子どものお出かけ時に、こういうアイテムを持たせる親でありたい。

冬至はとっくに過ぎたとはいえ、まだ寒い日が続くこの季節。特に小さな子の風邪には気をつけたい。でもそういう子に限って、昼間は日が差しているからと、薄着で出かけたがったりするんだよなぁ。

「こら、あったかくしなさいって言ってるでしょ〜」

そんなことを言われがちな子のために、こんなプレゼントが登場。

「君の新しい親友だよ」と書かれた箱には、なんともキュートなぬいぐるみ!何か言いたげにこちらを見ている…。

お出かけには
僕を連れて行きなよ!

え、そりゃ一緒に遊びに行けたら楽しいけど、持って行ってもかさばるだけじゃん。

ってあれ?ぬいぐるみの様子が…!

!!!

なんと驚き、ふわふわすべすべぬいぐるみがあったか上着にトランスフォーム。しかもご丁寧に、ぴょこぴょこ揺れる耳までついてる。あざとい。でも、唸るほど可愛い…。

上着を持たせる心配ナシ。

そうなのだ。実はこの子たち、後ろにチャックがついていて、広げるとパーカーになる便利グッズ。中身の出たぬいぐるみ本体はフードの後ろ部分に収納される。頭も多少守られそう。

駄々をこねてぬいぐるみをお出かけに連れて行っても、帰りには疲れきってお父さんお母さんに預けて邪魔になっちゃった、なんてあるあるもこれなら着て帰ればいいから困らない

サイトのレビューでも

洋服とぬいぐるみが一気に買えて、とても良い」

「とにかく可愛い。あげた子も大喜びでした」

「子どもに上着を持たせる心配をしなくても、喜んで持って行ってくれる

とパパママから大好評の様子。

たとえ子育てしてなくったって、親戚の子とかにプレゼントしたい!と思えちゃうくらいの可愛さだしなぁ。

現在割引中のため、価格は日本円で約5,400円。対象年齢は2~5歳、3つのサイズと8種の動物。

可愛いあの子へのプレゼントに最適では?みんなを笑顔にすること間違いナシなぬいぐるみパーカー、ぜひサイトからチェックしてみて。

Licensed material used with permission byCubcoats
アルゼンチンでスーパーマーケットを展開するVeaが、「子どもの野菜嫌いをなんとかしたい」という親の願いを叶えるために作った「Veggie Hacks」。コ...
コタキナバルが属するサバ州には、「Etania Green School」という名の、国籍を持たない子どもたちのための小学校があります。
可愛い我が子がお絵かき帳に描いた、架空のキャラクター。ナニコレ!と思わずニヤケちゃうこともあると思いますが、一生懸命生み出したその個性をなんとか残してあげ...
カナダに住むAdrian Pearceさんは、約48年間も元カノからのプレゼントを開けずに持っていました。ついに開けることになった理由、それは奥さんが痺れ...
たばこと塩の博物館にて「たば塩コレクションに見る ポスター黄金時代」展開催中。2020年2月16日まで。
親が出稼ぎで海外へ行ってしまい、離れ離れになった寂しさなどから精神的に苦しむ子どもが35万人もいるといわれるルーマニア。そんな国から生まれたアプリがありま...
親がマリファナを吸っていることを打ち明けてから、子どもの反応を撮影したのは人気動画サイト「CUT」。子どもたちの率直な質問と意見をここでは紹介します。
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。そんな子どもたちの暮らしについて紹介します。
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
このLEDネオンライト。80年代のレトロな雰囲気も演出できるし、かわいくて手頃です。送料込みのアンダー1万円で手に入っちゃう。スモールサーズもあるから、プ...
来年2月20日〜24日、「アートやデザインを通じて、学校では教えてくれない未来のことを考える新しい場」をコンセプトに掲げるアート×テクノロジーのイベント「...
「Fantasy Strollers」は子どもが乗れる馬車や宇宙船を貸し出すサービスを行っている。レッドカーペットやテーマソングも用意してくれて、パークの...
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。なぜ無国籍の子どもたちが生まれてしまうのか?をご説明します。
アメリカのテキサス州にある子ども病院では、患者とその家族に喜んでもらおうと看護師が絵を描いている。使用するのは施設内にあるホワイトボードとカラーペンのみ。...
「Mia hoodie chair」は、子どもの全身をスッポリ覆う大きさで、自分だけの空間にお籠りするようにして座ることができる子ども用のイス。子どもを優...
小さい頃、とても大切にしていたぬいぐるみ。ときには話しかけ、そのおかげで落ち着いたり、励まされたという人も多いのではないでしょうか。じつは「ぬいぐるみ」は...
アートホテルベンチャー「BnA」が日本橋にカルチャー発信のハブ拠点「BnA_WALL」を2020年夏にオープンする。同社にとって、高円寺、秋葉原、京都河原...
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、The Pogues(ザ・ポーグス)の『Fairytale Of New York』です。
フェイエノールト対エクセシオールの試合での、素敵な話。
「いま子どもに買ってあげたいプレゼントNo.1」かどうかはわかりませんが、世のパパママたちから熱視線を浴びていることはたしか。だって、クラウドファンディン...
ベトナム・ハノイにあるアスレチックのような佇まいの「VAC Library」。図書館ですが、子どもたちが「サステイナビリティ」だとか「エコシステム」という...
アフリカ・コートジボワールの子ども達が持つスクールバッグには、ソーラーパネルが付いていて、通学中に貯めた電気で夜に照明を使うことができます。電気が通らない...
おもちゃと言って侮ってはいけない。お国柄によっても違うし、貧富の差によっても大きく違ってなかなか深い。どんなモノを持っているかによって、その子の「生き方」...
ウィスコンシン州にある小児医院「Children's Hospital of Wisconsin」のSNSに投稿された画像に、コメントが殺到しました。写っ...