【閲覧注意?】海洋保全を訴える「ちょっとグロいぬいぐるみ」が発売中

米スタートアップ飲料メーカー「Liquid Death」が販売しているのは、デスメタル風の書体で同社名が大きく書かれた缶飲料。

どうみても、エナジードリンクか度数の高いお酒にしか見えないこの缶飲料であるが、その中身はなんと、ただの水なのだ。

人々を笑わせながら、より多くの人にもっと水を飲んで欲しいと語る同社が、またもや“ちょっと変わったぬいぐるみ”を発売するという。

© liquiddeath/Instagram

「Cutie Polluties」と名付けられたこのぬいぐるみは、海に流れ込んだプラスチックによって血が流れ出している海洋生物たちをモチーフにしたもの。大量に出血しているにもかかわらず、顔に笑みを浮かべる動物たち。こちらもデスメタル的な世界観に仕上がっているようだ……。

もちろん、これはプラスチックによる海洋汚染の問題を提起するもので、収益の半分は海洋保護団体に寄付されるとのこと。

また、ぬいぐるみに使われているプラスチック部分には、本物のプラスチックが100%リサイクルで使用されているようだ。

「Liquid Death」の公式サイトには「私たちがやっているすべてのことが不必要になるように努力している」との声明文も。

ちょっと奇抜ながらもユニークな方法で社会を変えようとする同企業に今後も注目していきたい。

Top image: © iStock.com/chaiyapruek2520
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

世界で問題視される海洋ゴミ。その主なひとつとなっている漁網をリサイクルした新コレクション「GNB×russet Sustainable Collectio...
生活用品大手の「P&Gジャパン」は、日本で初めて海洋プラスチックを使用した製品ボトルを採用。台所用洗剤「JOY」シリーズより、そのボトルを使った「JOY ...
2014年に設立された「eXXpedition」。クルーは女性のみで編成され、海洋プラスチック問題の注意喚起とその解決策を模索している。
株式会社コーセーは、イオンスタイル上尾とテラサイクルジャパン合同会社との3社で、「海洋プラスチックごみ」からリサイクルした再生樹脂を使用した「買い物かご」...
たとえ、誰からも理解されなくても、認められなくたって、コツコツとひたむきにひとつゴトに取り組んできた人々。人生の多くの時間を費やしてきた「愛すべきバカヤロ...
6月29日、ニューヨークでアディダスのコンセプトスニーカーが発表されました。レセプション会場にアディダスが選んだのは、国連本部ビル。じつは、同日開催されて...
「YKK」が海洋プラスチックごみを主原料としたファスナー「NATULON Ocean Sourced(ナチュロン オーシャン ソースト)」を開発。スリラン...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...