッツィ。ですが、醍醐味はやはり薪で炊くごはんでしょう。土間の代わりに庭先で、庭がなくたって使い道はいろいろ。BBQやキャンプシーンで炊きたてのごはんをつくるのに、“自前のかまど“なんて、ちょっと洒落てると思いませんか?大丈夫、ここで紹介した「ポータブルかまどコヘッツィ三」は、高さ30cm、重さ5.4kgほど。

自分で火を焚いて番をしながらつくるごはん。さあ、召し上がれ!

ところで、このポータブルかまどが今、日本の伝統的な食文化のひとつとして海外でも注目されつつあるようです。左官による土と磨きの技術と日本の食文化「かまど」が世界へと発信される。素敵ですよね。

最後に、コヘッツィシリーズはどれも受注生産。注文を受けてから、松木さんが一点一点仕上げていきます。詳しくはこちらから。

Licensed material used with permission by 蒼築舎

関連する記事

「AUKEY」より、レトロデザインでインテリア性もバツグンなポータブル電源「PowerStudio」が登場。どこにおいても馴染むデザイン性と、普段使いから...
関西随一の人気アウトドアショップ「Orange」より、パナソニック製電池搭載の「ポータブル電源MIGHTY」別注モデルが登場。
高級和牛の代表格、三重県の松阪牛(まつさかうし)。ビールを飲ませるという贅沢な育て方でご存知の方も多いはず。ここで紹介している「松阪牛 しぐれ煮」は、甘辛...
メープルシロップを煮詰め、急速に冷やしながらかき混ぜてクリーム状にしたカナダの名産「メープルバター」をメイドインジャパンで再現した新商品「TOKYO MA...
この記事では、『恐ろしいほど人の本音がわかる!大人の心理テスト』から友達や恋人と盛り上がれる面白い心理テストを3つ厳選してご紹介します。簡単にできる心理テ...
「DUOECHO(デュオエコー)」。スピーカーが左右に分かれる仕様は、ポータブルタイプとしては珍しい作り。鴻海グループに属するFIT鴻騰の開発チームによる...
三重県津市にあるカステラ専門店 DE CARNERO CASTE(デ カルネロ カステ)が作る「羊のカスティーリャ」。名前の響きからステキですが、カステラ...
持ち運べるヒーターは数あれど、壁掛け床置き対応で、さらにいいアイデアが隠れているんです。
千葉県成田市といえば真言宗智山派の大本山「成田山新勝寺」があり、全国からたくさんの参拝者が訪れます。その成田山のお土産品として大人気なのが「てっぽう漬け」...
非日常的で、どこか近未来を連想させる工場夜景。数年前からブームとなった“工場巡礼”は、無機質な夜の表情を鑑賞しようというファンで賑わっているようです。ラン...
3月24日、ニュージーランド議会は、流産や死産で子どもを失った人に3日間の忌引有給休暇を取得できるようにする法案を提示し、全会一致で可決となった。この法案...
三重県鈴鹿市の養鶏農家「エッグハウス川北」がつくる「たまごジャム」
瀬戸の奥へ奥へと向かうと、変わった壁に出会う。陶器で出来たアイコニックな幾何学模様は、瀬戸観光のパンフレットでは定番で、窯垣(かまがき)と呼ばれるものだ。...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
今週3日(水)、三重県はLGBT(性的少数者)への差別を禁止する条例を制定し、そのなかに“アウティング”の禁止条項を盛り込む方針であると表明した。
7月12日までクラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」にて資金調達をおこなっている「GoSun Flow」は、太陽光発電システムを搭載したポータ...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
屋外で音楽を楽しむのに大事なのはスピーカーの音量です。「UE Boom 2」は最大サウンドレベル90dBAとかなりパワフル。しかも、防水機能付き!
日本の自然をテーマにした動画はよく見かけますが、山陰地方にフォーカスしたものは少ないように感じます。これは「山陰地方の自然と文化の魅力」が、これでもかって...
デンマークのアウトドアブランド「ノルディスク」は、広大なアウトドアフィールド「Hygge Circles Ugakei by Nordisk」を2021年...

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
2016年1月、初めて日本を訪れたイギリス人シネマトグラファーChristoph Gelepさん。5日間の東京滞在、夢中でカメラを回し続けた彼の目に映る東...
ここは兵庫県篠山市。約400年の歴史を持ち、国の史跡に指定されている篠山城の城下町であるこの場所に、ぜひ訪れてみたい独創的なコンセプトのホテルがあります。
電気、ガス、IH。炊飯器が進化しても求められるごはんといえば、「かまど」で炊いた“ふっくら”した炊きあがり。ならばいっそ、かまどでごはんを炊いてみてはいか...
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...