「硬い石のファスナー」を開くと、そこには予想外のものが…。

道端に転がっている石ころがあっても、多くの人は気にも留めず通り過ぎるはず。みんな同じような形と色に見えるから、わざわざ立ち止まって観察するような魅力もないと思ってました。

だけど、洋服に付いているファスナーをスーッと下ろした時のように、なめらかに変形している姿。それには、まるで未知への扉を開いたような驚きがあるんです。

さあ、誰も知らない「石の中」を覗いてみましょう。

解放される
「内側」の世界

触りたくなる
「素朴な質感」

「こんなものが詰まっていたら、そりゃあ重いはずだ!」と、思ってしまうものから、明らかに軽そうなものまで様々。これからは石コロを拾い上げた時に感じる「重さ」に対して、何が詰まっているかイメージを膨らませてしまいそうです。

この作品の生みの親である伊藤博敏さんは、実家が石材店で小さな頃から石を見て育ってきました。そのため、なかなか他の人が気づくことのない、素朴な魅力に気づくことができたのです。彼はこう言います。

「ひとつとして同じものがない、唯一無二の存在」

その個性を極限まで引き出すため、本物の石を加工して作り出した作品は、まだまだあるんです。

気になる加工の仕方ですが、ダイヤモンドチップの付いたドライカッターやサンドブラストなど、石屋さんでよく使われる道具を使っています。ちなみに、ファスナーの付け方は秘密なのだとか。

ちょっと謎があるところもまた、ミステリアスで惹かれてしまうのではないでしょうか?

Licensed material used with permission by 伊藤博敏
他の記事を見る
タイの家具デザイナーApiwat Chitapanyaさんが製作したソファの紹介です。これは日本庭園のなかで佇む石に着想を得ていて、名前は「Zen Sto...
全神経を集中させる、積み石ゲームの開始です。
「AJI PROJECT」は、庵治石をつかって、たくさんのつくり手が生活に寄り添うプロダクトを展開するプロジェクトです。
1985年にスタートした、つげ義春のシリーズ連作漫画『無能の人』。主人公の助川助三は、多摩川の河川敷で拾った石を掘建て小屋に並べ、その石を売る。妻に愛想を...
ある教師が、740人の生徒を巻き込んで作り上げた「石をペイントするアート」が、Facebookで大きな話題を呼んでいます。彼女の名前は、Jessica M...
この石をお湯で温めて、肩コリにぐぅっと押し当てると、じんわりと体の奥まで染み入るような熱伝導を感……
紀元前から使われている、歴史ある素材「紙」。身の回りにも当たり前のようにあふれていますが、基本的に木の繊維からできているため、大量消費は環境破壊につながる...
熱が伝わりにくいため、熱くなりにくく逆に一度熱くなったら冷めにくい「石」。だから冷たいものは冷たいまま保ってくれるんです。
『オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー』の「アラバストル」は、石に香りをつけるというユニークなルームフレグランス。白磁器の容器も上品です。
米コロラド州を拠点に活動する、石積みアーティストのマイケル・グラブさん。河原に転がっている石を積み上げた経験は、あなたにもあるかもしれませんが、ここまでく...
機能的にはごく普通のコーヒーミルで、ローテクではあるのですが、アウトドア好きかつデザインにこだわりたい人にはぴったりかも。単純に見た目がオシャレなので、自...
ファスナーが壊れた服を、直そうと思ってタンスにしまってから1年……。そんな洋服たちを蘇らせる方法を見つけたので、「LittleThings」より紹介します...
フワフワとして清楚な雰囲気のドレス。果たして、何人がこのドレスの正体を見抜けるのでしょうか。一見すると、軽そうな素材でできているようですが、すべて大理石で...
僕の仕事道具はズバリ「石」です。建築物は、計画段階から完成まで時間がかかるものですから、施主さんと出来上がりのイメージを共有するために、打ち合わせ時に建材...
これは、アーティストのNeil Mendozaさんによる、ちょっと変わったビートルズ『Here Comes the Sun』の演奏。
大理石の彫刻と言えば、伝統的な芸術。石で作られているとは思えない滑らかな質感や、感情に訴えてくるような表情などが特徴ですよね。スペインのアーティストGer...
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
「水を知る旅に出よ」。そんな使命を受けて集った、東京で活躍するクリエイター5人。向かうは東京からはるか遠く離れた、九州・熊本だ。熊本・阿蘇に広がる世界有数...
茨城県・つくば市の筑波山にある「ガマランド」は、ただのB級スポットじゃありませんでした。廃墟と化した遊園地ゾーンの下にひっそりとある「ガマ洞窟」。その暗闇...
2018年から嗜好用マリファナも解禁されたカリフォルニア。州政府は年間約1000億円の税収が生まれるだろうと予測していたわけですが、合法化から1年経って蓋...