【閲覧注意?】海洋保全を訴える「ちょっとグロいぬいぐるみ」が発売中

米スタートアップ飲料メーカー「Liquid Death」が販売しているのは、デスメタル風の書体で同社名が大きく書かれた缶飲料。

どうみても、エナジードリンクか度数の高いお酒にしか見えないこの缶飲料であるが、その中身はなんと、ただの水なのだ。

人々を笑わせながら、より多くの人にもっと水を飲んで欲しいと語る同社が、またもや“ちょっと変わったぬいぐるみ”を発売するという。

© liquiddeath/Instagram

「Cutie Polluties」と名付けられたこのぬいぐるみは、海に流れ込んだプラスチックによって血が流れ出している海洋生物たちをモチーフにしたもの。大量に出血しているにもかかわらず、顔に笑みを浮かべる動物たち。こちらもデスメタル的な世界観に仕上がっているようだ……。

もちろん、これはプラスチックによる海洋汚染の問題を提起するもので、収益の半分は海洋保護団体に寄付されるとのこと。

また、ぬいぐるみに使われているプラスチック部分には、本物のプラスチックが100%リサイクルで使用されているようだ。

「Liquid Death」の公式サイトには「私たちがやっているすべてのことが不必要になるように努力している」との声明文も。

ちょっと奇抜ながらもユニークな方法で社会を変えようとする同企業に今後も注目していきたい。

Top image: © iStock.com/chaiyapruek2520
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事