-196℃以下の液体窒素でつくる、「ワインアイス」でヒンヤ〜リしたい!

ジメジメした蒸し暑さを、いっぺんに吹き飛ばしてくれるようなアイスを紹介しましょう。どれも暑さを吹き飛ばすのがアイス?いえいえ、こちらは、-196℃以下で一瞬のうちに冷却する、大人がよろこぶアルコール入りのもの。

化学実験じゃありません!
アイスを作っているんです

白衣姿の男性ふたり。なにやら手元がトンデモナイことになっていますが、これは化学実験でもなんでもありません。彼らはいま、話題のアイスクリーム製造の真っ最中。

じつはこのスモーク、-196℃以下の「液体窒素」を使って瞬間冷却させる際に生じる冷気なんです。

一瞬のうちに急速冷却できる液体窒素の特性を活かして、彼らがつくっているのは、もちろんただのアイスではありません。これは、“オトナのため”のアイス。アルコール度数約10%のワイン入りのアイスなんです。食べればちゃんと酔いがまわるんだそうですよ。

ボルチモア生まれのアイスブランド「Wiinecream」がつくる、ワインアイス。今、アメリカでちょっとした人気を呼んでいるシロモノなんですが……やっぱり、この独特の製造方法にどうしたって注目してしまいますよね。それにしてもこの煙、まぁ白衣が似合うこと似合うこと。

これが、液体窒素でつくる
ワインアイスの全容

まずは、赤・白ベースになるワインを選択します。このワインもアイスに合うようルーツを漬け込んだ、いわばサングリアのようなフルーツワイン。次に数種類のフルーツピューレから一つを選び、最後にトッピングするフルーツやクッキー、チョコレートチップ、ナッツなど、好みに合わせて加え、いざ-196℃の液体窒素をブシャー!

わずか数秒、豪快な煙幕で中の様子が見えませんが、その間もこねこね。

すると、いい塩梅に固体化したWinecream。あとは、コールド・ストーン・クリーマリーのように、こねこね混ぜ合わせてできあがり。

これは、おいしそう!

冷たいアイスを食べながら酔っ払うって、どんな気分なんだろう?もちろん、おいしいからって食べ過ぎは禁物。アルコールに弱い人だと、きっと気付かぬうちにぐでんぐでんになっちゃいますから。

ひんやりアイスを開発した
あったかファミリー

なんでもこのWinecream、子どもたちがみな実家へと戻ってきたクリスマス休暇の際に、液体窒素で瞬間冷却させるアイスを思いついたそう。従来のようにアイスクリームの原料にフレーバーとしてワインを使う、というものではなくワインの風味やアルコールを直接感じるための施作だったとか。ベストな配合を見つけ出すために家族は試行錯誤。

ようやく、たどり着いた納得の味と大きな液体窒素ボンベを担いで、家族は料理フェスやワインイベントへ。これまでのものとはひと味もふた味も違う、ワインの風味にファンが急増。あれよあれよと言う間に、いまやイベントに引っ張りだこのファミリーです。

夏フェスやイベントで
大人気間違いなし!

ところで、今でこそこうしてアイスだったり、料理にも利用される機会の増えた液体窒素ですが、。その始まりは“世界一予約の取れないレストラン”と言われた、あの「エル・ブジ」だという話も。料理をはなやかに見せるための演出と、液体窒素で凍ったものがまた溶け出す妙味を狙っていたり。急速冷却の料理、きっとこれからもどんどん登場するんでしょうね。

これ、日本の夏フェスに登場したらゼッタイ流行ると思いません?ピニャ・コラーダやダイキリ、うーん考えただけでも……食べてみたい!

All Photo by :Tasha Dooley

Licensed material used with permission by Crossroad Company, LLC, Tasha Dooley
都内も近いうちに梅雨入りしますが、自宅でこのアイスキャンディをペロペロしながら、テキーラを飲めば、もう気分はたぶん、夏。
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
今回は原宿にある「GOMAYA KUKI」。世界一濃いごまアイス専門店!ごま油をかけて食べる不思議なごまアイス!SNSで人気のお店って実際はどーなんよ?価...
独自の自然発酵を促す「クヴェブリ製法」により、唯一無二の味わいを生み出すオレンジワイン「パパリ・ヴァレー スリー・クヴェブリ・テラスズ ルカツィテリ」。
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
飲み残して酸化してしまったワインを利用してつくる「サングリア」のご紹介。
この夏を爽快にする白ワイン「KWV クラシック・コレクション シュナン・ブラン」。1,000円もしないのに、エチケットのデザインや美しいオリーブ色の液体に...
Hellmann'sのマヨネーズがフレーバーになったアイスクリームが登場しました。
ポルトガル北部、大西洋沿岸のヴィーニョ・ベルデ地域でつくられる「ポウコ・コムン」。アルコールをしっかり感じる厚みのある果実味と、フレッシュなアロマが特徴です。
「Rebel Coast Winery」による、カリフォルニア産ソーヴィニヨンブランを使ったワインには、アルコールが入っていません。だから、いくら飲んでも...
自分の歳の数だけ豆を挽いて、恵方を向いて飲む節分専用のコーヒー豆「節分珈琲」が発売中。今週1月27日(水)までの限定販売。
大好きなスイーツとお酒をかけ合わせた極上スイーツ。大人だけに許された「ほろ酔いスイーツ」をレシピとともにご紹介!
5月9日は「アイスクリームの日」。昨日でも明日でもなく、今日だからこそシェアしたい
春から初夏にかけて、夏ほどじゃなくても、少し動けばじんわりと汗をかく。家事中とか、通勤中とか、買い物中とか。少しだけ、少しだけでいいから、クールダウンしたい。
ワインソムリエ吉川大智さんに、3000円以下で買えるおすすめワインを選んでもらいました。味よし、コスパよし、おまけに料理との相性もいい。(欲張りすぎ?) ...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
いま、ニューヨークを舞台にした『ホーム・アローン2』が再び話題となっています。ドナルド・トランプ氏がカメオ出演していて、多くの人がそのシーンを削除するよう...
「コクヨ株式会社」が「UHA味覚糖株式会社」、「Whatever Inc.」と共同で、ミントタブレット「minute mint」を企画・制作。1月20日に...
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...
家庭でワインを保管するにはどうすればいいのか? ソムリエ吉川大智さんに伺いました。
米オレゴン州でのびのび育ったぶどう品種「ゲヴェルツトラミネール」100%でつくったワイン。「スワロー ゲヴェルツトラミネール」
ある特定の地域で地元の人に心の底から愛される「ソウルアイス」を厳選して詰め合わせた贅沢な「「全国のソウルアイス厳選セット」が登場。懐かしの味、まだ出会った...