SF映画に出てきそうな「風力貨物船」にワクワク

スウェーデンの船舶会社「Wallenius Marine(ワレニウス・マリン)」が開発中の風力発電船「Oceanbird(オーシャンバード)」が最高にクール。

一度に7000台もの自動車を輸送できる大容量と、大西洋を12日で渡りきるスピードはもちろん魅力的だが、この船の真骨頂はそこじゃない

なんと、船から排出される大気汚染ガスを、重油船と比べて90%も削減。全長200m、幅40m、時速20km/hの大型貨物船であるにもかかわらず、風を主動力とすることで、どこまでもクリーンな航行が実現したというわけだ。

上下左右自在に動く、スチール製の5本の帆で、効果的に風を捉える仕組みだ。

国際海事機関「IMO」が打ち立てた「2030年までに、国際海運における二酸化炭素排出量を40%削減する」という目標の達成に大きく貢献することになるだろう。

2021年からの受注開始、2024年末の納船を目処に着々と開発が進んでいるオーシャンバード。まずは貨物船として、いずれはクルーズ船としての運用も検討されているそう。

まるで仕掛け絵本をめくるように楽しめる公式サイトは、コチラから。大海原が波打っていたり、船を画面上で360°見回せたりと遊び心満点だ。

© Wallenius Marine/Youtube
Reference: Oceanbird
Top image: © Wallenius Marine
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

2018年に初めて隅田川での航行を実現した「ファスナーの船」が再登場。
化石燃料に比べて、温室効果ガスの排出量が少ないと言われているバイオガス。ノルウェーの海運会社「フッティルーテン」もまた、この燃料を使用すると発表しました。
アメリカ・カルフォルニア州のロングビーチにある「クイーン・メリー号」は、“地球上で最もお化けが出る場所トップ10”に選ばれている幽霊船です。実際に幽霊を見...
映画『ウイスキーと2人の花嫁』は、5万ケースものウイスキーを積んだ貨物船SSポリティシャン号が座礁した事件の実話をベースにした物語。ナチス・ドイツによる空...
米大手電子通信事業者「Verizon Media」が提供するサービス「Yahoo!」は、5月4日をもって「Yahoo! Answers」を閉鎖すると発表し...
旅客船・観光船業界の利用促進、発着地の経済活性化を目的として企画された新しい旅の形、「御船印(ごせんいん)めぐりプロジェクト」が始動した。利用者は、日本各...
「Matternet」が発表した“SF映画のような配達”に注目が集まっている。樹木を彷彿とさせる「ドローンステーション」を設置することで、ドローンがステー...
宇宙開発企業「SpaceX」は、有人宇宙船「Crew Dragon」の打ち上げから地球への帰還までのプロセスが3分間で理解できる動画を公開した。
日本でのスペースポート開港を目指す「一般社団法人Space Port Japan」が、今年6月に発表した「スペースポートシティ構想図」にワクワク。
Uberがムンバイの交通渋滞を緩和するための施策を発表しました。それが「Uber Boat」です。
世界でもっとも長い爪を持つ米・テキサス州在住のアイアナ・ウィリアムスさんが、ついにその爪を切る決断をしたらしい。約30年間伸ばし続け、全長7.3mに到達し...
水・陸・空を自由に移動できる「夢の乗り物」がイタリアで誕生しようとしている。「Linux」と名付けられたこの乗り物は、人が乗り込むカプセルを母体に、それぞ...
「食料を自給自足するのではなく、他の地域からの輸入に頼っているニューヨークで暮らす人々に、どうやって野菜やフルーツが育てられているのかを知ってほしい」。ア...
「ADcase」はドイツの学生Philip Frenzelさんが開発した、エアバッグのような機能を持ったiPhoneケース。
デザイナーMagnus Maarbjergさんが、2050年あたりの未来を予想している。少しばかり悲観的なイメージを受けるが、日本に暮らしている人は他人事...
「アメリカ宇宙軍」が隊員募集にあたってリクルートCMを公開。まるでSF映画の予告編かのような映像が話題になっている。
「Fantasy Strollers」は子どもが乗れる馬車や宇宙船を貸し出すサービスを行っている。レッドカーペットやテーマソングも用意してくれて、パークの...
先日、オンラインで開催された「Apple」のカンファレンス「WWDC2020」でApple TV+渾身のSF大作ドラマ『Foundation(原題)』のテ...
2020年に出港を始めるクルーズ船「Mardi Gras」には、ジェットコースターが設置されるとのこと。その名にふさわしくクレイジーですね。
フランス軍が、未来で起こりうる脅威に備えるために、SF作家を雇ったそうなのだ。4〜5人で構成されるチームとして活動するという。

おすすめ記事

埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
自転車に乗るときに、ヘルメットの着用が義務化されていたり、追い越す時に確保しなければならない距離が定められていたりと、日本と比べてサイクリストの意識がちょ...
「iBot」は、大きな2つの車輪が縦並びにトランスフォームする電動車イス。動画を見てみましょう。そのほか、階段を登れるところが大きな車輪と優秀なバランス調...
マサチューセッツ工科大学(MIT)が開発した新しい素材は、日本の折り紙からヒントを得た「aeroMorph」。布や紙、プラスチックなどのベースに菱形模様を...
ポテトチップスメーカーの「レイズ」が開発したのは、ポテトチップスの咀嚼音に反応して、動画に字幕を表示させるというGoogle Chrome向けの拡張機能。...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
学術雑誌『Science Advances』に掲載された、木材を透明にする最新の研究報告。一般的に髪などを漂白する際に使用する水素で、木材が茶色く見える現...