「神経質な自分」をポジティブにとらえるための思考法

考えすぎて疲れることがよくある。物事を決める時に、あれこれと思考を巡らせすぎて時間がかかる。周囲の環境に影響されやすい。友達に「気にするな」と突っ込まれることが多い。

もしかして、そんな自分を責めたりしていない?

I Heart Intelligence」のライターRaven Fonさんによれば、このような特徴は生まれつき備わっているもので、決してネガティブにとらえる必要はないのだそう。むしろ、そんなあなただからこそのポジティブな側面も。いわゆる「気にしい」と呼ばれる人の特徴を11コ紹介しましょう。

01.
なにごとにも感受性が高い

他の人より物事を深く受け止めるということは、感受性が高い人の特徴。話すトピックに対しても、そうじゃない人たちに比べて、より掘り下げて考えようとするのだ。

『The Highly Sensitive Person’s Survival Guide』などの本を出版しているTed Zeff氏によれば、「繊細な人は強い直感力を持っていて、理解しようと探る傾向がある」という。

02.
人に対して親身になれる

誰かがネガティブな状況に陥った時に、その人の気持ちをきにかけて、思いやりがある行動を取ることができる。

03.
「センシティブすぎる」
「何でそんなに気にするの?」
をよく言われる

Zeff氏が、インド人とタイ人の男性グループにインタビューした。なぜこの2カ国かというと、北米の男性に比べると、繊細な性格だからといってバカにされることが少ない地域とみたからだ。

すると、やはりカルチャー的な要素が強く関係していることが判明。センシティブであることに価値を見出してくれる文化もあるということだ。

04.
全体を考慮しつつ
決断することができる

たとえ正解も間違いもないような場合でも、彼らは後々全体に影響するかもしれないディテールにはこだわる。他の人に比べて物事を決断する時に、より時間を費やす傾向がある。良い点と悪い点の両方について、しっかり吟味するからだ。

しかし、『Aron’s Comfort Zone』によれば、時間がかかったとしても一度結論が出れば、次に同じような状況になった時、より早く判断ができるようになるという。

05.
他人がもつ印象は
「外向的」という場合も

繊細だからといって内気なわけではない。Aron氏は、外向的だけど繊細な人というのは、秘密を暴露されたり他人との関わり合いを持たなければならない小さな町で育った可能性があると推測している。

06.
素晴らしいチームプレーヤー

生まれながらにして、アイデアや考えについて深く想いをめぐらせる性質があるため、チーム内や誰かのパートナーとして活動する時に威力を発揮できる。

だが最終的な決定を担うポジションには向かない。医者に例えると、患者を診断するのは得意でも、手術が必要かどうかなどの難しい決断をするのは苦手、といったところだ。

07.
安心できるはずの場所でも
不安になることがある

Aron氏によれば、「人生の早い時期に良くない経験をたくさんしてきた場合、家や学校にいたとしても安心できないものだ」という。全ての人がそうではないけれど、事実、精神的にセンシティブな部分をサポートしてくれる人が必要になる。そうすることで、不安になる気持ちを避けることができるのだという。

08.
他人が気にしないことにも
影響されやすい

ほとんどの物事に対して強くリアクションをしてしまうからこそ、蛍光灯から聞こえる「ジー…」というような音でも、物凄く不快に思ってしまうのだ。周囲の環境に、簡単に影響をうけてしまい、他の人たちが気に留めないことでも圧倒される感覚に陥ってしまう。

09.
思いやりがありマナーもある

感受性が高い人たちは、同時にとても誠実な人たちだとAron氏は主張している。そのため、他人に対して思いやりがある行動をする傾向があり、しっかりとした礼儀も持ち合わせているのだとか。

10.
批判されることに敏感

他の人が「別に」と言って流せることにも凄く影響されてしまい、そのような状況を避けようとする行動に出る。例えば、人を喜ばせることで、批判されることを回避しようとするのだ。そして、自分で自分を責めることで、人から責められることを避けようとしたりもする。

