親孝行したい人必見!親に感謝を伝えるための10の方法

ふとしたときに故郷にいる親のことが思い浮かび、そろそろ親孝行をしたいなぁと思う人も多いのでは?高級車を買う、ブランド品を買うなど、何も親孝行のために肩肘をはる必要がありません。多くの親は物よりも感謝の気持ちや親孝行をしたいと思った気持ち自体を喜んでくれるものです。年齢を問わず、誰でも実現できそうな親孝行の方法を集めてみました。

01.
ストレートに
「ありがとう」と伝える

王道ですが、素直に「ありがとう」と口にすることは大切なことです。「ありがとう」と口にするのが恥ずかしい場合は、手紙にしたためてみるのもあり。実は、どんなプレゼントよりも、あなたの「ありがとう」の言葉の方が胸にくるものがあるかもしれません。

02.
遠方なら定期的に
電話してみる

たとえ大人になったとしても、親から見たらいつまでたっても自分の子ども。やはり近くにいないというだけで心配に思うこともあります。些細な日常の報告でもいいので、定期的に電話をするだけでも親は嬉しいもの。たまには、親の愚痴にも耳を傾けてあげましょう。

03.
近くに住んでいるので
あれば会いに行ってみる

遠方ではなく、近くに住んでいるのであれば、直接会いに行くようにしましょう。親に会いに行って雑談をするだけでも、親への感謝の気持ちは伝わるはず。会いに行った際に、プラスアルファで肩たたきをする、マッサージをするだけで喜ばれますよ。

04.
親の好きな料理の
メニューをつくってみる

たまに料理をつくるのなら、親が好きなメニューをつくってみるのがおすすめ。親は自分の子どもが作ったという点でも喜びを感じますし、さらに自分が好きな料理という点でもポイントは高くなります。事前にリサーチしてサプライズで喜ばせてみては?

05.
自分の生まれ育った家を
掃除する

掃除をすることによって、なにより清潔になりますし、心もすっきりとします。年代にもよりますが、やはり年を取るにつれて体を動かすのはきつくなっていくもの。特に、自分では届きにくい場所を子どもが掃除してくれたら嬉しいはずです。

06.
夢や目標を達成した
喜びを伝える

もし、自分が目標にしていたことや夢が叶ったらぜひ親に伝えてみてください。親にとっては自分の子どもの夢も自分のことのように嬉しいはずですし、誇らしく思うはずです。目標や夢を達成する支えになってくれたお礼として、ちょっとしたプレゼントを持っていくのも良いですね。

07.
親が欲しいものを
贈ってみる

プレゼントを贈るのであれば、親の望むものを贈ってみるのも良いです。親が欲しがっていると言ったからといって、大層なものを贈る必要はありません。マッサージ機器や血圧計など、ちょっとしたものでも感謝の気持ちを伝えることはできます。

08.
親の誕生日や
結婚記念日を祝う

小さい頃に親が自分の誕生日を祝ってくれたように、今度は自分が親の誕生日や結婚記念日を祝ってみましょう。祝い方はそれぞれですが、ちょっとした贈り物から、手料理、レストランでの食事など自分の親にあったプランを立ててみてください。

09.
息抜きに旅行を
プレゼントしてみる

親に旅行をプレゼントするのもひとつの親孝行のひとつの方法。いつも仕事で疲れている親になら温泉旅行、好奇心旺盛の親には海外旅行などいかがでしょうか。日頃の疲れも癒されますし、日頃のストレスも解消されるはず。

10.
自身に子どもがいるなら、
孫の顔を見せにいく

自分の子どもが生んだ子どもだからこそ、親にとっては孫も大切な存在。もし、自分自身に子どもがいる場合は、定期的に親に孫の顔を見せに行くようにしましょう。それだけでも、親にとっては、十分な親孝行になっています。

親孝行の方法についていくつか紹介しました。親孝行をするのに、気を張る必要はありません。まずは、自分のできる親孝行から始めてみてはいかがでしょうか。感謝の気持ちを伝えるだけでも、親は喜んでくれるはずです。

