30カ国の「子どもたちの姿」から見える世界

旅行中に出会った30カ国の子どもを撮影したMars&Pan。気候・歴史・所得・宗教などは、国によって異なります。だからこそ、格好を見れば、その土地の文化が見えてくると彼らは語っています。

“地元スタイル”を強調した10枚の写真。あなたは、子どもたちの出身国がわかりますか?ちなみに、「04.」は日本じゃないですよ。

01.

伝統的な衣装を着ていても、スニーカーを脱がない現代っ子。

02.

パパとママの許可なく、パーティーの準備中♡

03.

おしゃぶりしながら、はいポーズ!ママは伝統的な織物の仕事をしてるみたい。

04.

草間彌生の作品に合わせたコーディネートかな?

05.

東南アジアの秘境と呼ばれる町で暮らす仲良し3人組。

06.

スペインとポルトガル出身のパパとママ。家族が住むのは?

07.

お寺で出会ったドレスアップした少女。

08.

着ているのは、樹皮でできた衣装なんだとか。

09.

つぶらな瞳で、司祭を待つ女の子。

10.

「Happy Chandara」という女性の自由と尊厳を守る学校に通う少女。

正解は?

01.チリ/イースター島

02.ボリビア/ウユニ

03.ペルー/チンチェロ

04.中国/上海

05.ラオス/ヴァンヴィエン

06.スペイン/バルセロナ

07.インド/ニューデリー

08.ペルー/プエルト・マルドナド

09.キューバ/トリニダ

10.カンボジア/プノンペン

かなり難しい問題だったかと。私は一問も当たりませんでした(笑)。服装は生まれた家にもよりますが、写真から国民性や民族性を感じた人も多いのではないでしょうか。

今後、海外旅行に行く時は、そこで暮らす人々のスタイルに注目してみようと思いました。今までと違った世界が見えてくるかもしれませんよ?

Licensed material used with permission by Mars&Pan
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。そんな子どもたちの暮らしについて紹介します。
アルゼンチンでスーパーマーケットを展開するVeaが、「子どもの野菜嫌いをなんとかしたい」という親の願いを叶えるために作った「Veggie Hacks」。コ...
8歳の少女が世界を見つめる姿を撮り続けるのはフォトグラファーである父。しかし写真は娘のためではなく、自分のためだそう。彼の不安や憂鬱は、清廉で特別にも見え...
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。なぜ無国籍の子どもたちが生まれてしまうのか?をご説明します。
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
おもちゃと言って侮ってはいけない。お国柄によっても違うし、貧富の差によっても大きく違ってなかなか深い。どんなモノを持っているかによって、その子の「生き方」...
子ども用VRヘッドセット「BEYOND」はパノラマカメラと連携することで世界各地を“訪れる”ことができます。
ベトナム・ハノイにあるアスレチックのような佇まいの「VAC Library」。図書館ですが、子どもたちが「サステイナビリティ」だとか「エコシステム」という...
コタキナバルが属するサバ州には、「Etania Green School」という名の、国籍を持たない子どもたちのための小学校があります。
フォトグラファーのJosh Rossiさんは、心臓病やガンなどの病気と戦っている子どもたちをスーパーヒーローに変身させ、写真を撮っています。なぜなら彼らこ...
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、Hannah Diamondの『Hi』です。
親が出稼ぎで海外へ行ってしまい、離れ離れになった寂しさなどから精神的に苦しむ子どもが35万人もいるといわれるルーマニア。そんな国から生まれたアプリがありま...
いつでも好きなアニメや番組をたっぷり楽しめる時代。“テレビっ子”が増えていっても仕方ないし、そうなるのも当たり前なような気がしてしまう。でも、Donna ...
「彼らがこの世から消えてしまう前に、その記録を世界に残しておきたい!」。イギリスのフォトグラファーJimmy Nelson氏は、2009年からプロジェクト...
世界的なビールブランドの発祥地、コペンハーゲンにあるインターナショナルスクール「European School Copenhagen」。この学校が建つ場所...
『となりのトトロ』と『妖怪ウォッチ』。有名な2つのアニメには共通点があります。答えは「子どもにしか見えない友だち」がいること。そんな空想上の友だちのことを...
年末年始の賑やかな場にお似合いなビールが先週12月2日から発売されている。クラフトビールメーカーサンクトガーレンの「水引飾り付き お正月限定 一升瓶ビール」だ。
各劇場スタッフがオススメする飲食店や書店、フワラーショップなど映画鑑賞前後の立ち寄りスポットが記されている。Bunkamuraル・シネマ、アップリンク渋谷...
アフリカ・コートジボワールの子ども達が持つスクールバッグには、ソーラーパネルが付いていて、通学中に貯めた電気で夜に照明を使うことができます。電気が通らない...
5歳のBarbaraちゃんは、プロのキッズモデルではなく、ごくごく普通の家庭で育った女の子。ただ、ちょっと普通の家庭と違うのは、中学校の先生をする母親のA...
子どもと犬。これはもう最強の組み合わせと言っても過言ではありません。ロシア人の写真家、Andy Seliverstoffは「おおきな犬とちいさな子どもたち...
飛行機で長時間眠れない子どものために開発された「Fly Tot」。ふかふかのクッションですが、背もたれに使うわけでも、抱いて使うわけでもありません。
「未来って数日前のことでしょ?」と勘違いしてしまうほど小さい子どもたち。「今この瞬間から先はすべて未来だよ。明日も100年後も」と丁寧に教えるイラストレー...
世界各国のミレニアル世代の部屋を、のぞき見るようにとらえたJohn Thackwrayの写真。同じ世代であっても、当たり前のことだけど国も文化も違う。でも...