ポジティブ思考が、あなたの人生をガラッと変える。

好きなことだけして、楽しくお金を稼げたら、そんな幸せなことはありません。ですが現実は、好きな仕事ばかりではありませんよね。任された仕事を淡々とこなすだけでは、仕事に楽しさや満足感を感じられず、モチベーションはどんどん下がってしまいます。より力強く、モチベーションを持って仕事をするために、ちょっと視点を変えてみましょう!

今回は、仕事や人間関係において、パワフルに生きるための考え方をまとめてみました。今日こそ、昨日の自分より進化してみませんか?

待っているだけでは
給料は上がらない

112372ac0d32c47796ba500fb4c442f043bf82a9

「給料が安い」と文句を言っている人がいます。あなたが経営者だったら、こんな愚痴を言う人を雇いたいですか?収入を上げるには、与えられた以上の仕事をするしかありません。それができていないうちは昇給を待っていたって永遠に上がりません。

仕事において自分の価値を高めることも、給料を上げる方法の一つです。手っ取り早いのは、自分にしかできない仕事を増やすことです。その職場であなたしかできない仕事があれば、会社はあなたを手放したくないはず。そういう存在になれば、自分の価値がアップし、初めて給料の交渉ができるのです。

期待を上回る仕事をし続けてくれる人には、たとえ給料が倍になっても頼まざるをえません。なぜなら、期待を上回ることがスタンダードになるので、期待以上の成果を出せない相手では物足りなくなってしまうからです。結果、その会社でオンリーワンの存在になるのです。その他大勢から突き抜けてオンリーワンになるためには、まずは目の前の相手に尽くすことが大切です。

仕事ができる人に
時間はいらない

6fd06e9142e420530cb9a3ee56ecd9f0e958ca86

私は、仕事、勉強、プライベート、休養の時間をすべて24時間の中で確保しています。ビジネスが拡大すると、1日の時間の中で仕事の割合を大きくしがちですが、私はそうはしません。ある一定の決められた時間内で、仕事の量を増やすだけです。

仕事の時間を増やすのは、仕事ができない自分への言い訳だと思っています。タイムスケジュールをうまく回したいなら、心身が健康であることがマストです。仕事で成功したいと本気で思うのならば、寝不足や肌荒れ、肩こりも含めて健康にもっと気を使うべきです。余計な心配や不調に振り回されて目の前のことに集中できないと、大切な時間を浪費して終わってしまいます。

時間に関して、もう一つ。いくら仕事に時間をかけてもクオリティは上がりません。そこで、短時間で濃い時間を過ごすには集中力がポイントになります。集中力があれば、一つのことがすぐ終わり、すぐに次のことへ取りかかれるので、一日のうちにこなせるタスクの量が圧倒的に多くなります。

忙しくても
時間を作る方法

休みの日に仕事をして休んでいない人は、大切な時間をひたすら他人のためだけに使っています。そもそもなぜ休めない(休まない)のかというと、自分の価値を認めていないからです。自尊心が低いせいで、自分のために時間が使えないのです。

自分を大切にしている人は、自分のやりたいことや自分を労わることに優先的に時間を使っています。私は時間が取れそうなときは、すぐにスケジュール帳に斜線を引いて、人とのアポイントを入れないようにしています。自分のために時間を使っているのです。

予定が空いていて休みたいなと思っているときに、誰かに「これしてほしいな」と言われると、ついつい「私やります!」と言ってしまうあなたに忠告です。断るモチベーションが低く、断るより受ける方がラクだからそうしている自分がいるということに気付きましょう。そんな自分から卒業して、休めるときにはゆっくり休みましょう。

卑屈にならず
前向きに進み続ける方法

E75399a1a506e7905faf1f0601d4166d3f4cf097

心にネガティブな感情があっても良いと思います。でも、ネガティブな感情にそのまま流されてはいけません。いろいろな感情に揺れたとしても、「私はこうありたい」という軸さえ持っておけば、その軸に戻ってくることができます。感情に振り回されていると、まわりの出来事にも流されやすくなり、トラブルやミスが起きがちです。だから、ビジネスにしろプライベートにしろ、いつも穏やかな心でいることをオススメします。