感謝は心の中にしまうより、伝えた方が伝える側も伝えられる側も気持ちいもの。でも忙しいと頻繁にできるわけではない。そんな時「ありがとう」を言う以外にもさりげ...
親の育て方のせいで十分に成長できなかったと思う人に、ひとつ良い方法があります。それは、自分自身があなたの親になること。その方法を「The School o...
「ありがとう」を家族に口にしたのはいつですか?もう間もなくクリスマス、そしてお正月。家族が顔を揃えるひとときがやってきます。久しぶりの我が家に戻る人も、日...
愛する人や友達にチョコレートをプレゼントするバレンタインデーは、じつは家族に日頃の感謝を伝えるチャンスでもあります。改まって伝えるのはなんだか照れくさいか...
立ち乗り電動二輪車で知られる「セグウェイ」が、電動キックスクーターの新作「Ninebot KickScooter Air T15」の予約を受付中。以前から...
親が出稼ぎで海外へ行ってしまい、離れ離れになった寂しさなどから精神的に苦しむ子どもが35万人もいるといわれるルーマニア。そんな国から生まれたアプリがありま...
恥ずかしいから、書いて伝えてみました。
11月21日、「Google」が「Google アシスタント」の新機能として「My Storytime」をローンチした。これは家にいない親の代わりに子ども...
親がマリファナを吸っていることを打ち明けてから、子どもの反応を撮影したのは人気動画サイト「CUT」。子どもたちの率直な質問と意見をここでは紹介します。
「感謝の気持ちを忘れずに」。そんなふうに言われることはたくさんありますが、多くの場合は、家族や友だちから優しくしてもらったときのことを指しているのではない...
米国で医療品などの安全性を管理・監督する機関「アメリカ食品医薬品局(FDA)」がADHDの治療効果があると認めた、初めてのゲーム。とくに注意力改善に役立つ...
「Mia hoodie chair」は、子どもの全身をスッポリ覆う大きさで、自分だけの空間にお籠りするようにして座ることができる子ども用のイス。子どもを優...
突然ですが、みなさんは親孝行をしているでしょうか?経営コンサルタントの小宮一慶さん曰く「タクシー運転手さんには、親孝行な方が多い」ということで、彼らと話を...
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
「ありがとう」が言える子供に育てる方法を導き出した、ライターAmy McCready氏は2児の母。自身の育児経験を通して実感した、感謝のキモチを養う育児法...
あなたは今日、何回「ありがとう」を口にしましたか?このひとことを伝えるだけで、相手との関係はとても和やかなものになります。もちろん、相手を笑顔にすることだ...
2007年より世界各国で展示され、14年間で1000万人以上の来場者を達成した「アートアクアリウム」が、常設の美術館となって8月、東京・日本橋にオープン。...
昨日から、「東京スカイツリータウン」と「すみだ水族館」にて夏の風情を感じられるコンテンツ「未来につなぐバーチャル花火」がスタート。
彼の名前は、Louis。4年間で世界65ヶ国を巡り、現在もお母さんと旅を続けている、11歳の男の子です。そんなLouisくんが、子どもと旅に出かける親に知...
アルゼンチンでスーパーマーケットを展開するVeaが、「子どもの野菜嫌いをなんとかしたい」という親の願いを叶えるために作った「Veggie Hacks」。コ...
いつも優しくあなたを守ってくれる存在、おばあちゃん。ここで紹介するのは、Pucker MobでAlexa Thompson氏が書いた「おばあちゃんに感謝す...
幸福度の高い子どもを育てる、また、その後もハッピーな大人に育てるには、ある大事な法則がありました。大切なのは「心理的なコントロール」をしないこと。
親友は、人生で大切にするべきかけがえのない存在。それなのに、肝心なときに限って感謝の言葉が出てこないのは、よくあること。楽しいときは一緒に笑い、つらいとき...
どんな親も、子どもの幸せを願うもの。そのために教えておくべきことは何でしょう。責任を持つこと?何事にも一生懸命になること?「Inc.」のJeff Hade...