フランス軍が「SF作家」を雇う

世界各国の軍隊がゲーマーを雇っている。紹介するのは、それに近しいが、よりクリエイティビティのありそうな話。

フランス軍が、未来で起こりうる脅威に備えるために、SF作家を雇ったそうなのだ。4〜5人で構成されるチームとして活動するという。

もう少し詳しく説明すると、フランス軍でも想像が難しい出来事を予測するのが仕事。テロリストなどが、どのように最先端テクノロジーを駆使して攻撃を仕掛けてくるのか?などを考えるそう。

その情報を元に、フランス軍は対応策を打つわけだ。

まあ、おそらく彼らの考えていることは公開されないだろうが、具体的な内容がちょっと気になる。

Top image: © DreamSlamStudio/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
6月あたりからフランスで精肉店が襲撃される事件が徐々に増えています。
どんなに大声で訴えたいことがあるフランス人でも、のっぴきならない事情でデモに参加できない時もあります。そんなフランス人のためのサービスが「Wistand」。
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
なんとなくゴミを荒らすイメージのあるカラスですが、フランスのテーマパーク「Puy Du Fou」では清掃員として活躍しています。
オウムアムアは「高度な地球外文明によって太陽系に送り込まれたエイリアンの探査機」。米ハーバード大学教授が新著を発表。
先日、オンラインで開催された「Apple」のカンファレンス「WWDC2020」でApple TV+渾身のSF大作ドラマ『Foundation(原題)』のテ...
「アメリカ宇宙軍」が隊員募集にあたってリクルートCMを公開。まるでSF映画の予告編かのような映像が話題になっている。
違法でフランスに滞在していたMamadou Gassamaさん。非難されるべきだった存在の彼は今年、ある出来事がキッカケでなんと国籍を取得するに至りました。
クラフト作家のリアルでの活動の場が減少したこと、個人で運用しているECサービスへの集客は、情報の拡散が難しいという課題を解決するバーチャル展示会「VR作家...
フランス革命期の1796年に起きた「ヴァンデの反乱」で焼かれてしまったお城「Ebaupinay Castle」の共同オーナー権を売ることで、その復元・保存...
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
フランスの航空会社「エールフランス」が、キャンセルをしたフライトのチケットを売りさばけるWEBサイトを創設しました。
在日フランス大使館のTwitterアカウントでもリツィートされていた「Disco Foot」。
6月12日、リーグ・アン(フランスの1部リーグ)の名前が、2020-2021シーズンから「Uber Eats Ligue 1」になると発表されました。そう...
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。
独自のシステム「デュアルエアバッグ」を搭載し、理想的なウォーキングを実現するインソール「AIR FLOW」が「Makuake」に登場。
47都道府県の厳選されたお茶が毎月届けられるサブスクサービス「O-CHA」が「Makuake」にてローンチ。
「Pass Culture」という名のアプリは、まるで出会いを求めるマッチングアプリのように気軽にイベントを見つけることができます。文化や芸術に振れる若者...
フランスの山に映しだされるリアルなクマやオオカミ。同国を拠点に活動するデジタルアーティストJulein Nonnonさんが手がけるプロジェクションマッピン...
「畑にパンツを埋めてください」。フランスの農業会議所が農家に指示した内容は、とっても興味を引きます。今日(5月27日)から6月2日までにパンツを埋めて、8...
フランスに暮らすAdrien Locatelliが、聖書とコーランのテキストの一部を自分の体内に取り入れました。
「日本でフランスパンが1番売れる日って、いつか知ってる?」という質問。答えは、ディナーにチキンやローストビーフを用意しちゃう昨日、今日。そのきっかけはDO...
フランスで「iPhone 12」シリーズを購入する場合は「イヤーポッズ」が付いてくるそうだ。