子どものお出かけ時に、こういうアイテムを持たせる親でありたい。

冬至はとっくに過ぎたとはいえ、まだ寒い日が続くこの季節。特に小さな子の風邪には気をつけたい。でもそういう子に限って、昼間は日が差しているからと、薄着で出かけたがったりするんだよなぁ。

「こら、あったかくしなさいって言ってるでしょ〜」

そんなことを言われがちな子のために、こんなプレゼントが登場。

「君の新しい親友だよ」と書かれた箱には、なんともキュートなぬいぐるみ!何か言いたげにこちらを見ている…。

お出かけには
僕を連れて行きなよ!

え、そりゃ一緒に遊びに行けたら楽しいけど、持って行ってもかさばるだけじゃん。

ってあれ?ぬいぐるみの様子が…!

!!!

なんと驚き、ふわふわすべすべぬいぐるみがあったか上着にトランスフォーム。しかもご丁寧に、ぴょこぴょこ揺れる耳までついてる。あざとい。でも、唸るほど可愛い…。

上着を持たせる心配ナシ。

そうなのだ。実はこの子たち、後ろにチャックがついていて、広げるとパーカーになる便利グッズ。中身の出たぬいぐるみ本体はフードの後ろ部分に収納される。頭も多少守られそう。

駄々をこねてぬいぐるみをお出かけに連れて行っても、帰りには疲れきってお父さんお母さんに預けて邪魔になっちゃった、なんてあるあるもこれなら着て帰ればいいから困らない

サイトのレビューでも

洋服とぬいぐるみが一気に買えて、とても良い」

「とにかく可愛い。あげた子も大喜びでした」

「子どもに上着を持たせる心配をしなくても、喜んで持って行ってくれる

とパパママから大好評の様子。

たとえ子育てしてなくったって、親戚の子とかにプレゼントしたい!と思えちゃうくらいの可愛さだしなぁ。

現在割引中のため、価格は日本円で約5,400円。対象年齢は2~5歳、3つのサイズと8種の動物。

可愛いあの子へのプレゼントに最適では?みんなを笑顔にすること間違いナシなぬいぐるみパーカー、ぜひサイトからチェックしてみて。

Licensed material used with permission byCubcoats
可愛い我が子がお絵かき帳に描いた、架空のキャラクター。ナニコレ!と思わずニヤケちゃうこともあると思いますが、一生懸命生み出したその個性をなんとか残してあげ...
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
親がマリファナを吸っていることを打ち明けてから、子どもの反応を撮影したのは人気動画サイト「CUT」。子どもたちの率直な質問と意見をここでは紹介します。
このLEDネオンライト。80年代のレトロな雰囲気も演出できるし、かわいくて手頃です。送料込みのアンダー1万円で手に入っちゃう。スモールサーズもあるから、プ...
ブリティッシュパブで味わうチップスとシェイク表参道の裏通りにひっそり佇む隠れ家カフェThe Shake & Chips Tokyo〒150-0001 東京...
全28種類!L.A.スタイルのパイ専門店※撮影した期間限定の六本木店は閉店しました。Pie Holic〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港1丁目3番...
アメリカのテキサス州にある子ども病院では、患者とその家族に喜んでもらおうと看護師が絵を描いている。使用するのは施設内にあるホワイトボードとカラーペンのみ。...
小さい頃、とても大切にしていたぬいぐるみ。ときには話しかけ、そのおかげで落ち着いたり、励まされたという人も多いのではないでしょうか。じつは「ぬいぐるみ」は...
「いま子どもに買ってあげたいプレゼントNo.1」かどうかはわかりませんが、世のパパママたちから熱視線を浴びていることはたしか。だって、クラウドファンディン...
母親って、どんな時にも見返りを求めない。でも、だからこそ、クリスマスには最高のプレゼントを贈りたくなる。今年は、ちょっとユニークなプレゼントはどうだろう。...
化石燃料に比べて、温室効果ガスの排出量が少ないと言われているバイオガス。ノルウェーの海運会社「フッティルーテン」もまた、この燃料を使用すると発表しました。
フェイエノールト対エクセシオールの試合での、素敵な話。
花一輪をプレゼント……はキザでも、ワイン1本ならプレゼントできちゃうかも。
そんな簡単な贈り物にするのだっていい、エチケットの花一輪が可憐で愛らしいアルゼ...
おもちゃと言って侮ってはいけない。お国柄によっても違うし、貧富の差によっても大きく違ってなかなか深い。どんなモノを持っているかによって、その子の「生き方」...
ウィスコンシン州にある小児医院「Children's Hospital of Wisconsin」のSNSに投稿された画像に、コメントが殺到しました。写っ...
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
入院中の子どもたちにも、クリスマスを。オーストラリアの写真家、Karen Alsopさんは、ついにその思いをかたちにしました。「病室から出ることのできない...
ふとしたときに故郷にいる親のことが思い浮かび、そろそろ親孝行をしたいなぁと思う人も多いのでは?高級車を買う、ブランド品を買うなど、何も親孝行のために肩肘を...
Elite Daily」のライターJasmine Vaughn-Hallによれば、この地球上にいるほぼ誰にでも贈ることのできる最高のプレゼントというのは、...
日本ではあまり馴染みのない「寄付」の文化。欧米では個人から個人への寄付も意外と多いんだそう。クリスマス直前、愛する人にプレゼントをあげるだけではなくて、知...
フォトグラファーのJosh Rossiさんは、心臓病やガンなどの病気と戦っている子どもたちをスーパーヒーローに変身させ、写真を撮っています。なぜなら彼らこ...
誰とも被りたくない人にはうってつけ。プレゼントにも、ついでにドッキリにもうってつけ。
幸福度の高い子どもを育てる、また、その後もハッピーな大人に育てるには、ある大事な法則がありました。大切なのは「心理的なコントロール」をしないこと。
オーストラリア、タスマニア州に住む12歳のキャンベル・レマスくん。なんと彼、病気で苦しむ子どもたちのために、自分のお小遣いをつかってテディベアをつくり、プ...