親孝行したい人必見!親に感謝を伝えるための10の方法

ふとしたときに故郷にいる親のことが思い浮かび、そろそろ親孝行をしたいなぁと思う人も多いのでは?高級車を買う、ブランド品を買うなど、何も親孝行のために肩肘をはる必要がありません。多くの親は物よりも感謝の気持ちや親孝行をしたいと思った気持ち自体を喜んでくれるものです。年齢を問わず、誰でも実現できそうな親孝行の方法を集めてみました。

01.
ストレートに
「ありがとう」と伝える

王道ですが、素直に「ありがとう」と口にすることは大切なことです。「ありがとう」と口にするのが恥ずかしい場合は、手紙にしたためてみるのもあり。実は、どんなプレゼントよりも、あなたの「ありがとう」の言葉の方が胸にくるものがあるかもしれません。

02.
遠方なら定期的に
電話してみる

たとえ大人になったとしても、親から見たらいつまでたっても自分の子ども。やはり近くにいないというだけで心配に思うこともあります。些細な日常の報告でもいいので、定期的に電話をするだけでも親は嬉しいもの。たまには、親の愚痴にも耳を傾けてあげましょう。

03.
近くに住んでいるので
あれば会いに行ってみる

遠方ではなく、近くに住んでいるのであれば、直接会いに行くようにしましょう。親に会いに行って雑談をするだけでも、親への感謝の気持ちは伝わるはず。会いに行った際に、プラスアルファで肩たたきをする、マッサージをするだけで喜ばれますよ。

04.
親の好きな料理の
メニューをつくってみる

たまに料理をつくるのなら、親が好きなメニューをつくってみるのがおすすめ。親は自分の子どもが作ったという点でも喜びを感じますし、さらに自分が好きな料理という点でもポイントは高くなります。事前にリサーチしてサプライズで喜ばせてみては?

05.
自分の生まれ育った家を
掃除する

掃除をすることによって、なにより清潔になりますし、心もすっきりとします。年代にもよりますが、やはり年を取るにつれて体を動かすのはきつくなっていくもの。特に、自分では届きにくい場所を子どもが掃除してくれたら嬉しいはずです。

06.
夢や目標を達成した
喜びを伝える

もし、自分が目標にしていたことや夢が叶ったらぜひ親に伝えてみてください。親にとっては自分の子どもの夢も自分のことのように嬉しいはずですし、誇らしく思うはずです。目標や夢を達成する支えになってくれたお礼として、ちょっとしたプレゼントを持っていくのも良いですね。

07.
親が欲しいものを
贈ってみる

プレゼントを贈るのであれば、親の望むものを贈ってみるのも良いです。親が欲しがっていると言ったからといって、大層なものを贈る必要はありません。マッサージ機器や血圧計など、ちょっとしたものでも感謝の気持ちを伝えることはできます。

08.
親の誕生日や
結婚記念日を祝う

小さい頃に親が自分の誕生日を祝ってくれたように、今度は自分が親の誕生日や結婚記念日を祝ってみましょう。祝い方はそれぞれですが、ちょっとした贈り物から、手料理、レストランでの食事など自分の親にあったプランを立ててみてください。

09.
息抜きに旅行を
プレゼントしてみる

親に旅行をプレゼントするのもひとつの親孝行のひとつの方法。いつも仕事で疲れている親になら温泉旅行、好奇心旺盛の親には海外旅行などいかがでしょうか。日頃の疲れも癒されますし、日頃のストレスも解消されるはず。

10.
自身に子どもがいるなら、
孫の顔を見せにいく

自分の子どもが生んだ子どもだからこそ、親にとっては孫も大切な存在。もし、自分自身に子どもがいる場合は、定期的に親に孫の顔を見せに行くようにしましょう。それだけでも、親にとっては、十分な親孝行になっています。

親孝行の方法についていくつか紹介しました。親孝行をするのに、気を張る必要はありません。まずは、自分のできる親孝行から始めてみてはいかがでしょうか。感謝の気持ちを伝えるだけでも、親は喜んでくれるはずです。