「マーベル」初のアジア系ヒーローが映画となって今夏登場

「マーベル」初のアジア人ヒーローである「シャン・チー」を主役に迎えた単独映画『シャンチー・アンド・レジェンド・オブ・テンリングス(原題)』が今夏に公開。

キャストのほとんどがアジア人で構成されているという本作は、2018年に話題となった『ブラック・パンサー』のようにマーベル作品の多様性にフォーカスした内容に仕上がっているとのことだ。

© marvelstudios/Instagram

1973年に登場した「シャン・チー」は、当時、米国でも流行した映画『燃えよドラゴン』などのカンフー映画の影響を受けて作られたキャラクター。

「マスター・オブ・カンフー」という名前でも知られ、本作品では新鋭の俳優として話題のシム・リウ氏が役を演じるようだ。

また、監督を務めるデスティン・ダニエル・クレットン氏や脚本家のデイヴ・カラハム氏もアジア系にルーツを持った人物であるなど、『ブラック・パンサー』のときと同様、アジア文化に深く根ざした作品になっている。

公開は、7月9日(金)予定。まだビジュアルなどの詳細については明かされていないが、今から公開が楽しみな作品である。

Top image: © 2021 NEW STANDARD
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の世界感を直接体感できるイベント「マーベル・スタジオ/ヒーローたちの世界へ」が、2021年も日本各地で開催される。
サブスクリプションサービス「マーベルアンリミテッド」が、一部作品を5月4日まで無料公開する。『アベンジャーズ』『スパイダーマン』『キャプテン・アメリカ』も...
『スパイダーマン』『アイアンマン』『キャプテンアメリカ』…。いくつになっても気になってしまう、マーベル映画。そんな、いつ何時でもワクワク心をくすぐってくれ...
9月29日、「Disney」傘下の「マーベル・エンターテインメント」が、映画シリーズ『マーベル・シネマティック・ユニバース』に関するドキュメンタリーの公開...
「リーボック」が今月8日(月)の「国際女性デー」にあわせ、女性の多様な個性を称える「It’s A Man’s World」2021コレクションを順次発売。
2014年、これまでとは全く異なるヒーローが誕生していたことに、気づいていただろうか。それは、人工知能が搭載されているキャラクター、ベイマックスのことだ。
さまざまなデータを収集し独自の統計データベースを持つ会社「Statista」が発表した2019年の「Wikipedia」ランキング。人気のアメコミ作品など...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「PLAYGROUND」が既存のユーズドスニーカーにカスタムを加え、ここにしかないカスタムスニーカーを販売する「UPCYCLING」ラインをスタート。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...