「ワインの副産物」でつくった新・乳酸菌飲料

ワインパミス」って知ってる?

ワインを醸造する工程でぶどうを絞った後に残る果皮のこと。つまりはワインかす。一部では家畜の餌などに再利用もされているが、多くは畑に埋めたりと廃棄処分されてきた。

そのワインパミスを使った、新たな“副産物”がリリースされた。ワイン県山梨の「株式会社中村商事」がつくる新しいドリンク「乳酸菌発酵ワインパミス飲料」。

©株式会社中村商事
©株式会社中村商事

ワインパミスのほとんどは果皮。良質なポリフェノールがふんだんに含まれている。一説には、ワインとして飲むより2倍〜6倍も多いそうだ。ほかにも、ワインには移行しないオレアノール酸なんて栄養成分も。

それを無碍に捨ててしまってはモッタイナイ。サステナブルの観点からも、ワインパミスを再利用しようという動きはワイン関連業者で活発化し、商品化されてきたものもある。

さて、前置きが長くなったが、山梨大学ワイン科学研究センターと共同開発で誕生した「乳酸菌発酵ワインパミス飲料」。前述の豊富なポリフェノールに乳酸菌を加えることで、飽きのこない爽やかな飲み心地を追求した一品だとか。

県内だけでも年間約10,000トンが廃棄されてきたぶどうカスに対する、新たなソリューションとなるかにも注目したい。1本150g入りで280円(税別)。

乳酸菌発酵ワインパミス飲料

【購入ページ】https://shop.re-wine.jp/

Top image: © 株式会社中村商事
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
お茶を製造する工程で発生する「茶殻」を有効活用すべく、伊藤園が研究開発に取り組んでいる「茶殻リサイクルシステム」。茶殻からできたのは3D立体構造のマスクフ...
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...
飲み残して酸化してしまったワインを利用してつくる「サングリア」のご紹介。
独自の自然発酵を促す「クヴェブリ製法」により、唯一無二の味わいを生み出すオレンジワイン「パパリ・ヴァレー スリー・クヴェブリ・テラスズ ルカツィテリ」。
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
衣類をかけてボタンを押すだけで服を除菌してくれる「スマートUV除菌ハンガー」が誕生。
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。ベトナム最大の街・ホーチミンから北へ約300kmの美しい高原地帯で生産される赤ワイン「ダラットワ...
ワインの用語を勉強する中で感じたのが、「~ジュ」って単語がとにかく多い!ということで、参考までにワインを語れるよう自分の勉強ノートからワードをいくつかご紹...
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
家庭でワインを保管するにはどうすればいいのか? ソムリエ吉川大智さんに伺いました。
1月5日より、Netflixが卑語をテーマにした新番組『あなたの知らない卑語の歴史』の配信を始めた。6話構成で、それぞれ約20分の長さとなっている。
いま「SpaceX」や「Blue Origin」などが打ち上げた人工衛星が天体観測の邪魔になっているようだ。
このマラソン大会、毎年ボルドーで行われているもので、ランナーはぶどう畑を通る42.195キロのコースを走ります。20ヵ所以上ある給水地点では、さまざまな醸...
昨年の12月、米セブンイレブンが缶入りワイン「Roamer」を発売しました。これはひとつのトレンドを象徴するような出来事だと思います。アメリカでは今、缶ワ...
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
ドイツの200年以上歴史をもつ醸造所と、歴史は浅いけどアメリカで新世界ワインの開拓者として活躍を続けてきたワイナリーのコラボブランドがつくった白ワイン。そ...
ワインの印象を左右するグラス選び。きちんと理解してますか? ワイングラスにフォーカスし、ソムリエ吉川大智さんにグラスの種類とその適切な選び方を教えてもらい...
「ちょっと高くても美味しいワインを」としてオススメしたチリワイン「コラゾン・デル・インディオ ヴィニャ・マーティ」。値段は2,000円台前半。プレミアムワ...