本当につらいとき、子どもの頃みたいに「ぬいぐるみ」に話しかけてみませんか?

小さい頃、とても大切にしていたぬいぐるみ。ときには話しかけ、そのおかげで落ち着いたり、励まされたという人も多いのではないでしょうか。じつは「ぬいぐるみ」は、心理学的にもとても大事な役割を果たしているんです。

この動画は、そんな「ぬいぐるみ」を使ってもっと自分に優しくしよう、というメッセージが込められています。

子どもにとっては
頼れる「相談相手」

Credit:The School Of Life

子どもは12歳くらいまで、柔らかくて気持ちのいいぬいぐるみと、まるで親友のような関係を築くことがあります。一緒に寝たり、話したり、泣いたり。他の人には言えないようなことも、ぬいぐるみにだけは相談することもあるのです。

子どもにとっては、ぬいぐるみも立派な「人格」を持っています。大抵ぬいぐるみはとても大人な人格に設定されていて、物事の良い面に目を向けるように教えてくれます。でもよく考えてみると、これはすべて子どもが自ら作り出した世界。つまり、子どもの心の中にはちゃんと「大人」の部分があり、ぬいぐるみを通じてそれらの感情が引き出されてくるのです。

不安を埋めてくれる
「移行対象」

Credit:The School Of Life

ドナルド・ウィニコットという精神科医は、1960年代の論文で、毎晩ウサギのぬいぐるみと話す男の子について書いています。その男の子は「うさちゃんが僕のことを一番わかってくれる」と言っていたそうです。

ウィニコットは、こうした存在を「移行対象」と名付けました。これは、ぬいぐるみや毛布のような、子どもが愛着を示す対象のことです。小さな子どもはまず、母親と自分の区別がついていません。しかし徐々に区別がついてくるようになると、母親と離れているときに不安を感じるようになります。この「分離不安」を紛らわせるために、「移行対象」が必要とされる、とウィニコットは説いたのです。

大人だって、たまには
ぬいぐるみが必要です

Credit:The School Of Life

ウィニコットは「これは、子どもだけに限ったことではない」とも述べています。大人も日常的にたくさんの不安とストレスに晒され、本来の自分以上に「大人」であることを演じてしまっているのです。

そういったとき、ぬいぐるみと話すことは心の癒しになります。鏡に向かって自分に話しかけるとなんだかネガティブなことばかりが言葉に出てきてしまいますが、ぬいぐるみに話すと、不思議にも物事のポジティブな側面に目が向けられるようになるそうです。

自分だけのことですから、恥ずかしがることはありません。大人だって、いつも大人でいられるわけではないのです。すべての大人は「大きな子ども」でもあるのですから。

Licensed material used with permission by The School of Life
フェイエノールト対エクセシオールの試合での、素敵な話。
cubcoatsの新製品は子ども向け。かわいいぬいぐるみの後ろのチャックを開くと、中から耳付きフードのパーカーが出てくる仕様。2歳、3歳、4〜5歳用の3つ...
ウィスコンシン州にある小児医院「Children's Hospital of Wisconsin」のSNSに投稿された画像に、コメントが殺到しました。写っ...
可愛い我が子がお絵かき帳に描いた、架空のキャラクター。ナニコレ!と思わずニヤケちゃうこともあると思いますが、一生懸命生み出したその個性をなんとか残してあげ...
2017年の「fake news(フェイクニュース)」につづき、イギリスのコリンズ英語辞典が選んだ2018年のワード・オブ・ザ・イヤーは「single-u...
『アリババ』は、11月11日の独身の日に、約2135億元相当の購入があったと公式サイトで発表しています。日本円にすると約3兆4700億円です。
LA在住の31歳、Brent Estabrookさんは、ある日Redditにこう書き込みました。「やぁ、みんな。僕は自分の大好きなもののために、すべての時...
「いま子どもに買ってあげたいプレゼントNo.1」かどうかはわかりませんが、世のパパママたちから熱視線を浴びていることはたしか。だって、クラウドファンディン...
子どもにとって、ぬいぐるみとは大切な親友のような存在です。米フロリダ州に住む6歳の少年、オーウェン・レーク君はヒューストンへ旅行に行く途中、大親友のトラの...
出張だったり、引っ越しだったり、家族や恋人と離れて過ごす時間は寂しく思う。そんな時は、お互いにメールや電話で「愛」を伝える努力はするけれど、言葉以外に相手...
ひとつで複数の機能をもつ「マルチツール」は、乱雑になりがちなデスク周りをシンプル&クリーンに保ってくれるオフィスワーカーの強い味方。今回は「レザーマン」か...
おもちゃと言って侮ってはいけない。お国柄によっても違うし、貧富の差によっても大きく違ってなかなか深い。どんなモノを持っているかによって、その子の「生き方」...
親がマリファナを吸っていることを打ち明けてから、子どもの反応を撮影したのは人気動画サイト「CUT」。子どもたちの率直な質問と意見をここでは紹介します。
カナダのウエスタン・ホッケー・リーグ(WHL)のチーム「カルガリー・ヒットマン」と「スウィフト・カレント・ブロンコス」の試合で、大量のぬいぐるみが会場に降...
イケアが「ソフトトイお絵描きコンテスト」を開催中。自由な発想で描かれたキャラクターを募り、そのうち10の作品を商品化して世界中の店舗やオンラインショップで...
ロシア・ウラジオストクのランドマークである長さ約1300mにもわたる「ゾロトイ橋」。11月某日、どう見ても様子が異なる集団が、車両専用のこの橋を渡ろうとし...
CTスキャンやMRIでの検査は小さい子どもには怖く感じられるもの。彼らの苦痛を軽減すべく、GEヘルスケアーが検査室を改造。部屋や器具は海や空のテーマで装飾...
生まれながらの性は女。でもサムは、幼少期から男の子が興味を持つことに自分も興味を持っていた。けれど社会の女の子への見方を押し付けられて、なかなか本当の自分...
子どもが大切にしていたぬいぐるみの脚がもぎれたり、耳がちぎれたり、破れてしまったら……。あとはもう、捨ててしまうだけでしょうか?大切なおもちゃを「修理」で...
子どもたちは元受刑者に、僕たちが質問するのをためらってしまいそうなことを聞いています。例えば、何で逮捕されたの?刑務所の生活はどう?友達はいた?といった具合に。
全神経を集中させる、積み石ゲームの開始です。
子ども用VRヘッドセット「BEYOND」はパノラマカメラと連携することで世界各地を“訪れる”ことができます。
「こんな洋服が着たいなぁ…」。女の子が描くお絵かきには、彼女たちの理想がたくさん詰まっています。「Picture This Clothing」は、そんな女...
現地時間9月11日、オランダ・ロッテルダム。この日行われたフェイエノールト対デンハーグの一戦には、上位対決という意味合いの他にもう一つの注目ポイントがあっ...