「Wikipedia」ページアクセス数ランキングの「2019年」の結果が公開!

さまざまなデータを収集し、独自の統計データベースを持つ会社「Statista」が、2019年の1年間で「Wikipedia」のアクセスが多かった"人気ページTop10"を発表した。

1位に輝いたのは、世界興行収入ランキング1位を記録した映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』のページ。また、7位映画『ジョーカー』8位にマーベル映画作品をまとめたページ「マーベル・シネマティック・ユニバース」がランクイン。アメコミ映画の人気の高さがうかがえる。

多くの人が関心を寄せているだろう、亡くなった有名人を記録したページが2位を記録。

345位にランクインしたのは、いずれも過去の人物や事象だが、それらを題材にした映画『ボヘミアン・ラプソディ』『テッド・バンディ』ドラマ『チェルノブイリ』がヒットしたことによりアクセス数が増えたのだという。

9位には去年『bad guy』をリリースしてビルボードで1位を記録した18歳のシンガーソングライター「ビリー・アイリッシュ」が。10位には同年にさまざまな映画に出演して話題を呼んだ人気俳優「キアヌ・リーヴス」がランクイン。

映画やドラマに関連したトピックが目立つ2019年のランキング。また、別のサイトでは気になる日本版のランキングも確認可能だ。1位に選ばれたのは、去年から大ヒットした"あの漫画"

Top image: © pixinoo/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「WikiWars」“スタートワード”が与えられて、Wikipediaのテキストリンクを何度も押して、“ゴールワード”にたどり着くまでのタイムを競います。
「2019年に公開され“なんらかの爪あとを残した”ドキュメンタリー作品」を5つ、アップリンク(渋谷・吉祥寺)の石井雅之さんにピックアップしていただきました。
『スパイダーマン』『アイアンマン』『キャプテンアメリカ』…。いくつになっても気になってしまう、マーベル映画。そんな、いつ何時でもワクワク心をくすぐってくれ...
「Tinder」が2019年のトレンドレポートを公開。計測方法はユーザーのプロフィールに書かれている言葉を抽出したというシンプルなもの。とはいえ、その結果...
猫の世界は偏見にまみれている!猫を飼い、かつては猫の本を命がけで編集してきた筆者が、2月22日の猫の日に際して伝えたい「猫とその飼い主に関する真実」。甘え...
12月11日、世界最大級のアダルトサイト「Pornhub」が2019年のトレンドレポートを公開した。
「2019年に公開され“なんらかの爪あとを残した”ドキュメンタリー作品」を5つ、アップリンク(渋谷・吉祥寺)の石井雅之さんにピックアップしていただきました。
「2019年に公開され“なんらかの爪あとを残した”ドキュメンタリー作品」を5つ、アップリンク(渋谷・吉祥寺)の石井雅之さんにピックアップしていただきました。
2019年度アカデミー賞®長編ドキュメンタリー部門受賞作品『フリーソロ』が、9月6日に公開される。
中国最大の検索エンジン「百度」の日本法人が、2019年の訪日中国人の百度検索ランキングを発表。グルメ関連の1位は「うどん」という結果。
レディー・ガガのInstagramに公開されたのは、ブリーチをかけた真っ白な眉に“すっぴん”で寿司屋を訪れたという1枚だ。
2019年の一年間に発売した新商品から「Francfranc」のスタッフが実際に買って「いい!」と思ったものを1〜10位までまとめて紹介。
家族や友人と久々の再会!そんなときに役立つ「大丸東京店」が発表した「最新手土産ランキングTOP10」(※集計期間:2018年12月~2019年11月)。
映画『エキストラ・バージン〜世界一のオリーブオイル〜』。世界最大のオリーブ畑を舞台に、次世代を担う若き生産者たちを追ったドキュメンタリー映画。
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
ここで紹介するのはアイルランドのキュートな農夫カレンダー。社会貢献が目的で製作されました。ちなみに、2019年は10作目の発表なんだとか。(知らなかった!)
ドイツに誕生した「廃棄商品専門スーパー」が今、注目を集めている。このスーパーで売られている食品はすべて“廃棄が迫っている食品”や“賞味期限の切れた食品”。...
スノーボーダーにオススメ!「LEDスノーボードキット」はLEDストラップをボードに装着するだけで、ナイターでも注目を集めるボードに大変身する。
Twitter上にアップされて多くの話題を呼んだのが、今では名作として語られる映画作品が80年代から90年代にガーナで上映された際に作成されたポスターの数々。
「2019年に公開され“なんらかの爪あとを残した”ドキュメンタリー作品」を5つ、アップリンク(渋谷・吉祥寺)の石井雅之さんにピックアップしていただきました。
映画『アイリッシュマン』を日本国内のスクリーンで観ることは諦めるしかない。日本では11月5日に「TOHOシネマズ 六本木ヒルズ」で3回上映されるのみ。チケ...
2019年も『コリンズ英語辞典』からワード・オブ・ザ・イヤーが発表された。今年選ばれたワードは、人々の環境問題への意識の高まりを表した“あの言葉”......。
「2019年に公開され“なんらかの爪あとを残した”ドキュメンタリー作品」を5つ、アップリンク(渋谷・吉祥寺)の石井雅之さんにピックアップしていただきました。
「2019年にサブスク解禁した有名アーティスト」を整理してみました。