30カ国の「子どもたちの姿」から見える世界

旅行中に出会った30カ国の子どもを撮影したMars&Pan。気候・歴史・所得・宗教などは、国によって異なります。だからこそ、格好を見れば、その土地の文化が見えてくると彼らは語っています。

“地元スタイル”を強調した10枚の写真。あなたは、子どもたちの出身国がわかりますか?ちなみに、「04.」は日本じゃないですよ。

01.

伝統的な衣装を着ていても、スニーカーを脱がない現代っ子。

02.

パパとママの許可なく、パーティーの準備中♡

03.

おしゃぶりしながら、はいポーズ!ママは伝統的な織物の仕事をしてるみたい。

04.

草間彌生の作品に合わせたコーディネートかな?

05.

東南アジアの秘境と呼ばれる町で暮らす仲良し3人組。

06.

スペインとポルトガル出身のパパとママ。家族が住むのは?

07.

お寺で出会ったドレスアップした少女。

08.

着ているのは、樹皮でできた衣装なんだとか。

09.

つぶらな瞳で、司祭を待つ女の子。

10.

「Happy Chandara」という女性の自由と尊厳を守る学校に通う少女。

正解は?

01.チリ/イースター島

02.ボリビア/ウユニ

03.ペルー/チンチェロ

04.中国/上海

05.ラオス/ヴァンヴィエン

06.スペイン/バルセロナ

07.インド/ニューデリー

08.ペルー/プエルト・マルドナド

09.キューバ/トリニダ

10.カンボジア/プノンペン

かなり難しい問題だったかと。私は一問も当たりませんでした(笑)。服装は生まれた家にもよりますが、写真から国民性や民族性を感じた人も多いのではないでしょうか。

今後、海外旅行に行く時は、そこで暮らす人々のスタイルに注目してみようと思いました。今までと違った世界が見えてくるかもしれませんよ?

Licensed material used with permission by Mars&Pan
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。そんな子どもたちの暮らしについて紹介します。
アルゼンチンでスーパーマーケットを展開するVeaが、「子どもの野菜嫌いをなんとかしたい」という親の願いを叶えるために作った「Veggie Hacks」。コ...
8歳の少女が世界を見つめる姿を撮り続けるのはフォトグラファーである父。しかし写真は娘のためではなく、自分のためだそう。彼の不安や憂鬱は、清廉で特別にも見え...
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。なぜ無国籍の子どもたちが生まれてしまうのか?をご説明します。
人気ゲーム「フォートナイト」が「赤十字国際委員会(ICRC)」と異色コラボした新ゲームモード「ライフラン」は、ゲームを通して、地雷撤去や救援物資の支給、イ...