絶対に「液だれしない」醤油差しがあった!(動画あり)

決して、とんでもない“ダメージ”をくらうわけではありません。が、地味にテンションが下がる「液だれ」。テーブルは汚れるし、なんだか次に使う人に対しても申し訳ない気持ちになりますよね。

でも、この映像の…

頭の15秒だけ、見てください。

こ、これはスゴイ!垂れてしまいそうなところでなんとか踏ん張り、注ぎ口に戻る様子が見て取れます。

2601517a1f868b09872058f7128a042f5934b427

これは、江戸時代創業の石塚硝子グループ・アデリア株式会社とTHEのコラボレーションにより、 青森伝統工芸品「津軽びいどろ」の伝統的技法を持った指定工場で製造した「THE 醤油差し」。注ぎ口を一から設計し、何度も試作を繰り返すことで、上部にくちばしがないにもかかわらず、気持ちイイ“醤油切れ”の良さを実現しました。

しかも、特徴は「液だれしない」だけじゃない

E3c81152b4c20e50f0dd5f74adf18574e7e001cb

他にも嬉しい3つの特徴が。

①素材
パーツはすべて、ガラスの中でも特に透明度の高い「クリスタルガラス」を使用。プラスチックと嵌合させるためのねじ込みが不要になり、より衛生的で、見た目もスッキリ。

②容量
醤油をおいしく保つには、鮮度が重要です。 ただし、食の選択肢が増えた現代においては、醤油を使う頻度は以前より少なくなったのも事実。そこで、実容量を鮮度が落ちないうちに使い切れる80mlに設定しています。

③サイズ感
胴体にくびれがある持ちやすい形状はそのままに、高さ113mmと全体的に少し小ぶりに。底を厚めにした倒れにくい構造。

Bb00c4113cc6d31966c3adea7e01452f79d33cfe

透明感ある美しい仕上がりは、洋食器・和食器はもちろん、どんな料理と並んでも馴染むはず。醤油だけでなく、オリーブオイルやソース、お酢などを入れてもイイでしょう。

価格は3,780円(税込)。醤油差しとしては少し高額な部類に入るかと思いますが、それだけの価値はありそうです。購入はコチラから。

Licensed material used with permission by THE Co. Ltd.
なんといってもこの「THE 醤油差し」を語る上で欠かせないのが、“液垂れがしない”ということ。高い技術力で蓋の部分にくぼみを作り、醤油がスゥッと戻っていきます。
いつもの醤油をちょっとだけアレンジしてみたら、あらら意外や意外、おいしい発見がありました。
「ヨーグルトにかけるお醤油」は、岩手県のふたつの企業がタッグを組んで共同開発されたもの。きっかけは、牛乳・乳製品の製造販売メーカー「湯田牛乳公社」が製造す...
人生は「食べること」と「芸術活動」だそうです。
カリブ海に浮かぶ小国ハイチ。フランス領だったこの土地は、食の影響も多分に受けているようですが、この味だけはローカル(クレオール料理)かも。
ここでは良質な畜産物、海産物、農産物が採れる鹿児島県の調味料をご紹介。鹿児島県の黒豚をはじめ、人気の食材が使われた逸品ばかりです。お気に入りのもの、ぜひ使...
醤油のラベルにでかでかと書かれた「パン」の文字。なんだこれは! 意外や意外、手がけるのは宗像神湊にある「ナカマル醤油醸造元」。創業は1850年(嘉永三年・...
いつもの醤油をちょっとだけアレンジしてみたら、あらら意外や意外。おいしい発見がありました。
ウニやイクラ、鮭フレークなど、海鮮系のご飯のお供が目白押しの北海道で、少し変わった山の幸とも言えるのが「山わさび醤油漬」。白いご飯に乗せてひとくち頬張れば...
あの「くまモン」の生みの親・小山薫堂氏が代表を務める下鴨茶寮。同社が2015年1月から本格的に販売を開始した、粉末醤油調味料「料亭の粉しょうゆ」が、見れば...
7社を渡り歩き、マーケッターとして成長していく中で夢であったコピーライターの道を選んで独立。業界経験は十分だった彼女が直面した問題、フリーとなって気づいた...
京都の人気料亭・下鴨茶寮が発売した次世代型調味料「粉しょうゆ」。この度、人気デザイン事務所nendoとのコラボレーションにより粉しょうゆ専用の容器が開発・...
観光客に「いいお土産がない」と言われ、成り行きで地元の印刷屋さんが商品開発に携わることになった。そこで思いついたのが、「地元の食文化を持ち帰る」というお土...
そんな“果てしないロマンチック”から生まれた逸品を紹介しましょう。この「宇宙醤油」は、確かめようのない思いつきがキッカケとなり、YK STORESが開発し...
春夏秋冬に土用を加えた「五季」。この5つの季節を発酵調味料(酒、塩糀、酢、醤油、味噌)で表現した、お菓子を紹介します。日本料理の基本となる調味料「さしすせ...
いつもの醤油をちょっとだけアレンジしてみたら、あららフシギ。おいしい発見がありました。
ナンプラーといえばタイ料理に使われる調味料。発酵を経ることで、魚介のアミノ酸のうまみを感じることができるナンプラーは様々な料理に活用できる万能調味料なんです。
ノスタルジックな空気と現代の洗練された雰囲気が溶け合う、東京・品川「西小山」。そんな街角に漂ってくるバターの豊かな香りのもとは、焼き菓子専門店「cuiss...
バニラアイスには何がイチバン合うのか、ちょっと”攻めた”組み合わせで試してみました!
どの家庭にも必ずある「あの調味料」で、簡単に鍋底の焦げ汚れが落とせるのです!それは一体なんだと思いますか。酢?砂糖?塩?醤油?味噌?こしょう?
47都道府県のおいしいものを探していると各地で頻繁に見つかる、いわゆる「おかず味噌系」の食べ物。その代表格と言えるのが金山寺味噌ではないでしょうか? なん...
青森県で古くから愛されているご飯のお供と言えば、「味よし」。普通であれば、山菜漬けや、魚介の塩辛をイメージするからもしれませんが、「味よし」は数の子、昆布...
天空の鏡にたとえられるウユニ塩湖や、澄んだフィヨルドを写し出した写真に私たちが旅情をかきたてられるのと同じように、きっとこの動画を目にした多くの外国人が「...
「イカの踊り食い」といえば、細長く切ったゲソが一般的。でも、ここで紹介するのは、“下半身”をまるごとを乗せた「活イカ踊り丼」です。これがいま、特に海外で話...