ミニマリストが提案。おもちゃが多くても子どもは幸せになれない「12の理由」

家のリビングや子ども部屋が、おもちゃで埋め尽くされていませんか?子どもはおもちゃが大好きですが、たくさん与えることがそのまま子どもの幸せにつながるかと言えば、じつはそう単純でもないようです。

世界的に有名なミニマリストのJoshua Becker氏は、自身のブログ「becoming minimalist」のなかで、おもちゃを与えすぎないほうが子どもは成長する、と主張しています。2人の子どもを育てる親であり、ミニマリストならではの視点、あなたはどう思いますか?

01.
子どもは自ら遊びを創造できる

前提として、おもちゃを与えすぎると、子どもたちの想像力が育たなくなってしまいます。

ドイツの公衆衛生学者であるストリックとシューベルトの2人は、ある幼稚園で3ヶ月間、すべての遊具を撤去する実験を行いました。すると、最初は退屈そうだった子どもたちも、すぐに周りにあるものを使って簡単なゲームを考えて遊び始めたそうです。

02.
ひとつのおもちゃをじっくり楽しむ

おもちゃがたくさんあっても、中にはほぼ遊んでいないおもちゃもたくさんあるでしょう。そうすると子どもたちは、一つひとつのおもちゃを少しだけ遊んではすぐに飽きてしまい、じっくり楽しむことができません。

03.
社会性を育てることができる

おもちゃがなければないで、周りの子どもや大人たちと人間関係を作る方法や、楽しく会話する方法を学びます。

大人になってからも勉強ができたり、社会的に成功する人は、子どもの頃に良い人間関係を構築できている人が多いと言われています。

04.
ものを大事にすることを覚える

おもちゃが溢れていると、それを大切にすることを学ぶことができません。壊れたり、なくなってしまっても、代わりがたくさんあることに慣れてしまうと「モノ」の本当の価値に気づかないでしょう。

もしもあなたの子どもがおもちゃを雑に扱っているようなら、まずはその数を減らしてみてください。子どもたちはすぐにその大切さに気づくはずです。

05.
感受性を育てる

おもちゃがなければ、今よりもっと本を読んだり、音楽を聴いたり、絵を描いたりする時間を持つことができます。そうすることで、感受性も豊かに育つのです。

06.
工夫することを覚える

学校は「答え」を教えてはくれません。先生が教えるのは、答えを導き出す方法です。これは遊びにおいても同じ。

子どもたちは、限られたおもちゃだけでより楽しく遊ぶために、自ら工夫することを覚えるでしょう。

07.
子どもたちの「欲しがり」には制限がない

「おもちゃをたくさん与えればケンカはなくなる」と思いがちですが、むしろ逆で、子どもにおもちゃを与えれば与えるほど、彼らはそれを「自分のもの」だと主張するようになります。

