これは見たい!隅田川を開く「ファスナーの船」

2018年に初めて隅田川での航行を実現した「ファスナーの船」が再登場!

アートプロジェクト「隅田川 森羅万象 墨に夢」(通称:すみゆめ)では「隅田川」「北斎」をテーマとした企画を区内各所で展開中。10月31日〜11月8日には、かつてそのユニークな姿で大きな注目を集めた“あの船”が帰ってくる。

「ファスナーの船」は、日常の見慣れた事象に新鮮な切り口を与える作品によって、ものの見方や世界のとらえ方を問いかけ続けているアーティスト・鈴木康広氏によるもの。

飛行機の窓から東京湾を見下ろしたときに、海を進む航跡がファスナーで海(地球)を開いているように見えたことから着想した作品だ。吾妻橋から桜橋の間を往復する船の引き波が、川の水面をファスナーが開いているように見える。

今では都市の境界線としての役割を担っている隅田川を「ファスナーの船」が開いたり、つないだり——。日常でありつつ、日常ではない、そんな隅田川の風景を楽しもう。

© 「隅田川 森羅万象 墨に夢」実行委員会

『ファスナーの船』
【航行期間】10月31日(土)~11月8日(日) 12:00~14:00
【航行場所】隅田川(吾妻橋~桜橋の間を往復)※概ね6往復を予定​

Top image: © 「隅田川 森羅万象 墨に夢」実行委員会
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事