あのキアヌ・リーブスが「アメコミ作家」としてデビュー!

10月2日までクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて、ロサンゼルスに拠点を置くアメリカンコミックやグラフィックノベルの出版社「BOOM! Studios」が、ひとつの作品を販売するために資金調達中だ。

原題は『BRZRKR』。不死の半神半人の男を主人公としたストーリーだが、特筆すべきは共同執筆者としてキアヌ・リーブスが名を連ねている点だろう。

彼は子どもの頃からコミックが好きで、多くをコレクションしているという。そういった背景があり、「BOOM! Studios」がオファーをしたそうだ。

このプロジェクトは目標額をすでに達成しており、出版は確実といえるだろう。支援金の額によって、報酬として得られるコミックは、ソフトカバーになったりハードカバーになったりするとのこと。

アジアへの発送も対応しているとのことなので、興味がある方はサポートしてみては?

詳しくはコチラから。

 
Top image: © Dave J Hogan/Getty Images for Lionsgate
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
さまざまなデータを収集し独自の統計データベースを持つ会社「Statista」が発表した2019年の「Wikipedia」ランキング。人気のアメコミ作品など...
右の画像、一見イラストのように見えますが、じつはボディペインティングでコスプレした女性の姿。彼女のInstagramにアップされたアメコミらしさ満点の“動...
ひとつで複数の機能をもつ「マルチツール」は、乱雑になりがちなデスク周りをシンプル&クリーンに保ってくれるオフィスワーカーの強い味方。今回は「レザーマン」か...
中国のデザイナーが開発したコロナウイルス対策用スーツ「Be a Batmen」はコウモリに着想を得たデザイン。紫外線網の張り巡らされたスーツの表面は、熱で...
2016年の熊本地震から4年。復興の新たな挑戦としてスタートした、創業200年の「浜田醤油」による日本発の「XO醬」。
あの「Allbirds(オールバーズ)」からアパレルラインがデビュー!
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
フランス軍が、未来で起こりうる脅威に備えるために、SF作家を雇ったそうなのだ。4〜5人で構成されるチームとして活動するという。
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
せわしない現代社会では、不安やストレスを抱えながら生活している人も少なくないだろう。そんな不安やストレスを軽減するためには、かわいい動物の写真や動画を見る...
「講談社」が運営する文芸ニュースサイト「TREE」にて、5月1日より著名作家による無料連載「Day to Day」がスタートした。
会場には完成度の高いコスプレを披露するために、多くのコスプレイヤーが集まります。彼らと写真を撮るために目指してくる人もいるそう。その中でも、ひときわ目を引...
「アダストリア」から、異色の背景を持つ新レーベル「Sable madle(サブレーマドレ)」がデビューした。
伊坂幸太郎原作『マリアビートル』がハリウッドで実写化決定。ブラピなど豪華俳優が続々キャスティングされている。
とにかく完全に食器を洗う「スポンジ」が再現されています。
デザインスタジオ「hej」が「Corona Food Masks(コロナフードマスク)」を考案した。マスクの着用は感染対策に有効である一方で、見た目や装用...
日本を代表する画家「葛飾北斎」。日本だけではなく世界中で愛されている北斎だが、そんな北斎の「幻の挿絵」が「大英博物館」のオンラインで公開されることになった。
2015年に、ドバイにオープンしたコンテナモールがオープンした「BOX PARK」。ショッピングやダイニングが楽しめて、シネマも併設されています。
世界160ヵ国で愛され続ける米国アウトドアブランド「MERRELL」の新アパレルライン「JAPAN CAPSULE」が2020年秋冬シーズンにデビュー。
米ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドは、人気の映画シリーズ「Jurassic World」をテーマにしたランイベントの開催を発表。今年7月にリニューアルオ...
彼女に殺されかけた男が、なんとその彼女に法廷でプロポーズしたという話。しかも、どうしても彼女と結婚したいからという理由で、裁判官に情状酌量を求めたとのこと。
植樹をするのではなく、表面を藻類で覆ってしまおうというコンセプト。中国・杭州市に建設される高層ビルに採用予定です。
「寝たきり」という言葉は、日本の高齢化が進むにつれて、どこかタブーのような扱いになってきました。たとえば「大変そう」「介護がきつそう」といったネガティブな...