でもおもちゃの数が少なければ、子どもたちはそれを分け合い、協力して遊ぶことを学ぶものです。

08.
我慢強く遊ぶようになる

おもちゃがいっぱいある子どもは、難しいおもちゃで遊ぶことはすぐに諦めてしまい、より簡単なおもちゃで遊び始めてしまうでしょう。

選択肢が少なければ、より辛抱強く、難しいおもちゃでも遊ぶように頑張るようになるはずです。

09.
わがままな大人に育たなくなる

欲しいおもちゃをすべて買い与えられた子どもは「自分が望めばなんでも手に入る」と思って、育ってしまいます。

これでは、いつまで経っても立派な大人にはなれません。

10.
外遊びが増えて、自然を好きになる

たくさんのおもちゃや自分の部屋を持っていない子どもは、自然と外で遊ぶようになります。

健康に育ち、運動が好きになり、きっと自然を愛するようになるでしょう。

11.
おもちゃ屋さんじゃなくても生き生きとできる

おもちゃ屋さんで得られる満足感は、その場かぎりのもの。子どもたちはおもちゃを買い与えられたら、その瞬間だけは満足するでしょう。

しかし、欲望をお金で満たすことを覚えてしまうと、子どもたちは彼らの親と同じように、その方法だけしか知らずに育ってしまいます。

おもちゃ屋さんでは手に入らない体験をし、本当の幸せを感じさせてあげましょう。

12.
家がキレイになる

子どもを持つ親なら、誰でも一度片付けたおもちゃがすぐに家中をぐちゃぐちゃに占拠してしまうことを知っているでしょう。

少なければ少ないほど、家の中が清潔な空間になるのです。

Licensed material used with permission by becoming minimalist
感受性が高い人は、周囲の環境に影響されやすい面があるも、その分人の気持ちを理解できたり誠実な面もあると、ライターのAmy Morinさんは述べています。長...
「ミニマリスト」とは物理的な意味のほかに精神的な意味も持つ。ここでは、ミニマリストの意味や得られるメリット、ファーストステップとしておすすめのアクションに...
感受性が強い人は、人よりもいろいろなことに感づいてしまうことで、よいこともある反面、そうでないこともあるようです。ここでは、感受性が強い人が持つ特徴につい...
おもちゃと言って侮ってはいけない。お国柄によっても違うし、貧富の差によっても大きく違ってなかなか深い。どんなモノを持っているかによって、その子の「生き方」...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
「ecoBirdy」はゴミになってしまう“プラスチックおもちゃ”を回収して、新しいキッズ用インテリアを製造しています。
考え方は主流でなくともミニマリストは、仕事をする上で重要なことをしっかりと見極められているのかもしれません。ここでは、「BecomingMnimalist...
だれにもわからない些細な変化に気づけるーーそんな印象から、よく芸術家になりやすいタイプと認識されますよね。たしかに、言葉にできない曖昧なことを上手にカタチ...
買い物はハッピーな気分になるし、いいリフレッシュになります。でも、「becommingminimalist」のJoshua Beckerさんによれば、人は...
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。なぜ無国籍の子どもたちが生まれてしまうのか?をご説明します。
先日、ニューヨーク市マンハッタンにある「グランド・セントラル駅」に“世界でもっとも高価なインスタレーション”が設置。一見、ただの紙切れが渦巻いているように...
昭和に流行し、今でもお祭りなどの景品でよく見かける「あるおもちゃ」が今、密かに大流行しているという。その「あるおもちゃ」とは......?
アルゼンチンでスーパーマーケットを展開するVeaが、「子どもの野菜嫌いをなんとかしたい」という親の願いを叶えるために作った「Veggie Hacks」。コ...
子どもが大切にしていたぬいぐるみの脚がもぎれたり、耳がちぎれたり、破れてしまったら……。あとはもう、捨ててしまうだけでしょうか?大切なおもちゃを「修理」で...
新型コロナウイルスの影響で注目を集めた「プレッパー」とよばれる人々。意味、なぜ注目されているのか時代背景やミニマリストとの比較を混じえながら紹介します。
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。そんな子どもたちの暮らしについて紹介します。
米「CIA」がUFOに関する機密情報を公開した。このたび公開された700を超える文書は、機密ファイルがまとめられているサイト「The Black Vaul...
「YSL Beauty(イヴ・サンローラン・ボーテ)」が今月発表したのは、1本でどんな色の口紅でも作り出すことのできるスマートデバイス「Rouge Sur...
カリフォルニアを拠点とする企業「Embodied, Inc.」から、子どものための教育ロボット「Moxie(モキシー)」が今秋発売される。Moxieは遊び...
かつてないほど高度な情報化を迎えた私たちの社会に、必要不可欠となった「プログラミング」の技術。優秀なプログラマの育成が世界各国で課題になるなど、その教育の...
コタキナバルが属するサバ州には、「Etania Green School」という名の、国籍を持たない子どもたちのための小学校があります。
幸福度の高い子どもを育てる、また、その後もハッピーな大人に育てるには、ある大事な法則がありました。大切なのは「心理的なコントロール」をしないこと。
子どもたちの「人助けをしたい」という願いを叶え、さらには行動力や実践力を身につけさせる米アトランタの非営利団体「Kids Boost」が注目を集めている。
ベトナム・ハノイにあるアスレチックのような佇まいの「VAC Library」。図書館ですが、子どもたちが「サステイナビリティ」だとか「エコシステム」という...