ボヘミアン風な「フラワークラウン」じつは、ウクライナの伝統文化にルーツあり

もはや、フェスファッションのトレンドのひとつとなったフラワークラウン(花冠)。ボヘミアンスタイルでなくたって、ちょい足しアレンジを楽しむ女性でいっぱい。

欧米発のフラワークラウン人気ですが、そのルーツを辿っていくとたどり着くのが東欧の国ウクライナだって知ってますか?しかも彼の地では、単なるアクセサリーではなく、もっと深い意味があるんです。

未婚の女性だけに許される
美しさと純真のシンボル

彼女たちが頭に飾るひときわ目を引くフラワークラウン。冠と呼ぶより“かぶりもの”の印象が強い、このvinok(ヴィノク)と呼ばれる花冠は、草花と暖色系のリボンで編み込んでいくのが伝統的なスタイルです。

ひとつの冠には最大12種類の花々を編み込むことができて、それぞれの草花にはきちんと意味があるんだそう。たとえばバラは愛の象徴、ユリは純真さと無垢を意味します。ヤグルマギクが表すのはつつましさ。ヒナギクは平和と優しさといった具合に。編んだ髪の毛を隠すようにリボンで結ぶのが一般的。もちろん、それはリボンにも。

こうした意味深い花冠をつけることができるのは、ウクライナに暮らす独身女性のみ。ヴィノクは彼女たちの純真さと処女性の象徴として、健康やしあわせを願い家族や親族、友人たちから贈られるものでした。つまり、未婚の女性が身につけることでピュアさを表現し、また病や悪霊からも守ってくれる、“お守り”的な意味合いもあったようですよ。

Vyshyvanka (ヴシワンカ)と呼ばれる伝統衣装とともに、ヴィノクを頭に飾る機会は時代とともに減る一方で、なかにはウクライナに生まれながら一度も体験しないままの女性も多い、とクリエイターのTreti Pivniさん。伝統のヴィノクを写真に収めるプロジェクトを続けてきた人物です。

彼女は20世紀初頭の古い写真を集め、イメージからヴィノクのデザインを起こして伝統の花冠をリメイクしていきました。同時に、今のスタイルにもすんなり受け入れられるよう、よりカジュアルでライトな花冠にもチャレンジ。結婚にはまだ早すぎる女の子たちにも、伝統の冠を身近に感じてもらおうという試みです。

フェスファッションの
お手本にしたくなる

民族衣装に身をつづんだウクライナ女性のInstagramは必見。テキスタイルから色使い、装飾品の使い方まで。この夏のフェスファッションのお手本にしたくなるような、ボヘミアンな雰囲気がぎゅっと凝縮していますよ。

Licensed material used with permission by Treti Pivni, (Facebook)
花をいつまでも楽しみたい。ドライフラワーを上手に暮らしに取り入れてみませんか?
結婚式のフラワーガールといえば、親戚の小さな女の子が定番。でも去る7月1日、アメリカ某所で行われた結婚式では、92歳のフラワーガールが登場しました。
結婚式で、花を撒きながらヴァージンロードを清めるフラワーガール。小さな女の子の愛らしい姿に会場が和む素敵な時間ですよね。花嫁のPatrick Caseyさ...
オリーブオイルとハーブさえあれば、どれだけ普通のチーズであっても魅力的なアペタイザーに。秘密は「マリネ」にありました。
バイオメトリック認証は、MLBの試合が行われる一部の球場でも採用されるようです。
結婚式で使用されるウェディングフラワー。よくよく考えてみると、あれって披露宴やパーティーで使うのは一回きり(使い回すイメージはありませんよね)。枯れてしま...
オシャレなカフェが立ち並ぶ街、台北。でも、実際どこに行けばいいのかわからないもの。今日は最近、台北で人気の“ドライフラワーカフェ”をご紹介。ガイドブックと...
秋から冬に近づくにつれて、気温も下がり、人によってはポッカリと心に小さな穴が開いた気分になるかもしれません。人恋しくなったり、不安になりやすかったり、物悲...
お花のある生活には憧れる。けれど、買うのはなんとなくハードルが高くてためらってしまう。そんなお花ビギナーでも、素敵なカップルが営むこんな「フラワートラック...
ベルギーの首都ブリュッセルの中心地にある大広場、グラン・プラス。「世界でもっとも美しい広場」と形容されるこの場所で、2年に1度開催されているのがフラワーカ...
スマートボールは人生そのもの。そんな風に教えてくれたのは、群馬県の四万温泉にいるふじこさん。スマートボール屋さん「柳屋」の名物オーナーです。レトロな空間で...
ウクライナのスイーツショップ「Musse」には宇宙色のエクレアがあり、まるで銀河を流し込んだかのように美しい。宇宙のような色・光沢・模様は専用のミラーグレ...
アムステルダム近郊で集められたプラスチックゴミを利用して作られてた「フラワーベース」。マーブル模様はひとつとして同じものがありません。
〈The Landscapers(ザ・ランドスケーパーズ)〉による「Plantaholic」シリーズは、ひとつ飾るだけで圧倒的な存在感。小さくとも、リビン...
「Light Ball」とネーミングされたランプ。遊び心が溢れたスタイルは、「ナイッシュー」という歓声が聞こえてきそう。こちらを手がけたのは、ウクライナを...
デジタルアート界の巨匠、ミゲル・シュヴァリエによる大がかりな「花」のインスタレーションが評判を呼んでいる。舞台は上海の「ジン・アン・ケリーセンター」。当地...
いつもより空が高く、うんと背伸びしたくなるような秋晴れの日。おいしい珈琲を片手に、目黒川沿いを歩いていると、川の終点あたりで、とつぜん気になるお店が現れる...
5万4千枚もの写真をつなげて作られたこの作品の臨場感は4Kならではのもの。葉の上で光る水滴、まっすぐに空へとのびる木々。朝日を受けて輝く湖面。3分40秒間...
慈悲深きマリアを象ったフラワーポット。
ルーマニア在住のアーティストPaulaさんが作っているのは、ドライフラワーをカプセルに閉じ込めた樹脂ジュエリー。小ぶりなネックレスやペンダントのなかにも、...
旅行中に出会った30ヶ国の子どもを撮影したMars&Pan。気候・歴史・所得・宗教などは、国によって異なります。だからこそ、格好を見れば、その土地の文化が...
一本の角材から削り出している装飾台付きの花器は、まるでヨーロッパの神殿の柱を眺めているよう。
フラワーアーティストのCHAJINさん著『きょうの花活け 花あしらい101の見本帖』(誠文堂新光社)。私にも花のある暮らしが始められるかも、そう思える一冊...
「あなたは何人ですか?」と聞かれたら、多くの人は迷わずに答えられるでしょう。また「嫌いな国はありますか?」という質問にも、少し考えるかもしれませんが、ほと...