おもちゃの釣竿にかかったのは、とんでもない大物だった!(動画あり)

湖でパパのバス釣りにお付き合いのエイブリーちゃん。愛用の釣竿は、おもちゃの「Barbie Fishing Pole」。真似ごとのつもりが、少女のロッドをしならせる、とんでもない大物がこのあとかかりました。

まさか・・・
おもちゃの釣竿に
予期せぬ大物がヒット!

 エイブリー:「パパ、なんか引っかかった」

スクリーンショット 2015-09-29 20.41.59

パパは、エイブリーちゃんひとりで釣りあげるよう、応援に回ります。「もっとリールを巻いて。そのままそのまま」。的確なパパの指示、ロッドが弓なりにしなります。

スクリーンショット 2015-09-29 20.40.24

どうしていいか分からないエイブリーちゃん。ついに、水面に姿を見せた湖の主。

スクリーンショット 2015-09-29 21.04.47

エイブリー:「YES、YES、YES、YES、YES、YEAHHHHHS!どうしようパパ。助けてお願い…ダハハハ」

大物の予感に少女の興奮も最高潮。もはや、笑いが止まらない親子。そうして、ついに…彼女の手に落ちた湖の主。

スクリーンショット 2015-09-29 20.43.05

スクリーンショット 2015-09-29 21.08.40

この誇らしげな少女の顔。立派に一人だけで釣りあげてしまったエイブリーちゃん。それにしてもこの釣竿、完全におもちゃの域を超えちゃってませんか!?

Licensed material used with permission by Jukin Media

おもちゃと言って侮ってはいけない。お国柄によっても違うし、貧富の差によっても大きく違ってなかなか深い。どんなモノを持っているかによって、その子の「生き方」...
家のリビングや子ども部屋が、おもちゃで埋め尽くされていませんか?子どもはおもちゃが大好きですが、たくさん与えることがそのまま子どもの幸せにつながるかと言え...
子どもが大切にしていたぬいぐるみの脚がもぎれたり、耳がちぎれたり、破れてしまったら……。あとはもう、捨ててしまうだけでしょうか?大切なおもちゃを「修理」で...
メキシコの写真家、Felix Hernandez Rodriguez(フェリックス・ヘルナンデス・ロドリゲス)さんの写真は、一見映画のワンシーンのようで、...
都合の良いお洒落と恋を楽しむ架空の都市のようなコンセプトは、そのほかの作品も同様にあります。
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。
かつてないほど高度な情報化を迎えた私たちの社会に、必要不可欠となった「プログラミング」の技術。優秀なプログラマの育成が世界各国で課題になるなど、その教育の...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
サンフランシスコを拠点とするデザイン会社「Hero Design」。彼らがつくった“ビジネスマン向けのおもちゃ”が話題を呼んでいます。その名も「Everb...
プログラミングを、PC画面とにらめっこせずに学べるツールが開発されています。「Project Bloks」では、子どもたちが遊びながらにして、自然と基礎を...
想像していたテイストと違ったんです。ビックリしちゃいました。
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
「誕生日に息子をおもちゃ屋に連れてったんだ。何を選んだと思う?」 そう話すお父さんと一緒に動画に登場したのは、3歳になったばかりのアザイくん。どうやら自由...
はじけるような笑顔が印象的なのは、フロリダ在住のCheyenne Lee。世界で一番美しい釣りガールとして、爆発的に注目を浴びている。セクシーさも人気に火...
いまや、低価格で安全な小型ドローンがおもちゃ屋にずらっと並ぶ時代です。アイデア商品もたくさん出ていますが、ドローンを「作れる」おもちゃがあるのをご存知です...
渋谷・道玄坂の人気クラブ「 VISION」で音楽と踊りと空間を満喫するパーティガールたちをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
2011年より続くシリアの内戦は、すでに5年9か月。出口の見えない迷宮のような日々に怯えながら今日を生きる子どもたちがいます。そんな彼らにほんのひとときだ...
ただただ“明るくて、表示をシンプルにしたら、わりと洒落た雰囲気になった”って感じ。そこがおもしろいと思います。チープだとか、おもちゃみたいだとか、この時計...
ドイツ在住の美大生Laurel Driskillさんが投稿しているASMR動画は、熱したナイフでクレヨンや口紅、ゼリーなどカットしていくところ。音だけでな...
「この前、帰りが遅かったでしょ?」「バスケの試合は残念だったね?」見ず知らずの人にプライベートな質問を浴びせられ、戸惑い怖がる子どもたち。でもこれ、実は……。