では、どうすれば穏やかな心でいられるのでしょうか。それは、感謝の気持ちを忘れないことだと思います。感謝の気持ちがあれば、常に謙虚でいられて、無駄に人と争ったりしないので、心が乱されることはありません。

忙しいときは、ついネガティブになって自分の嫌なところを探したり、言い訳をしてしまいます。本来の自分じゃなくなっているのですね。そういう本来の“自分ではない自分”でいることを認めた上で、こんな自分は違うな、私っぽくないなと気づくことが必要です。

マイナス思考は、人生をつまらなくします。ネガティブなことに振り回されずに生きていけたら、人生は今より楽しくなるに違いありません。でも、どうすれば自信が持て...
「だって~」「でも~」「どうせ~」「〜だから」…このようにDがつく言葉が口癖だというアナタは注意してください。なぜなら、この前後につく言葉は決まって「言い...
「ほめ日記」を知っていますか?読んで字のごとく、日記を書くときに自分を「褒める」というものです。これをすることで、現代人が抱えやすいストレスが解消され、今...
あなたは今の人生や生き方に満足していますか?心のどこかで、もっとこうしたい、ああしたい。そんな気持ちがあるのなら、いま一度この質問を自分の心に問いかけてみ...
もしあなたがネガティブだとしても諦めないでください。悲観的な考えをしてしまうからと言って、前向きになれないわけではないのです。ここに今すぐ試せる6つのこと...
学生時代の苦い経験から、ガラッと180度人生を回転させた女性がいます。『不登校の女子高生が日本トップクラスの同時通訳者になれた理由』(アスキー・メディアワ...
「仕事も終わった。さて、プライベートタイムだ♪」とはいえ、翌日に向けてのエネルギーを養う時間でもありますから、適当に過ごすだけじゃいけません。美LIFEク...
何かに流されながら、なんとなく生きていませんか? 面倒だから今この流れに乗ってしまおう…なんて考えていると、表面上は取り繕えていても、後でつらい思いをする...
美人で仕事もできる。 そんな人に出会った時、両方を実現するなんて「私とは違う特別な人」と、勝手に線引きしていませんか?でも、彼女たちが輝いて見えるのは、自...
たとえ職場を変えても、新たな街に移り住んだとしても、ネガティブな人というのは必ずいて、あなたに付いてまわります。周りを変えることはできないからこそ、ポジテ...
精神や心を重要視するこの時代、質の高い人生を送るためには、正しい心のあり方を知る必要がある。こう説くのは、『人生が変わるマインドフルネス』(幻冬舎)を上梓...
「どうせならば、悩みがなくて、ノーストレスで生きていきたい」と、誰もが思うはず。でも人生は山あり谷あり。不条理なことで悩まされることもあります。高田晋一さ...
生きていればいろいろなことが起こります。辛いことも、悲しいこともありますが、ちょっと視点を変えれば、その出来事は人生の大切な教訓になるかもしれません。「T...
人生を晴れやかなものへと変える生き方。「自分を知る」目的としてマインドフルネスの実践を提唱する荻原順子さん。著書『人生が変わるマインドフルネス』(幻冬舎)...
いつもより、時間にゆとりのある日曜日の朝。じつは普段気づき難いことを考えるのに、とてもいいタイミングなんだとか。のんびりと過ごして疲れを癒すのもいいですが...
今後の生き方に不安を感じているあなたにお届けしたいのは、「Spirit Science」のライターElimor Baderさんがまとめた、なんとなく過ぎて...
「最高の人生」に焦点を当てる男、パトリック・スウィーニー氏。大まかに説明すると、3つのIT系企業を立ち上げて大金を稼いだ。が、常に投資家と戦っている感覚が...
日本、スペイン、イスラエル、ロシアなど、さまざまな国で働いてきた長谷川雅彬さん。そんな彼は、格闘家、投資ストラテジスト、アーティスト、作家など、マルチな才...
「少しでも自分の生き方を変えたい!」と思って自己啓発本を手にしても、分厚いし内容が難しそう…という理由で、読むのを諦めた人も多いのではないでしょうか。高田...
一生忘れない旅を君はしたことはあるだろうか?「ある」と答えた人はきっと、この先の人生は大丈夫なはず。「ない」と答えた人には、「絶対にそんなことはないはずだ...