11.
働くとしたら
フリーランスか静かな場所で

センシティブな人の多くは、フリーランスや家で働くことを好むところがある。そうすることで、日々の出来事をコントロールしやすいという点があるためだ。そして、このような環境で働くことができない場合だと、小さなオフィスで静かに働きたがる。

Licensed material used with permission by I Heart Intelligence
感受性が高い人は、周囲の環境に影響されやすい面があるも、その分人の気持ちを理解できたり誠実な面もあると、ライターのAmy Morinさんは述べています。長...
感受性が強い人は、人よりもいろいろなことに感づいてしまうことで、よいこともある反面、そうでないこともあるようです。ここでは、感受性が強い人が持つ特徴につい...
だれにもわからない些細な変化に気づけるーーそんな印象から、よく芸術家になりやすいタイプと認識されますよね。たしかに、言葉にできない曖昧なことを上手にカタチ...
もしあなたがネガティブだとしても諦めないでください。悲観的な考えをしてしまうからと言って、前向きになれないわけではないのです。ここに今すぐ試せる6つのこと...
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
神経質になることはマイナスイメージがありますが、細かい気配りができるのは、悪いことではないそうです。イギリスの調査によると、彼らは長生きする傾向にあるのだ...
楽天的な人は何も考えていないという事はない。彼らはむしろ、ネガティブな事が起きた時に軌道修正ができたり、物事に対して冷静な判断を下せたりする。ライターのS...
たとえ職場を変えても、新たな街に移り住んだとしても、ネガティブな人というのは必ずいて、あなたに付いてまわります。周りを変えることはできないからこそ、ポジテ...
毎日のように暗いニュースに触れる日々。ポジティブでいようとしても、「またこんなニュースか」「将来どうなるんだろう」とマイナス思考になってしまうのも無理はあ...
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...
マイナス思考は、人生をつまらなくします。ネガティブなことに振り回されずに生きていけたら、人生は今より楽しくなるに違いありません。でも、どうすれば自信が持て...
ひとくくりにできるわけないとは思っていながらも、アメリカは「太り気味」で「ポジティブ思考」みたいな会話、心当たりがありませんか?「The Infograp...
多くの人にとって、20代、30代の頃の悩みのひとつに、「上司との関係」が挙げられるのではないでしょうか。ただし、それだけに限らず、「人間関係」はしばしば悩...
いつも物事を一歩前に進めてくれるポジティブな人って、一体どんな共通点があるんでしょうか?その考え方を参考にすれば、前向きな行動ができるかも!1.座右の銘は...
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
いつもより、時間にゆとりのある日曜日の朝。じつは普段気づき難いことを考えるのに、とてもいいタイミングなんだとか。のんびりと過ごして疲れを癒すのもいいですが...
「予感」「第六感」「虫の知らせ」なんていう言葉はたくさんありますが、そもそも直感はどこまで信じられるものなのでしょうか。なんだか不思議な力が働いているので...
幸せな一年を過ごしたいのなら、まず脳をポジティブに切り替えていくことが大切。そこで「Elite Daily」のAlani Vargasさんがかき集めたのは...
「ほめ日記」を知っていますか?読んで字のごとく、日記を書くときに自分を「褒める」というものです。これをすることで、現代人が抱えやすいストレスが解消され、今...
仕事に追われ、忙しい日々に追われる人たちは、自分が成し遂げた成果を省みてポジティブになるより、自分の失敗を振り返ってはネガティブになり、自分自身に厳しくな...
ビューティプロデューサーとして、これまで14万人もの女性にアドバイスを実践してきた平野宏枝さん。そんな彼女が、LAと日本を行き来するなかで見つけた「自分も...
最近何をやってもうまくいかない、マイナス思考がクセになっている、などの悩みがある人はいませんか?永谷研一さんの著書『できたことノート』では、毎日あるメモを...
嫌なことがあってもすぐに立ち直ってしまう人のことを「あいつはポジティブな人間だ」なんて言いますよね。でもじつは人間は誰でもこの力を持っていて、うまく活かす...